×
MENU
事件

岡崎公立学校給食から大腸菌!排泄物混入女性職員の名前顔画像、学校どこ?

2021年10月、愛知県岡崎市にある学校の給食から、大腸菌が検出されるといった事件がおきていたことが明らかになり、給食に排泄物を混入させたとして、学校に勤めていた20代の女性職員が書類送検されたことが判明しました。

多くの児童らに被害が出る可能性があった事件、容疑者の正体と動機とは何だったのか?

岡崎市の公立学校給食から大腸菌検出

この事件が明らかになったのは、2021年10月に愛知県岡崎市立の学校で、校長が職員室用に分けられた給食のおかずを検食しようとした際に、異臭や変色に気づいたことから。

その後、保健所がおかずの中身を調べたところ、給食から大腸菌が検出されたことから教育委員会が何者かが異物を混入した可能性もあるとみて警察に相談していました。

その後の捜査で、同じ学校に勤める20代の女性職員が、給食のおかずに対して人の排泄物を混入させた疑いが強まったとして、2022年6月13日に偽計業務妨害などの疑いで書類送検されました。

スポンサーリンク


悪質、給食に人の排泄物混入の女性職員は誰?

逮捕された20代の女性職員は、警察の調べに対して容疑を否認しており、現時点で名前や顔画像など犯人を特定する情報は公開がされていませんが、教師ではなく職員となっていることから事務員やその他の人物だったと考えらえます。

なお、当時おかずを急遽差し替えたため、学校の教職員や子供たちが給食を食べることはなく、健康被害はありませんでした。

事件発生から8ヶ月ほど経過しての逮捕となっていることから、逮捕に足る裏付けが完了していると考えられますが、どのような動機があったのか?

 

異物混入、岡崎市の公立学校とはどこ?

今回の事件がおきた学校について、どこの学校であるのか?こちらも明らかにはなっていませんが、岡崎市には4つの給食センターがあり、67の小中学校においしい給食を届けています。

「岡崎市東部給食センター」「岡崎市西部給食センター」「岡崎市南部給食センター」「岡崎市北部給食センター」

また、異物が混入されたのは学校に給食が届けられた後であるとされており、学校については真偽のほどはまだ確認中なものの、「小学校」だったといった現場関係者の声が出ているようです。

※岡崎市の該当小学校は47校

スポンサーリンク




岡崎市排泄物混入事件に証言

どこの小学校だったか知っています。以前、給食センターで働いていた時に、この騒動に遭遇しました。自分は洗浄の仕事でしたが、給食を処分したので、常備していたレトルトカレーを代わりに給食で出したと聞きました。給食も沢山の人が一生懸命作って提供しています。すべて廃棄されました。給食センターも疑われました。この犯人許せないです。
私も学校知ってます。そして私も給食センター勤務で、調理のほうです。この事件聞いた時、すごいショックでした。結構な労力かけて、異物混入ないか神経張り詰めて作るのに。学校で働くということは、教員とか事務員に関わらず、子供たちの手本となるべき人なのに…本当許せないですね。

 

岡崎市でおきた異常事件にネットの反応