×
MENU
事件

永山康晴の顔画像、経歴がヤバイ!女性下着735点窃盗、6年間で197ヶ所驚愕犯行!盗みの7つ道具自作。横浜市戸塚区戸塚町

1月7日、神奈川県の横浜市内などで女性下着700点以上を盗んだとして、神奈川県警が横浜市戸塚区に住む男(52)を追送検したことを明らかにしました。

この人物は、約6年にわたって窃盗を繰り返しており、多くの余罪など次々に明らかになっていました。

下着の窃盗を続けていた男の正体は?

永山康晴、6年間に渡り下着泥棒を続けた男

この事件は2021年10月に、神奈川県横浜市栄区の住宅に住む女性(31)が、ベランダに干していた下着3点が盗まれたところをパトロール中の警察官が犯人を現行犯逮捕していた事件。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、神奈川県横浜市戸塚区戸塚町に住む建設業の男、永山康晴 被告(52)で、別の窃盗罪でも起訴をされていましたが、2022年1月7日にを追送検されたました。

 
この追送検については、逮捕後に自宅を家宅捜索したところ、収納ボックスなどの中から大量の女性下着がみつかったため、余罪の捜査が進められており、その結果驚きの犯行が明らかになりました。

永山容疑者は、2015年6月4日ごろから2021年10月20日ごろまでの間に、214回にもわたって横浜市の戸塚区や栄区にあるアパートの軒下など197カ所から女性220人の下着約735点を盗んだとされています。

スポンサーリンク


永山容疑者の犯行動機がヤバイ!驚愕の理由

逮捕された永山容疑者は犯行動機について次のように述べています。

「欲求を満たすためにやった」

窃盗は若い女性からかなりの高齢女性までと、幅広く犯行を行っていたことが明らかになっており、非常に多くの方が被害に合っています。

また、手が届かない場所にある下着を盗むため、マジックハンドを自作するなど、窃盗のためにかける情念はかなりのものがあり、こうした間違った方向に全力となる人物にはあきれの声が上がっています。

 

永山康晴 容疑者の顔画像や経歴、前科は?

逮捕された永山容疑者に関して顔画像などはは公開がされておらず、SNSでも本人を特定できる情報は確認できていません。

名前:永山 康晴
年齢:52歳
性別:男
職業:建設業
住所:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町

▼罪状:窃盗
10年以下の懲役または50万円以下の罰金

前科については現時点では不明ですが、余罪についてはまだまだ出てきそうな勢いです。

スポンサーリンク




変態性の高い事件にネットの声も驚愕

214回にわたって197カ所からって、あまりにも詳細すぎる。犯人が日付けと場所をその都度メモしていたという事だね。

邪魔になるだけじゃないのかな?昔 神奈川に住んでいる時にベランダの不審者見つけ、警察電話したら直ぐに来てくれて現行犯逮捕だった。ちょっと見てたらM新聞の配達員でした。

ほんと、この人の、熱意と工夫には、ビックリだね!その、熱意と工夫を、もっと建設的なことに使ったら、社会的貢献が、出来たんじゃないだろうか?なんか、勿体ないような、気がします!

1回、下着泥棒が捕まった…と県警の方がいらっしゃいました。3600枚の中から自分の物ありますか?と言われて驚愕しましたが、その他にもスカート3枚盗られてるんだけど…今回の人かなぁ。引っ越しちゃったから、もう分からないけど…。何はともあれ捕まって良かった。

以前、こういう犯罪行為をされたことがあり警察官に来てもらったことがあります。住んでいたのが1階だったため、何度か盗まれて、次は大胆にも角ハンガーごと持っていかれたことも、、夕方ベランダにいたのを目撃もしました。犯人は近くに住んでいた人みたいでしたね。それ以来、下着は家干しをしています。

いくら見えないだろうというところや、とどかないだろうというところでも、下着を外に干すのはやめたほうがいいと思う。下着を盗るだけであっても気持ち悪いし怖いし、さらに出くわしたら何されるかわからない。防犯はやりすぎなくらいしておいた方がいいと思う。犯人が悪いのはもちろんだけど。