×
MENU
事件

石内匠がヤバイ!無免許飲酒運転発覚も身代わり画策。逮捕後に黙秘、アルコール薬物中毒常習犯?太宰府市大佐野、現場どこか特定

1月22日(土)の深夜、福岡県太宰府市の路上で、酒を飲んで車を運転したとして逮捕された男(21)が、無免許運転の上に身代わりを画策していたことが明らかになり、注目を集めています。

非常に悪質な犯行を繰り返していたと考えられる容疑者、その正体は?

太宰府市大佐野、無免許で飲酒運転常習の男逮捕

この事件が明らかになったのは、2022年1月22日(土)午後10時半ごろのこと。

福岡県太宰府市大佐野の県道で、酒を飲んで車を運転したとして筑紫野市上古賀に住む男、石内匠 容疑者(21)が逮捕されました。

石内容疑者の吐いた息からは、基準値の5倍を超えるアルコールが検出されており、さらに無免許であったことが判明しています。

スポンサーリンク


石内匠、余罪複数?同乗者や店舗も罰則は?

石内容疑者が運転していた車の停車を求めた警察官が、当時車内を確認すると、運転席と助手席には同乗していた20代の男女2人が座っていたとされています。

その際に、石内容疑者はその間に座っていたとされており、飲酒運転の事実を隠すために移動をしたと考えられており、警察は同乗者2人からも事情を聴いています。

容疑者は2年前に飲酒運転で免許取り消しになっており、反省の色なくこれまでも車を運転し続けていたと思われ、非常に悪質な犯行のためかなり重い罰則を科すべきであるといった声が多く出ています。

 

太宰府市大佐野、飲酒運転の現場はどこ?

石内容疑者らが確保された場所は、下記の路上であったようですが、片道2車線で夜間でも車通りも多そうな場所。

福岡県太宰府市大佐野1丁目 県道505号

スポンサーリンク




石内匠 容疑者の顔画像や経歴、前科や余罪は

石内容疑者に関して現時点では顔画像は判明しておらず、SNSで同姓同名で同じ地域と思われる人物は確認ができていますが、本人の確証は得られていません。

名前:石内 匠(いしうち たくみ)
年齢:21歳
性別:男
職業:不明
住所:福岡県筑紫野市上古賀
罪状:飲酒運転、無免許運転など
気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒酔い運転:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

逮捕容疑としては主に飲酒運転によるもののようですが、無免許や身代わりなどその他の罪状も追加されそうです。

また、以前にも同様の飲酒運転をしていますが、反省は全くしていなかったことから実刑となる可能性は高いと考えられますが、近年罰則を甘くする傾向にあり油断できない状況。

 

悪質飲酒運転と偽装にネットの反応は?

こういう人間は一定数はいる、免許取消っていう罰則の効果が低い。道交法を改定して酒気帯び運転、飲酒運転は即実刑にしないと。

飲酒運転をすれば酒気帯び等に関わらず即刻懲役刑に道交法を改正すべきじゃないでしょうか 最低1年以上の禁固刑は必須だと思いますよ。

無免許、飲酒、身代わりとは救いようがない。免許取り消しには相応な理由があるだろうし、他人を巻き込む大きな事故になる前で良かった。刑が軽いと再犯の可能性は高い。

免許取り消しでも運転するんじゃ、飲酒運転の罰として免許取り消しでも効果ないかもね。やはり、経済的な打撃が一番効果あると思う。罰金は2000万円、携帯電話の契約は不可、クレジットカードの契約も不可。あとは腕に絶対に外れない腕輪を付けてお酒を買えない飲食でお酒を飲めない、これくらいはやって欲しい。

法律の甘さがこういった事件を引き起こす!道交法だけでなく、飲酒運転は刑法での罰則を加えた方がよいのでは!また報道もその後その人間がどのような賠償や社会的制裁(失職等)を受けたかをすることにより、抑止効果が出ると思うのだが!個人情報を理由に中途半端な報道しかできないメディアにも問題がある。

飲酒運転は、普通の犯罪と区別する必要があります。だれも酒を飲んではいけないといってません。酒を飲んで運転するなといってるだけです。つい・うっかり とは一線を画しています。自分を律するという部分を全く持ち合わせていない輩たちには、再犯なんて気にしていません。特に免許失効者は失うものがないだけに始末が悪い。三振アウトではなく空振りアウトにすべきです。一発アウトです。道交法は改正すべきです。