事件

古門義彦、台東区メダカ窃盗男誰か判明!モザイクなし映像流出で現場どこ?自転車で窃盗常習か、荒川区の教会クリスマスツリーも

12月5日(日)の夕方、東京都台東区にある住宅街で人気の高級メダカが盗難される事件が起きていました。

被害者宅の防犯カメラが、犯行の瞬間を捉えておりその映像が拡散されて話題となっています。

メダカなどの窃盗は全国でも多発しており、犯人はどのような人物だったのか?

台東区の住宅街で、水槽ごとメダカ窃盗の男が防犯カメラに

この事件がおきたのは2021年12月5日(日)午後4時ごろのこと。

東京都台東区にある住宅街で、水槽とともに、人気の高級メダカが盗難される事件が発生しました。

自転車に乗った白い上着の男が、民家前におかれたメダカなどが入った水槽からバケツで水を捨て、中身が減って軽くなった水槽を持ち上げ自転車に乗せて逃走。

犯行はわずか3分ほどで行われており、水槽にいたのは「楊貴妃紅帝(ようきひこうてい)」「シロメダカ」と呼ばれる、愛好家に人気のメダカが約50匹入っていました。

スポンサーリンク


メダカ窃盗の一部始終が防犯カメラにモザイクなし映像

事件の映像が、Twitter上で確認できています。

 

犯行動機は何?近隣でも同様の被害、常習犯か?

メダカ窃盗がおきたのは12月5日でしたが、東京都荒川区内にある教会で、クリスマスツリーの電飾を盗んだ疑いで、自称アルバイトの55歳の男が逮捕されたことが明らかになっています。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、古門義彦 容疑者(55)で、12月9日の夜、荒川区内にある教会でクリスマス用の電飾3本など4,500円相当を盗んだ疑いが持たれています。

現場周辺では11月から住宅のメダカが盗まれる事件が相次いでいて、巡回中の警察官が防犯カメラの映像に似た古門容疑者に職務質問をしたところ、「メダカを盗んだ」と認めたことから逮捕となっています。

※逮捕された人物と、Twitterで拡散されていた顔画像が一致

スポンサーリンク




古門義彦 容疑者の顔画像と経歴、余罪や前科は?

逮捕された古門容疑者について顔画像などが出ています。

名前:古門 義彦
年齢:55歳
性別:男
職業:自称アルバイト
職場:不明
住所:不明
罪状:窃盗(10年以下の懲役または50万円以下の罰金)

前科については不明ですが、余罪についてはかなり多くの窃盗事件に関与していると思われます。

 

連続窃盗事件の容疑者逮捕にネットの声は?

今回はクリスマスの電飾だけだが、このような人間は他人を襲って金品を奪うことにも抵抗がないようにみえるのだが言い過ぎですかね。

欲しいと思ったら盗んじゃうって、こんな人55歳にもなってどうすればいいの?70代80代の親にきちんと躾をするように言うの?

家に飾ったらキレイだろうと思った、だから盗んだ。あまりにも稚拙かつ短絡的過ぎる動機、良い歳して何をやってる?。五十の手習いではないが小学校からやり直して下さい。

一般常識人は『クリスマスの電飾みて』家に飾ったら綺麗だろう。そこで考えるのが販売店に行って購入するか?綺麗だろうねで終わる話。決して盗むって発想はしない。

いるいる、こういう人。人の家の植木盗んだりね。何考えてんだろうね。実家は地植えになってる綺麗に咲いてたチューリップが一輪カットされて盗まれたわ。窃盗に不法侵入やぞ!

我が家もやられました。地域は違いますが、成魚・稚魚合わせて300近く。防犯カメラはなかったので、被害届け出すもそれだけ。自分で買ってそだてろよ、盗まないでさぁ…

明らかに「盗人」行為をしている犯人は「顔を晒しても構わない」法改正にしてほしいね。なぜ?明らかに泥棒している奴を顔をモザイクをかけて保護する必要が有る?。日本は「窃盗し」に対しての刑罰の甘さが有るから窃盗事件が減らない…もしかして窃盗された場合の「保険屋」とか「防犯カメラ」や「警備会社」などへの「需要と供給」を国はしてるのか?。あの関係は天下り先らしいから…窃盗事件が減ると不味いのかもな…とか勘繰りたくなるくらい…日本は「人命に関わらない盗み」に対して本当に甘い!!。

×