×
MENU
事件

浅川友博の顔画像・経歴。松田町松田惣領で母親と6歳児親子に暴行!現場どこか特定!「邪魔だ、どけ」精神的トラブルの通院歴?

2月6日(日)の午後、神奈川県松田町の歩道を歩いていた母親と6歳男児が、男に恫喝され暴行を受ける事件が発生しました。

幼い子供と母親に対しての突然の凶行、どのような理由があったのか?

全国各地でおかしな人物が出没しており、恐怖と心配の声が上がっています。

松田町松田惣領の歩道で、親子が暴行受ける

2022年2月6日(日)の午後3時半ごろ、「女性と子どもが殴られ、蹴られた」と目撃者から通報がありました。

神奈川県松田町松田惣領の歩道で、母親(31)とその息子(6)が面識のない男に突然恫喝され、顔や肩を殴る蹴るなどの暴行を受けました。

容疑者は現場から逃走しましたが、事件から1時間半後に出頭して逮捕されています。

傷害の疑いで逮捕されたのは、自称無職の男、浅川友博 容疑者(31)で

スポンサーリンク


自ら出頭、事件の動機は何?精神病アピール?

逮捕された浅川容疑者は、暴行を加えた親子とは面識がなく、当時歩道で前を歩いていた親子に対して「邪魔だ、どけ」と言って追い越した後、振り返って「邪魔だと言っているだろ」と女性の頭や肩を殴り、さらに男の子の顔を蹴るなどの暴行を加えています。

男の子は、口の中を切るなどの怪我をしていますが、母親とともに軽傷とされています。

浅川容疑者は自ら出頭していることから、容疑を認めているようですが、「精神的トラブルから通院歴がある」といった処罰を軽くしようとする工作をしています。

犯罪に精神トラブルで通院などは関係なく、むしろ知らない人に暴行を加えるレベルであるのならば、隔離しておく必要がある人物。

 

松田町事件の現場はどこ?立花学園前バス停前

事件がおきたのは下記の場所にあるバス停付近であったようで、ちょうど地図で人がいるあたりが現場です。

この道の道幅は約2~2.8mほどあるとされており、さらに親子は脇によけて道を開けたとされていますが、その状態でさらに恫喝し暴行を加えるといった異常な犯行、多くの余罪があると考えられます。

立花学園前バス停:神奈川県足柄上郡松田町松田惣領

スポンサーリンク




浅川友博 容疑者の顔画像や経歴、余罪や前科は?

逮捕された浅川容疑者に関して、顔画像などは公開がされておらず、SNSで同姓同名で同じ地域に住んでいると思われる人物の情報はでていますが、たまたま同姓同名なのかなどはg年時点では不明で特定はできていません。

また、「精神的」なもので通院歴があるといった主張をしたためか、詳しい情報が秘匿されており、浅川容疑者が住んでいる場所付近の人は恐怖です。

名前:浅川 友博
年齢:31歳
性別:男
職業:不明
住所:不明
罪状:傷害(15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

こうした事件で、「精神的」理由によって無罪になったり不起訴となったりする場合があり、またそうしたことを悪用する弁護士が非常に多いですが、そもそも事件時に精神的に異常があったとする主張、通常の精神で事件を起こす人物はまずいません。

こうしたことをわかっていてそのような主張をしているのは非常に悪質的な行為であり、多くの人がそうした行為に不満の声を上げています。

また、犯行内容からして余罪などが多くありそうですが、現時点では明らかとなっていません。

 

頭のおかしな人物増加で、ネットの声は

只でさえコロナ禍で貧しい気持ちがあるのに、心も病み、貧しい雰囲気になる記事だな。母親も気にしなければ良いけど、トラウマになったり、子供も人を恐がらないと良いけど、、、拘留や注意じゃなく、犯人には厳しい罰金で罰して欲しいな。

どこにでも一定数の頭おかしいのはいるけれど、これは異常。街中ですれ違いざまに何かぶつぶつ言ってくるのは、発展すると今回のような事件を起こす可能性がありそう。意外とそうした人物は結構いるから、気をつけないといけない。

大事なのは、行政・司法・立法が、「こういう人が普通に街を歩けてるし、同じような目に遭う人がまた出るかもしれない」という認識のもと、再発防止に努めること。ただただ、今回の犯人を吊し上げて終わりにしてはいけない。

精神疾患と責任能力について否定的なコメントが多いけど、これ自体は決して問題じゃない。問題なのは、被害者がやられ損で泣き寝入りするしかないという実情。精神疾患なので責任能力ありません、だったら国なり自治体なりが慰謝料その他の援助を行えばいいと思う。

精神的トラブルから通院歴があるからといって人に暴力を振るっていい訳がない。出頭するくらいなら最初から暴力を振るうな。罪が軽くなるように言い訳して逃げているだけ。被害にあったお母さんと子供さんはすごく怖かったし痛かったと思います。お母さんと子供さんに心の傷が残りませんように。

こういう人って社会的な善悪を客観的には理解はしているけれど、主観的な善悪が社会的な善悪と一致していない状況なのかも。大麻合法の国の人が日本来たとして、違法なのは知ってるし、捕まったら嫌だから吸わないってだけで、悪い事だから吸わないって感覚ではないだろう。主観的には悪い事だとは思ってないから、バレなきゃOK、捕まらなきゃOKって考える人も出やすくなる。それと同じかなと思う。

まず、このような事件から精神科への通院をためらう人が出てくるのではないかと懸念した。自分から調子が悪いので診てもらおうと思うことは正しい判断。ただ、日常生活において他者に対して危害を加える可能性があるのに野放しになっていることはどうにかならないかなと思う。入院の必要性の判断は医師が行うのだろうけど、なかなか境界がクリアでないのだろうなとも思う。本当は入院が必要だろう人も、受診していなければ病気が分からないし、コロナ禍で導火線の短くなっている人もいるだろうし、どうしたらいいのだろう。道を歩けば車も人も怖い。病院もスーパーも駅も電車も人混みも怖い。

これはトラウマ。怖かっただろうな…。自分(女)はさすがに蹴る殴るはないけど、駅構内でオッサンからすれ違いざまに怒鳴られたことがあります。しかも耳元で。鼓膜破けるかと思った。広い通路だったのでオッサンの進路を塞いでたわけでもなんでもなく、歩きスマホとかしてたわけでもなく、本当に普通に歩いてただけ。脈絡がなさすぎて、周りの人もびっくりしてた。その時はいきなり悪意をぶつけられた驚きと恐怖でしばらくショック状態でした。大人でも怒鳴られただけでそうなるのに、6歳の子が顔を蹴られるなんてどれだけダメージを受けるか…察するに余りある。どうか、被害に遭われたお二人の心身が健やかでいられますように。