事件

豊田市懲戒免職の職員誰か名前特定!近藤篤史がヤバイ!公用車窃盗・飲酒運転・当て逃げ。豊田市感染症予防課32歳主査の正体

愛知県豊田市の職員が、2021年10月に市役所にあった公用車を盗んだ上で飲酒運転し、さらに知人の車にぶつけて破損させるなどしたうえで逃走したとして、懲戒免職処分されたことが明らかになりました。

この人物は当時、同乗の容疑で逮捕されていた人物で、公務員にあるまじき悪質な犯行に呆れと怒りの声が出ています。

豊田市の職員が公用車窃盗などの犯罪行為で逮捕!

この事件は2021年10月3日(日)の午後に起きていたとされています。

ことの始まりは、愛知県豊田市役所で感染症予防課の主査だった男(32)が、酒を飲んだ状態で自家用車を運転して自損事故を起こしました。

その後に、電話で口論となった豊橋市に住む知人女性の家に向かおうと、豊田市役所南庁舎に侵入して公用車のキーを持ち出し公用車を窃盗。

盗んだ車に乗って飲酒運転で知人女性宅へ向かうと、女性の車に公用車をぶつけて破損させ、近くの公園に公用車を放置して逃走。

その後に犯行が明らかとなり警察に逮捕されていました。

スポンサーリンク


懲戒免職処分の職員の正体、近藤篤史の犯行動機がヤバイ

下記の情報は2021年10月5日の産経新聞から

愛知県警豊橋署は2021年10月4日、公用車を盗んだなどとして窃盗などの疑いで、同県豊田市職員の近藤篤史容疑者(32)=同県瀬戸市=を逮捕した。

逮捕容疑は1~4日、豊田市役所に侵入して車のキー2個を盗み、市内の駐車場から公用の乗用車「パッソ」(時価30万円相当)を運転して盗んだ疑い。

飲酒運転や窃盗、器物損壊などの疑いで逮捕されていたのは近藤容疑者であったようです。

当時、午後2時ごろから翌4日の午前0時過ぎまで4軒の店で酒を飲んだ後に犯行を行ったとされており、悪質さは際立っていることから、日頃から同様に何かしらの問題行動を行っていた人物の可能性は高いです。

 
この事件から3か月経過した2022年1月14日付けで豊田市が、近藤容疑者を懲戒免職処分としたことを明らかにしています。

また、容疑者と市は次のようにそれぞれコメントしています。

近藤容疑者

「知人宅に向かうためのタクシーが捕まらず、公用車を使おうと思った。軽率な行動で迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」

豊田市役所

「公務員としてあるまじき行為。お詫び申し上げます。今後は職員への規律についての指導をより徹底していく」

スポンサーリンク




近藤篤史 容疑者の顔画像や経歴、前科や余罪は?

今回懲戒処分を受けた近藤容疑者に関して判明しているのは下記の情報で、顔画像など詳細な情報は公開がされておらず、SNSでも本人を特定できる情報は確認できていません。

名前:近藤 篤史
年齢:32歳
性別:男
職業:元豊田市役所職員(豊田市市民部、感染症予防課 主査)
職場:豊田市役所
住所:愛知県瀬戸市

▼罪状:窃盗
10年以下の懲役 又は 50万円以下の罰金
・飲酒運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 or 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・器物損壊:3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料

逮捕当時は窃盗でひとまずの逮捕となったようで、後に各種の犯行でも再逮捕されたと考えられますが、詳細は明らかになっていません。

ただ、1月時点でのコメントが出ているということは、甘い罰則で終わっている可能性も。。

 

犯罪のオンパレード、公務員の犯行に呆れの声

こんな思考の持ち主でも市の職員に採用されるのか?飲んだ勢いとかで済まされる話ではないぞ。

待て待て、少し整理させてくれ。自家用車で飲酒運転+事故+飲酒状態で公用車を窃盗+事故+公用車放置で間違いない?とすると、これは懲戒免職はもちろんだけど、名前公表だろ!

飲酒運転の時点でアウトなのに、車を盗んで意図的にぶつけるとは。傷害などの被害者がいないので危険運転に問えないかもしれませんが、免許を持っていい人間ではないと思います。

熊本では1日に2回飲酒運転で捕まった教師が懲戒免職は重すぎると異議申し立てをして教師を続けてるって強者が居る。公務員は給料は一流企業並、処分は零細企業並だから。議員にしろ公務員にしろ悪い事をしたら退職金無しのクビって法整備を作らないといけないと思う。

前半の自家用車を飲酒運転で自損事故自体とんでもないことだけど、それが置いてきぼりになるくらい後半もヤバい。いろいろ詰め込まれすぎで最初意味が解らなかった。これ軽率な行動してごめんなさいで済ませていい話じゃないんだけど。事の重大さがわかってないでしょ。

先ほど別のニュースで飲酒運転で事故起こし懲戒免職になった元公務員が「退職金なしは重過ぎる」と市を相手取った裁判の話を読みました。結果は「退職金なしは処分が重すぎる」という判決が出たそうです。この人も懲戒免職ですが退職金もらえるんですかね。飲酒運転なんて軽いわ!って思ってる人が多いのでしょうが裁判官ですらそう思ってるようでモヤっとしました。

上司の方々は後始末で大変だろうな。自分も営業所長時代に忘年会の後、愚かな部下の一人が社用車を飲酒運転して信号待ちの車に追突して逃げた。自宅でまったりしていたら営業車の管理責任者の自分に警察から電話が有った。後始末が大変だった。おまけに自分の上司から管理責任を問われて嫌な思いをした事を思い出した。無責任な事をすると上司や会社の皆さんに迷惑をかける事を肝に銘じて欲しい。

小諸市懲戒免職者への退職金支給を平田豊裁判長が支持判決!元職員、酒気帯び運転係長の名前誰か特定。長野地裁・東京高裁2018年に長野県小諸市の職員だった男が、酒気帯び運転で事故を起こして懲戒免職処分となった事件。 その後に退職金を全額不支給をめぐ...
×