事件

君和田健二の顔画像や経歴、イオン鹿嶋店で警備員をナイフで切り付けの動機がヤバイ!万引き常習犯?折りたたみナイフ常備か

12月28日(火)の夕方、茨城県鹿嶋市にあるショッピングセンター「イオン鹿嶋店」で、警備員男性が折りたたみナイフで切りつけられる事件が発生しました。

警察は容疑者の男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しています。

昨今、毎日のように刃物による凶悪事件がおきていますが、、犯人の動機とは何だったのか?

鹿嶋市宮中のイオン鹿嶋店で警備員男性がナイフで襲われる

この事件がおきたのは2021年12月28日(火)の午後4時45分ごろのこと。

茨城県鹿嶋市にあるショッピングセンターイオン鹿嶋店の出入り口付近で、警備員の男性(64)が男に刃物で首などを切られる事件が発生。

犯人の男はその場で警備員の男性や同僚に取り押さえられ、目撃者の110番通報で駆け付けた鹿嶋署員に引き渡され、鹿嶋市に住む無職の男、君和田健二 容疑者(48)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

首を斬られた警備員男性について怪我の程度は不明とされていますが、病院への搬送時に意識はあり、他に怪我人はありません。

※全治不詳とされていますが、命に別状はないとされています。

スポンサーリンク


また容疑を否認!凶悪犯の犯行動機と言い訳がヤバイ、、

この事件がおきた非、午後4時半すぎにイオン鹿嶋店の警備員から次のような通報が鹿嶋署にあったとされています。

「過去に万引した男と酷似した人物が来店している」

その後に入り口付近で警備員と君和田容疑者がトラブルとなったようですが、万引きの犯行後であったのかは不明となっていますが、署員が到着する前に君和田容疑者が店を出たため、警備員が声を掛けたところ、刃物で切り付けてきました。

逮捕後の調べに「殺すつもりはなかった」と容疑を否認していますが、折り畳みナイフを携帯しており、顔や首などを狙って切り付けている時点で殺意があったことは明らか。

凶悪犯のこうした主張で罪を大きく減刑する裁判官、実際に犯行が行われていたとしても何かしらの理由をつけ、事件をなかったことにする弁護士などもおり、その行動に批判の声が高まっています。

 

鹿嶋市宮中、刃物男事件の現場はどこ?イオン鹿嶋店

事件がおきたのは、イオンの北側出入り口付近とされていますが、こうした事件を多発するようであればスーパーなどでも金属探知機などでの調査が必要になってくる可能性も。

イオン鹿嶋店
茨城県鹿嶋市宮中290-1

スポンサーリンク




君和田健二 容疑者の顔画像や経歴は?

逮捕された君和田容疑者に関して顔画像は公開がされておらず、SNSでも同姓同名の人物は確認ができますが、本人であるかどうかは特定できていません。

名前:君和田 健二
年齢:48歳
性別:男
職業:無職
住所:茨城県鹿嶋市

▼罪状:殺人未遂
死刑又は無期若しくは5年以上の懲役

容疑としては殺人未遂となっているものの、なんだかんだで甘い処分ですぐに出てきて新たな犯行となる場合が多く、そうした対応に怒りの声が上がっており、責任を取らない裁判官や弁護士などの近くに住まわせるべきだという声も多いです。

 

刃物を持った凶悪犯の事件にネットの反応は

まず何でナイフ持ってんだっていう。ちょっとでも何かあれば切りつける気満々だったんだろうね。

スーパーにナイフ持って行くこと自体だめだしナイフで切りつけて殺すつもりなかったっていう言い訳は通らない。

殺意の有無などどうでも良いのでは。凶器を所持し、それを傷害致傷の為に振るったのなら、殺人未遂だと感じるのですが。

殺意は無いのかも知れないが、ナイフを持ち込み実際に切り付けた時点で計画性は有りって認識されるよ。被害者に謝罪して、塀の中で罪を償うべき。

仮に刃物を自宅から持って来ているなら計画性が有るよね。スーパーで刃物を買って、その後に他の客とトラブルになり買った刃物を振り回すなんてそうそう無い。

お客を守るために取り押さえようとしたのだろう。この警備員の方のおかげで守られた人たちがいるはず。容体は不明とのことで負傷の程度が分からないが、軽傷であることを祈る。

まずそもそもナイフを持ち歩いて入店したこと、保安員の顔に切りつけたこと(当然その前提として保安員に呼び止められるような行為をしたこと)、今後しっかり取り調べで明らかにしていかなければならない。万引きした後の暴行なら、強盗殺人未遂となってさらに刑は重くなる。

仕事に対する真剣さ、プライド、責任感、それと周りの人にケガをして欲しくない気持ち、どれが警備員さんを動かしたのか、それとも全部か。とにかく死ぬかも知れない可能性は承知の上で果敢に犯人と対峙した。早い回復と警備会社に身分の保証を願う。

×