×
事件

筆谷征一、JR松江駅の通り魔犯人モザイクなし顔画像や名前が判明!確保の瞬間映像、事件動機は何?刃物男に刺された女性安否は

1月1日(土)の午後、JR松江駅構内で高齢の女性が男に刃物で切り付けられる、通り魔事件が発生。

現場から男は逃走するも、事件当時に近くにいた通行人らが追跡、確保し後ほど駆け付けた警察官に引き渡されました。

新年早々におきた凶悪事件、、何がおきていたのか?

JR松江駅で通り魔事件!刃物持った男が高齢女性を、、

この事件は、2022年1月1日(土)の午後0時40分ごろ、JR松江駅の構内で高齢の女性が、突如刃物を持った男に切りつけられる通り魔事件が発生し、通報があったことから判明。

「人が切りつけられている」

男は犯行後に駅の南口から逃走しましたが、周囲にいた男性などが追跡したところ、途中であきらめたのか「自首します」と言い路上に座り込みました。

刃物を持った犯人の男は、その後に駆けつけた警察によって取り押さえられ、松江市市雑賀町に住む無職の男、筆谷征一 容疑者(38)が長さ30cmの包丁2本を、正当な理由なく所持してい銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されています。

スポンサーリンク


犯行動機は何?刺された高齢女性の安否は

逮捕された男は松江駅の南口から逃走をしましたが、事件当時に近くにいた男性らが追いかけたところ駅前の路上で座り込んで自首を宣言しています。

切りつけられたのは80代の女性で、首のあたりを切られていてかなりの出血があり、搬送時には意識はあったということですが安否について、命に別条がないといったことが後ほどわかりました。

犯行動機については容疑者の供述がまだ明かされておらず、なぜこのような犯行に至ったのか?増える刃物による凶悪事件に、不安の声が出ています。

※容疑者と被害者の間に面識なし。

 

通り魔刃物男の逮捕の瞬間映像・画像が拡散

通り魔の男を確保した瞬間の画像や現場の情報などが出ていました。

スポンサーリンク




松江駅に通り魔!犯行と逮捕の現場はどこ?

刃物男による通り魔の現場と確保された場所は下記の場所であったようで、駅から出てすぐの場所で逮捕されています。

松江駅:島根県松江市朝日町

 

筆谷征一容疑者の顔画像や経歴は?

逮捕された男について現時点では名前など詳細な情報は明らかになっていません。

名前:筆谷征一
年齢:38歳
性別:男
職業:無職
住所:島根県松江市雑賀町
凶器:長さ30cmの包丁2本

▼罪状:銃刀法違反
2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

逮捕容疑は銃刀法違反となっていますが、殺人未遂などの容疑でも別途逮捕される可能性は高いと考えられますが、近年殺人事件であっても数年ほどと緩い罰則ばかりとなっており、そうした対応に不安の声も出ています。

スポンサーリンク




通り魔事件に恐怖と不安、怒りの声

本当に自分より弱い者を狙う判断はしっかりできるくせにこういう事を平気でできるのが勝手だよなと思う。

恐ろしい世の中になってしまった。ストレス社会だけどもっと皆が優しければな。自分が自分がだもんね。

こうゆうのも刑が軽いから問題。社会に対し不安や悪影響を与えるものは何人ケガしたとか、何人死んだとかじゃなく、厳格に処罰してほしい。やられたほうはこの先、何十年も元に戻れず苦しんだりするんだよ。

先日快速の電車内でうろつき、一人ごとを言っている男が突然暴れだした。ドアや窓、連結部扉を何度も蹴っていた。駅に着いた瞬間脱兎のごとく皆車内から逃げ出した。危ないやつはどこでもいると思った。

本当に残念なことですが、もう日本は安全・安心な国ではない。ということでしょう。もはや外国のように「自分の身は自分で守るしかない」時代になっているんですね。明日は我が身。と思って日々気をつけなければならないなんて、慣れるまでストレスフルになりそう。

法律、条例等の見直しが必要になってきていると思います。犯罪者には厳しい対応を、予防するための広報と研修が必要かもしれません。もっと法律を学び守る社会が必要です。ストレスが原因でも犯罪内容に沿った刑罰が求められます。政治家は党利党略や派閥に囚われることなく、社会のニーズに応じた対応をお願いしたいです。