×
事件

加藤孝一の顔画像判明!復讐代行依頼の女の名前は誰?那覇市で車2台に剥離剤!同級生の子供同士のトラブルから発展?学校どこ?

202年1月に、いやがらせをするために知人の車をに対し、業者に依頼して破損させたとして、沖縄県那覇市に住む女(33)と元復讐代行業の男(56)が器物損壊の疑いで逮捕、送検されたことが明らかになりました。

「復讐代行業」といった悪質な犯行を助長させる人物の正体、犯行に手を染めたきっかけとは?

沖縄県那覇市で車2台に剥離剤、悪質行為

この事件は2021年1月の下旬に行われており、沖縄県那覇市内にある民家の駐車場で、車2台が剥離剤をかけられ塗装をはがされれておよそ112万円相当の被害をうけていたもの。

事件の容疑者として器物損壊の疑いで逮捕されたのは、那覇市に住む女(33)と、千葉県成田市に住む男、加藤孝一 容疑者(56)

千葉に住む男がわざわざ沖縄にまできて、悪質な犯行を犯したその原因とは何だったのか?

スポンサーリンク


復讐代行、成田から那覇へ何度も繰り返し打合せ、動機は何?

この事件で逮捕された加藤容疑者は、「復讐代行業」といったことを行っていたようで、今回の犯行を行った動機に関して、那覇市に住む女に依頼をされて行ったとされています。

那覇市の容疑者の女(33)は車の持ち主である30代夫婦とはもともと、同じ学校に子供を通わせる親同士だったようですが、3年前(2019年)から子ども同士のトラブルをきっかけに親同士のトラブルに発展していたようです。

当時から被害にあった男性の職場や妻に苦情を言うなどしていてトラブルをおこしていたようですが、さらに関係悪化から容疑者の女はネット上で「復讐代行業」を名乗る加藤容疑者に復讐を依頼していました。

さらに、この女は、2021年4月に車の持ち主である妻に、執拗につきまとった疑いで県の迷惑行為防止条例違反でも逮捕されています。

 

加藤孝一 容疑者の顔画像や経歴、余罪や前科は?

名前:加藤 孝一
年齢:56歳
性別:男
職業:復讐代行?
住所:千葉県成田市

逮捕された加藤容疑者に関して、判明しているのは上記の情報ですが、その仕事とする内容からして他にも仕事をしていたのであれば多くの余罪があると考えられ、同様に依頼を行った人物らが芋づる式に逮捕される可能性もあります。

今回の「復讐代行」といったものは文字通り、依頼者から対価を受けとり、代わりに恨みを募らせている相手に対し復讐するといった内容のものであったようで、実際にインターネットで検索すると複数のサイトが出てくるのが確認できます。

ただ、「絶対安全」や「プライバシーを守る」などとうたっているものの、沖縄県警は依頼者が逆に脅迫されるなど犯罪に巻き込まれるリスクもあるとして、利用しないように呼びかけています。

スポンサーリンク




復讐代行に依頼、那覇市に住む女の名前や顔画像経歴は

今回の件で逮捕された女に関しては名前や身元など詳しい情報がでておらず秘匿されています。

この背景には、まだ幼い子供がいるためである可能性が考えられますが、悪質な事件を起こしてもそうした人物が公表されずにいることに、違和感を覚えている人も多いようです。

名前:不明
年齢:33歳
性別:女
職業:無職
住所:沖縄県那覇市

 

復讐代行といった都市伝説級の仕事にネットの反応

こうなると肩身の狭くなるのがお子さんなんですよ。一番気の毒なのがお子さんなんですよ。

復讐代行…何年も凄い負のエネルギーを費やしたことでしょうね…ちゃんと働けない大人たくさんいます偉そうならこと言うなら、働け。

復讐代行なんて、マンガの世界の中の話しかと思っていたけど、ホントに間に受けて依頼する人がいれば、それを仕事として受ける人がいる事に驚きました。

復讐代行業がマンガの中ではなく実在することにまず驚いた。 しかも千葉と沖縄。 そんなお金があるなら、豪快に外食するとか、家電を買い換えるとかすれば気分も上がるのになと思ってしまった。

子供の喧嘩に親が入って、あげく復讐代行に依頼って…現実にそんなことがあるんですね。信じられない。子供同士自分たちで解決できるように親がサポートすればいいだけなのに…これで子供たちが仲直りするチャンスは完全に無くなりましたね。

ウチも同じ事をやられました。相手は板金塗装業の嫁でその手の人しか購入できない液体だったのですぐに犯人がわかりました。証拠映像が無かったので警察は動いてくれなかったけど今でもその時の事は忘れていません。数年たちましたが、その嫁は違う所に行っても問題を起こして何度も出禁になっていると噂がまわってきました。アホはなおらないとつくづくおもいましたね。

内容如何によっては、味方できるが、いじめとか刑が軽いために、自力で報復する流れになってしまうのも仕方ないね。ただ親同士の見栄の張り合いとか、粘着質の逆恨みだけの場合もあるし、そもそもこういうの引き受けてくれる人自体が、ヤバそうな人だから依頼者もそれなりに強そうでないとだから、結局強い人がこういうの使ってるだけにもなりかねないで治安が乱れる。漫画みたいに、綺麗にスッキリ出来ればいいけどね。

元特捜部主任検事の意見
わが国で「復讐代行」を名乗る業者が初めて摘発されたのは2013年のことでした。顧客の女性から数十万円の報酬を受け、女性の元勤務先にその元同僚を誹謗中傷するメールを送った男であり、依頼者の女性ともども名誉毀損罪で逮捕されています。

このように「復讐代行」に依頼し、その業者が実際に何らかの復讐に及べば、名誉毀損罪や脅迫罪、強要罪、器物損壊罪など、実行した内容に応じた犯罪が成立し、被害者にとって心当たりのある人物は誰かといった線から捜査を進めることで、業者ともども検挙に至ります。

しかも、「復讐代行」の大半が報酬や調査費用などの名目で依頼者から金を受け取るだけで実際には何もせず、後ろめたさのある依頼者がそのまま泣き寝入りすることを狙っている詐欺師です。「人を呪わば穴二つ」とも言いますので、こうした業者を利用するのは絶対にやめておくべきでしょう。