事件

看板に赤ペンキ!さいたま地検の現場映像画像が衝撃!窓ガラスも破損どこの誰?犯行は3日夜~4日朝?防犯カメラ映像犯人特定は

全国で仕事初めとなる方も多かった1月4日の早朝、埼玉県さいたま市浦和区にある、さいたま地方検察庁の看板に赤いペンキのような塗料がかけられているのが発見されました。

その衝撃的な光景、事件の犯人は誰なのか?多くの人が関心を寄せています。

さいたま市浦和区、さいたま地検の看板に赤ペンキのイタズラ

この事件が明らかになったのは2022年1月4日(火)の7時過ぎ、埼玉県さいたま市浦和区にある「さいたま地検」でそれは発見されまいた。

「地検の表札にペンキがかけられている」

午前7時15分ごろ、さいたま地検のプレートに赤いペンキのような液体がかけられていると、地検の職員から警察に通報があったことから事態は公に。

通報で警察が駆け付けたところ、ペンキのようなものがかけられていたのは、正門と建物の入り口に設置された2カ所の看板で、さらに窓ガラスも割られていることが明らかになりました。

これらの犯行か警察は、建造物損壊の疑いで犯人の行方を追っています。

スポンサーリンク


赤ペンキの犯人は誰?犯行時刻や動機は

この事件が明らかになったのは1月4日の早朝ですが、3日にも職員が出勤していたということから、終業後から4日の朝にかけて何者かが塗料をかけたとみられています。

防犯カメラなども設置がされていたようで、映像の分析するなど建造物損壊の疑いで警察などが捜査を続けています。

現場の状況などから犯人についてはかなり特定できる条件はそろっているようなので、逮捕までは時間の問題と考えられます。

 

現場での目撃情報、写真などがTwitterでも拡散

スポンサーリンク




さいたま地検、看板赤ペンキ事件の現場はどこ?

赤ペンキ事件がおきたのは下記の場所にある検察庁の建物で起きていました。

通常であれば人目につく場所ではあるものの、年末年始などで人がいない時間帯を狙った犯行か。

さいたま地方検察庁
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目

 

さいたま地検のペンキ事件にネットでも驚きの声

法務検察に限らず国の機関は警備部門や清掃などの現業部門をほとんど民間委託に移行しているからテロ防止という見地からは脆弱な体制になっていると思う。

こういうの、やってやりたいと思うまでは誰でも少しは理解してあげられるかもしれないけど、実行に移せるってかなりヤバいよね。

こういったペンキかけの修復はかなりの金額になるとどこかで読みました。支払い能力はともかくきちんと請求して欲しいです。

アメリカのどこかの州は落書きとかした人には一定期間他の人の落書きの清掃を義務化されるんだよね。それで自分のやったことの大変さを実感させる。日本でも導入した方がいい。

カメラもあるし、検察なんてメンツの塊だから意地でも捕まえようとするだろうね。しかし玄関ガラスを割られたって事は、簡単に敷地にまで入り込めるってことか。それは無防備なんじゃない?

わざわざ新年早々に…。こんな事をして何になるというのか。司法に言いたい事があるのなら、別のやり方もあるだろうに。ガラスまで割るなんて。塗料を落とすのも、そのを修復するのも費用がかかる。その費用は税金で。あー勿体ない。

司法に言いたい事があるのなら、別のやり方もあるだろうに。ガラスまで割るなんて。塗料を落とすのも、その跡を修復するのも費用がかかる。その費用は税金で。あー勿体ない。

×