×
MENU
事件

藤光孝志の顔画像経歴、名古屋元桜田郵便局のガソリン強盗!バイクで逃走後に自首。防犯カメラ映像、緑区コンビニも判明!

2月22日(火)の午前、愛知県名古屋市南区にある郵便局に、刃物を持った男が押し入りました。

男はガソリンをまいて、刃物で局員を脅して現金を奪って現場から逃走しています。

非常に危険な人物で、逃走先でさらなる犯行に及ぶ可能性がり、注意が必要です。

名古屋市の元桜田郵便局にガソリン強盗!犯人逃走中

この事件がおきたのは、2022年2月22日(火)の午前10時半ごろのこと。

愛知県名古屋市南区元桜田町にある、「元桜田郵便局」に、突然男が押し入ってきて、ガソリンのような液体をまき、刃物で職員を脅して現金9万1000円余りを強奪し、現場からバイクに乗って逃走しています。

局員などからの通報により、警察や消防車など13台が出動する事態となり、液体からはガソリンのような臭いがしおり、郵便局の職員にもかかるなどしましたが、怪我人などはなく、出火もしていません。

スポンサーリンク


藤光孝志、郵便局強盗の顔画像や経歴は?

この事件がおきた強盗事件の約15分前、元桜田郵便局から約1.4kmほど離れた名古屋市市緑区にあるコンビニでも強盗未遂事件が発生していました。

コンビニに訪れた男が、突然女性店員に刃物を突き付けて「金を出せ」と脅迫しましたが、何も奪わずに逃走していますが、その際にピンク色の液体が入っていたペットボトルを持っていたのが確認されています。

また、その際に背格好や服装なども以下のような条件で一致していることから、同一人物の可能性があるとしています。

※追加情報
23日の夜、愛知県豊橋市内の公衆電話から「出頭したい」などと通報があり、強盗犯の逮捕に至りました。

強盗などの疑いで逮捕されたのは、名古屋市緑区に住む藤光孝志 容疑者(51)で、現場からオートバイで逃走していましたが、55kmほど離れた豊橋駅前の公衆電話から「ガソリンを撒いたものです」と自ら110番通報しています。

名前:藤光 孝志
年齢:51歳
性別:男
職業:不明
住所:愛知県名古屋市緑区
身長:約170㎝
体型:小太り
服装:黒のジャンパー、紺色のズボン
逃走:オートバイ、銀色のヘルメット
凶器:刃物、ガソリンのような液体(ピンク色)
罪状:強盗(5年以上の懲役)

出頭し自首した理由としては「逃げられないと思った」としており、容疑をみとめています。

また、この事件の直前に、約1.4km離れたコンビニで強盗未遂事件が起きていて、藤光容疑者が「コンビニで失敗した」といった供述をしており、警察は藤光容疑者が関与した可能性が高いとみて調べています。

 

強盗事件の元桜田郵便局とコンビニはどこ?

事件がおきた郵便局は下記の場所にあり、すぐ周辺には学校などもあることから、小学校などでは集団下校などが行われています。

まだ犯人は現場から逃走をしている状況であり、戸締りなど十分な注意が必要です。

元桜田郵便局:愛知県名古屋市南区元桜田町5−33

 
また、郵便局の15分前にもコンビニで強盗未遂事件がおきていましたが、情報などから下記のコンビニであったようです。

ローソン緑区鳴海町店:愛知県名古屋市緑区鳴海町小松山79−3

スポンサーリンク




凶悪犯逃走に、各学校などの対応は

事件現場となった近くにある、名古屋市立桜台高校では、学年末テストの期間中でしたが、事件後すぐの午前11時前にそのまま下校させる予定でしたが、校内で一時待機させて、11時半すぎに集団下校を開始しています。

生徒がなるべくまとまって下校できるよう、公共交通機関で通学する生徒は名鉄桜駅のみ利用とし、駅まで複数人の教員が見守る対応をしたしています。

また、さくらのもり保育園では、事件当時に園児たちが近くの公園で遊んでいましたが、保護者からの連絡で事件を知ったことからすぐに保育園のバスで園へ戻り、保育園は施錠し、保護者が迎えに来るまでは全員園内に待機。

他の小学校や中学校は、下校のときは通学路に教職員を配置したり、地域の人と協力してパトロールを行うなど厳戒態勢が敷かれています。

 
この事件では可燃性の液体を局員などにもかけており、これが「ガソリン」の可能性があるとしていることから、かなり強い殺意が見えます。

このことから事件は、強盗殺人未遂事件として扱われるべき凶悪事件であり、逃走した犯人のいち早い確保が望まれます。

また、コンビニと郵便局という場所から、防犯カメラにしっかりと犯人の顔なども映っているようなので、秘匿して後手後手での公開ではなく素早く公開をして指名手配などが必要ですが、警察が行わない理由は。。

 

強盗殺人未遂、凶悪犯逃走にネットの声は

逃走中なら、防犯カメラの映像をすぐに公開して早く捕まえるべき。アメリカや英国でよく警察がSNSなどを利用してやっているが、どうして日本はやらないんだろう?

強盗に殺人未遂もつけないと。ガソリンは気化が早い。ガスが充満して十分な酸素があり、あとは静電気で火花でも出れば引火するほど危険。意図が無くても、最悪燃えていたかもしれない。さっさと捕まえて、厳罰を!

受刑者に対して1年で300万の経費が掛かっているらしい(固定費含めて)。刑期を終えた時に、更生した上で社会に戻ってくるなら、納税者として許容できるが、そうではない人たちに対して、300万円の経費に納得は難しいと考えさせられる事件が目立つ。

窃盗と強盗では刑事的にも罪の重さは大きく違いますからね。さらに、強盗で誰かが少しでもケガをしようものなら、さらに大きく罪が重くなりますよね。この事件もガソリンのようなものをまいて郵便局強盗ですから、明らかに計画的で悪質、場合によっては殺人未遂ですよね。ここまでリスクを負って9万円ですから、真面目に働いた方が人生もっと楽だと思います。

かつてなら年末に起きそうな強盗事件ですが、不景気の深刻さ故、割に合う、合わないに関係なく、お金を狙った犯罪は増えると感じます。個人的には、ガソリンを蒔くと言う知恵がすっかり根付いてしまった事に危惧を感じました。購買の規制には限界があると思うので、消化できるモノをデスク廻りなどに常備したり、小ぶりの消火器?のようなモノを携帯する人も出て来るかなと思いました。

撒いたガソリンに着火しなかっただけでも幸いでした、放火になれば命を失う犠牲者が出たかもです、10万円前後の被害額ですみましたし、いずれ局内や近隣防犯カメラで犯人特定で身柄確保は確実でしょうし、放火未遂強盗犯は、相当厳しい刑事罰に処されると思います、ただヤケになり第二、第三と金融機関を同様手口で事件を起こすことも危惧されるので、警察官の方々の犯人確保をも急いで頂きたい気もします。

強盗しても割が合わない金額だけど、防犯カメラの映像を全国的に放送して犯人逮捕して欲しいです。刑務所に入りたかったのでしょうか?万が一引火したらと、火災事件の時被害者出た時は刑罰を重くして欲しいですけど、そんなつもりなかったとは弁解通さず。何かしら液体持参じたい、何かしらやるつもりですからね。コンビニ強盗もそうですが、今は防犯カメラ必需品、郵便局もうまく強盗出来るお金が入る、捕まらないと思ってやる気持ちが分かりません。近いうちに捕まるなら馬鹿なことしたと自首した方が良いですけどね。捕まった時の映像見て見るからにと又思う人がやったのでしょうか?