×
事件

名古屋市緑区でタクシーが強盗傷害被害、現場コンビニエンスストアどこか判明!逮捕の男の名前や顔画像は

また、酒による悪質な事件が発生しました。

3月13日(日)の深夜、愛知県名古屋市緑区にあるコンビニで、タクシーの運転手が乗客の男によって暴行を受ける事件が発生、犯人はそのまま料金を踏み倒して逃走しました。

当時容疑者の男は酒に酔っており、警察がその身柄を確保しています。

名古屋市緑区、コンビニ駐車場でタクシー運転手が強盗被害

この事件がおきたのは、2022年3月13日(日)の午後10時過ぎのこと。

愛知県名古屋市緑区のコンビニエンスストアの駐車場でで事件は起きており、目撃者から警察への通報から事態が発覚。

「タクシー運転手が殴られている」

通報により警察が現場にかけつけると、容疑者の男はすでに現場から逃走をしていまいたが、駐車場から200mほ離れた場所にいた30代くらいの男を取り押さえ、強盗傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

コンビニでおきた凶悪事件、、何が原因だったのか?

スポンサーリンク


タクシー強盗傷害事件の経緯は?

この事件は当時コンビニの駐車場に停車したタクシー内でおきており、乗客として乗っていた酒に酔った30代くらいの男が、突如タクシー運転手の男性を殴って怪我をさせたとされています。

犯行後、さらに乗車料金650円を支払わずに逃走しましたが、駆けつけた警察によって逮捕されています。

殴られるなどの暴行を受けたタクシー運転手の男性(63)は、右の額を切り、右あごを打撲する怪我をしていますが、命に別状はありません。

犯行動機などに関しては、現時点でまだ犯人の男がひどく酒に酔って泥酔状態のため、酔いがさめてから詳しく取り調べるとしています。

 

名古屋市緑区、事件のあったコンビニ駐車場とはどこ?

悪質な強盗致傷事件がおきたのは下記の場所にあるコンビニの駐車場であったようです。

セブン-イレブン 名古屋大高町砂畑店:愛知県名古屋市緑区大高町

スポンサーリンク




30代、強盗犯の正体は誰?名前や顔画像、自宅や職場は。

逮捕された犯人について、現時点では顔画像や名前等も詳しい情報は公開がされていません。

名前:不明
年齢:30代
性別:男
職業:不明
住所:不明
罪状:強盗傷害(5年以上の有期懲役)

強盗傷害と非常に重い罪となりますが、酒を飲んで記憶がないといった言い訳が通らないよう、しっかりと厳しい処罰を望む声は多いです。

酒は薬物に含まれるもので、酒によって記憶がなくなったり、暴力的になるといったことは自身でも十分に把握していることであり、そうした状況に自らなっている時点で刃物を人に向けて振り回しているのと変わらない状態であり、厳罰が求められます。

また、こうした事件は再犯の可能性も高く非常に悪質であるため、少なくとも10年以上の罰則を望む声は多いです。

 

酒による事件多発にネットの声は?

飲酒運転で事故して刑が重くなるなら飲酒して犯罪も同様に厳しく罰しないとな。後、お酒の責任で被害あった時の為にアルコール製造業者にも税金上乗せしといて。

つい最近も名古屋で酔っ払いが殴ったあとタクシーを奪い壁に激突して停車し逮捕されたが不起訴になった・・・報道ではなぜ不起訴になったか?は報じられなかった。。

飲酒運転が刑罰が重いのなら、飲酒をして犯罪を犯したのなら、厳罰かするべきだ。覚えてないとか言う言い訳で、犯罪を見逃してはいけない。酒乱になるのがわかっているのなら、本人が飲酒を止めるべきだ。

タバコ凄く値が上がった喫煙家の私から言うとタバコの不始末でたまに家事などあるが飲酒の犯罪は多過ぎる殺人にまで至るケースも酒をもっと高くし飲酒事の罪ももっと重くした方が!ニュースを見ていると薬物より飲酒の方が犯罪が多い気がする。

酒の制限や罰則の重罰化が行われない背景には、それをされると困る人物が手をまわしている。それによって利権が侵されるのを嫌っており、金が優先であるため。国会議員など居眠りするだけの人物に年間3000万円以上が払われているのはざらだし、そうした不要な人物を排除する法律などもなんだかんだ理由をつけて行わないのが現在の日本。

無制限に酒を飲める現行制度を見直すべきだ。酒は大麻やドラッグと何ら変わらない。中毒性、依存性があり、飲むと身体的にも精神的にも異常をきたす。飲酒運転や殺傷事件の誘発剤になっており、酒で身を滅ぼす人も多くいる。これが野放しになっている理由が分からない。公共の場や路上で自由に飲むことができる国なんて、日本くらいじゃないのか?せめて決まった場所で、一日の決まった量だけを許可制にしたら良いと思う。

飲酒時の犯行については、刑罰を更に重くする方が良いと思う。真っ当に生きている者が迷惑を被る事に違いはないが、飲酒時の犯罪の厳罰化は必須。酒で犯罪が増えるのも事実。酒を飲まなければ良い人なのにねぇとかいらない情報。飲酒運転の事故ばかりがクローズアップされるけど、死者が出ない怪我程度なら良いとかいう問題じゃない。強制(矯正)断酒で徹底的にやっても、根絶する事が不可能な程、依存率の高い合法麻薬。合法は仕方ないが、せめて罰則くらいは重くして、断酒期間をキッチリ与える事こそが当人の為でもある。取り返しのつかない事件・事故となる前に、気付かせてあげる意味でも、執行猶予なしの更に重い厳罰化を。