×
事件

立てこもり猟銃男逮捕で顔画像判明!名前は?人質の44歳医師が心肺停止。クリニックから弔問中にトラブル、医療ミスの声真相は

1月27日(木)の午後9時ごろから、埼玉県ふじみ野市の住宅で猟銃を持った男が、人質をとって立てこもっていた事件。

28日(金)の午前8時頃に、警察官が現場の民家に突入し、男の身柄を確保し殺人未遂容疑で緊急逮捕しました。

しかし、人質の男性医師は心肺停止状態となっています。。

ふじみ野市猟銃立てこもり事件、犯人を確保!

この事件は2022年1月27日(木)の午後9時15分頃にあった通報で、埼玉県県ふじみ野市大井武蔵野にある民家で、50~70代の男が「銃」を発砲し、人質をとって立てこもっていた事件。

当時、この民家へ家族の主治医をしていたクリニックの医療関係者が、家族がなくなったため弔問に訪れた際にトラブルが発生し、住民の男が猟銃を発砲。

訪れていた男性3人が負傷する事態となっており、そのうち男性医師(44)が銃で撃たれたまま人質となっていました。

現場付近は緊急規制を張り、近くの住民は学校施設などへ避難するなどの状況となり、緊迫した雰囲気に。

警察による固定電話を通しての説得が続いていましたが、日付が変わって1月28日(金)の午前8時頃に警察が家の中へ突入し、犯人を確保しました。

スポンサーリンク


人質の医師が心肺停止状態、、銃による傷が原因か

猟銃立てこもり事件で人質となっていた男性医師(44)は保護されたものの、心肺停止の状態となっています。

男性医師は、事件発生当時に銃による傷を受けていたとされており、発生から12時間近くの経過に耐えられなかった可能性があります。。

また、事件発生当時に一緒に民家を訪れた理学療法士の男性(41)も腹などを撃たれて負傷し、病院に搬送されていますが容体は不明。

もう一人の男性(32)32歳も、催涙スプレーをかけられて顔面に負傷しましたが、そのまま警察署に助けを求めており軽傷でした。

 

容疑者の猟銃男確保で、顔画像が判明。名前は誰?

立てこもりを続けていた男が逮捕され、その際の映像から顔画像が判明していますが、かなりくたびれた様子の高齢と思われる人物が映っています。

名前:不明
年齢:不明(50-70代?)
性別:男
職業:不明
住所:埼玉県ふじみ野市大井武蔵野
罪状:殺人未遂
動機:不明

名前や動機などまだ詳しい情報は判明していませんが、このような犯行を行う危険な人物が猟銃を持っていた理由は、、

※原因として医療ミスなどの声もネットでは出ているようですが、現状犯行動機についてはまだ明らかになっていません。

※追加情報
男は一緒に暮らしていた高齢の母親が亡くなり、医療に不満を抱えて医師らを呼びつけていたとされています。

スポンサーリンク




緊迫の現場、、目撃情報や映像・画像がネットでも

 

ふじみ野市猟銃立てこもり事件の現場はどこ?

この写真の奥に見えるのは「ふじみ野市立西原小学校」で、その近くの民家が現場ではないかとされています。

スポンサーリンク




閑静な住宅街でおきた発砲殺人事件にネットの声、、

 

さすがに撃たれた状態で10時間は厳しいでしょう。警察の人質の生存確認が甘かったのか。

結果論なのを承知で言うが、リスクおかしてでも警察が突入すべきだったな。決断が遅過ぎた。先に1人撃ってる時点で犯人が人を殺す気なのは分かっていた事だった。

人質の方、心肺停止では「保護」とは言えないでしょう。どのような理由があったのかは現時点では分からないけど、人質がいる事件、時間をかけると犠牲は増えるばかり。可能であれば。狙撃チームによる速やかな犯人排除をすべきなのでは?40年以上前の三菱銀行人質事件から対応が進歩してないように感じる。

数十年在宅医療にかかわっている内科医ですが、絶対に弔問にはいかないようにしています。医療ミスがあったと疑われた場合であってもです。それは別の場で話をしないといけない。弔問ではなく、49日が明けて、家族の気落ちを気遣って往診途中でちょっと立ち寄って立ち話することは、たまにあります。スタッフや関係コメディカルにも、弔問には絶対にいかないように(ミスがなかったとしてもトラブルになる可能性があるから)と、強く指導しています。どんなに思い入れがあっても。この先生はお気の毒ですが、気持ちが優しすぎたのでしょうかね。

ふじみ野市大井武蔵野、銃発砲立てこもり!現場どこか特定で緊迫の現場映像・画像。男性負傷は医療関係者?病院搬送も1人が人質緊急速報が入りました。 1月27日(木)の夜、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、男が銃を発砲するといった事件がおきたことが判明。...