×
MENU
事件

阿天坊翔也の顔画像経歴、多古町多古の通り魔逮捕も殺意否認の言い訳がヤバイ!50代女性が顔や胸を包丁で何度も刺される

2月12日(土)の午後、千葉県の農道で散歩をしていた50代女性が、突然男に刃物で切り付けられ刺される事件が発生しました。

静かな町中で突如おきた、刃物男による殺人未遂事件に衝撃の声が上がっています。

逃走した犯人はその後に逮捕されましたが、犯行動機とは?

千葉、多古町多古の農道で女性が刃物男に襲われる

この事件がおきていたのは、2022年2月12日(土)午後4時20分ごろとされています。

千葉県多古町多古で、農道を散歩していた50代女性が刃物を持った男に突如襲われ、顔や胸を包丁で複数回刺されました。

女性は病院に搬送されており、命に別状はないとされていますが、後遺症等詳細は不明となっています。

犯人の男は現場から車で逃走をしており、通り魔事件として捜査が開始、その後に逮捕されています。

スポンサーリンク


阿天坊翔也、通り魔男の正体や動機は何?

この事件で、被害にあった女性が車のナンバーを覚えており警察に通報し、警察が緊急捜査を開始し、その後に成田市内で該当する車に乗っていた男を警察が職務質問したところ、「自分がやった」と自供したことから緊急逮捕となっています。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、千葉県多古町に住む農業の男、阿天坊翔也 容疑者(29)で、2人に面識はなかったことが明らかになっています。

また、犯行動機などについてはまだ明らかになっていませんが、容疑を次のように否認しています。

「殺すつもりはなかった」

これは犯人のいつもの言い訳ですが、刃物で人を刺した段階ですでに明確な殺意があるのは明らかですが、仮にそれで殺意がなかったとしたら、そうした意思なく息を吸うように人を殺害できると自供しているようなもの。

 

多古町多古、通り魔出没の事件現場はどこ?

事件がおきた現場について詳しい場所は明らかにされていません。

千葉県香取郡多古町多古

スポンサーリンク




阿天坊翔也 容疑者の顔画像や経歴、余罪や前科は?

阿天坊容疑者について、顔画像などは公開がされておらず、SNSでも本人を特定できる情報は確認されていません。

なお、「阿天坊」という苗字は比較的珍しい苗字で、全国で150人ほどしかいないとされているようです。

名前:阿天坊 翔也
年齢:29歳
性別:男
職業:農業
職場:不明
住所:千葉県多古町高津原
罪状:殺人未遂(死刑または無期懲役、もしくは懲役5年以上)

自宅から事件現場となった場所までは車で10分ほどの距離で、犯行内容から無差別殺人を狙っていた可能性が。

 

被害にあった女性の身元や安否は?

名前:不明
年齢:50代
性別:女性
職業:不明
住所:千葉県旭市
負傷:顔や胸などに複数の刃物による刺し傷、切り傷
※命に別状はなし

現場となった場所は、女性の住まいから車で30分ほどの距離で離れた場所ですが、仕事や何かしらの用事で訪れていた帰りだったのでしょうか。

 

静かな街中で起きた衝撃の事件にネットの声は

致命傷になり得る箇所を意図的に傷つけておいて、「殺すつもりはなかった→殺人罪で立件できない」という構図、やめませんか?未必の故意の殺意を連発し、殺人罪での立件を躊躇しないでほしい。司法には被害者の身になってもらいたいし、犯罪抑止の観点からも是非そうしてほしい。

日本司法の勘違いの一つに殺意の認定がある、刃物を持ち歩いて人を刺した事が重要なのであって殺意の有無は関係ない、有るとすれば料理人が狭い調理場で振り返ったら後ろの人に刺さってしまったとか、極めて限定的だ。何度も言われているが判例主義ならAIの方が正しく公平な判決を期待できる。

包丁で刺して死ぬ可能性があると考えられないなんて、普通の人間にはあり得ない。厳しい罰を与えてほしいと思うが、「メンタルを病んでいた」という理由で処罰しないなら、二度と外に出れない施設に入れてほしい。外に出したら同じことを繰り返す可能性がある。

これ裁判官や弁護士などが殺意の証明ができないとかで殺人罪などを否定される事例?これ、もしそうならもう裁判官とか弁護士はいらないのでは?すべてAIにまかせればいいし、こうした事件を起こした人物は、その裁判官や弁護士の近くに住まわせておくべき。

女性の顔を刺して、他にも複数刺して、しかも通り魔、殺意無くこんな真似ができる人って居るのだろうか?これが銃社会なら死んでた可能性が高いね。散歩していていきなりでは、護身用に銃や刃物もっていても護れませんね。犯罪者が容易に銃が所持できる銃社会ではない事は貴重な事だと思う。通り魔って用心のしようがないですね。犯罪に不向きな護身用のなにかあれば良いけど、護身用の武器などが犯罪者も持ち歩けるようになる方が危ないかもしれない。

見ず知らずの他人を包丁で刺すって!いったいどこからそんな行動起こす動機に成るのだろうか?罰を受けるだけでなく、行動心理学研究の対象者に指定席し追跡調査するくらいし、命の重みを理解出来るまで教育訓練訓練を受けさせなければ、何時かはもっと重大事件を起こすかも知れない。Gpsも装着の必要性も議論すべき世情になってきたのでは無いだろうか?でも、散歩してただけで命を奪われかけるなんて、物騒な世の中になったもんだ。被害者の方の命が助かって、本当に良かった。

たとえ命が助かってもこの被害に遭われた方は生涯、刺された顔の傷、身体の傷と共に生きていかなくてはいけない。それを思うととても苦しい。なにも悪いことしてないのに、なんでこんな事になってしまったのだろうと鏡を見るたび他人の視線を感じるたび、傷がつれて痛みが走るたび、死にたかったと思ってしまうかもしれない。とても苦しい。被害に遭いながらも必死にナンバーを記憶したこの勇敢な方が少しでも日常を取り戻し気持ちが穏やかに過ごせますように。