MENU
事件

八王子市中野町万引きGメン殺害未遂、刃物男の名前や正体、現場どこか判明で犯行動機ヤバイ。スーパーアルプス甲の原店に通り魔

11月30日(火)の夕方、東京都八王子市にあるスーパーで50代の男性が、客と見られる男に刃物で刺される事件が発生。

犯人の男は現場近くにいた通行人によって取り押さえられましたが、刺された男性は病院に搬送されています。

街中で人も集まるスーパー前でおきたこの事件、犯行動機や犯人の正体は。。

八王子市中野町のスーパーで刃物男が殺人未遂事件

この事件は、2021年11月30日(火)午後5時15分ごろ、東京都八王子市中野町にあるスーパーの前からのよせられた通報から発覚。

「万引きGメンの男性が刺された」

この通報によって現場に警察官が駆け付け、殺人未遂の容疑で現場にいた50代の男を現行犯逮捕しました。

刺された男性は果物ナイフのような刃物で胸を刺され重傷とされており、病院に搬送されていますが搬送時に意識はあったとされています。

容疑者の男は客らによって犯行後すぐに身柄を確保されており、警察官に引き渡されています。

スポンサーリンク


万引きGメン殺害未遂の男の正体や犯行動機は何?

逮捕された50代の男は一部容疑を否認して以下のように述べています。

「刺したことは間違いないが、殺そうとはしていない」

こうした事件で多くの人物がこう述べており、凶器を持って胸を狙っていることから明確な殺意があったのは明らか。

 
事件当時に容疑者の男は万引きをしたとして声をかけられたため、果物ナイフのようなもので刺したとしています。

また逮捕された男については、男は精神的なトラブル(精神疾患)を抱えている可能性があるとされており、そのために名前や顔画像が秘匿されている状況。

近年、とくに精神疾患を理由にして無罪や、減刑されるなどおかしな事件が多発しており、そうした背景に疑問を持つ声が多く上がっています。

 

八王子、殺人未遂の現場スーパーはどこ?

事件がおきたのは、工学院大学 八王子キャンパス近くにあるスーパーで、またこの場所は近くの住宅街を支えるスーパーであると思われ、時間帯を考えるとより多くの被害が出ていた可能性も。。

スーパーアルプス甲の原店
東京都八王子市中野町2689−3

スポンサーリンク




街中でおきた殺人未遂事件にネットの声は

今、ニュースで精神的なトラブルがある‥と言ってましたが、トラブルがあっても向き合って治療して戦ってる人がちゃんといる訳で。だからそんな理由で無罪とか絶対にしないでくれ。

こうした事件で真剣に取り組まない弁護士や裁判官などは名前を公表して、その近くに容疑者を住まわせるようにするのが一番。他人事だから適当な判決やぬるい罰則で済ませたり、金のために無罪を主張するのはいらない。

仕事を全うして刺されるとかありえない。スーパーに刃物を持ち込むのもありえない。万引きGメンの仕事をテレビで見るけれど体を張って正義感を持って仕事されてるよなと思ってた。本当に大変な仕事だと思う。

最初から、見つかったら刺す、あるいは、わざと犯行が見つかるようにして、刺したのでしょう。刃物を用意しての計画的犯行です。犯行時、精神不安定、精神喪失、などではない。厳罰で臨むべきでしょう。

精神疾患があれば凶器持ってても、人を刺しても無罪放免でいいんだって。とんでもない国だな。人権派の人間は、一度そういう人に刺されても同じこと言えるのだろうか。

「万引き」と言う言葉が軽く感じるため、全て「窃盗」とは表現を変えた方が窃盗は減ると思う。イメージ的に高校生が窃盗犯で捕まった。の方が罪の重みを感じ気軽にしなくなると思う。昔は万引きしたと自慢?する人もいる中で、なかなか窃盗してたとは言えないよね…万引きから窃盗に表現を変えて欲しいです。

「刺したことは間違いないが、殺そうとはしていない」取りあえず殺意さえ否定すれば、軽い罰で済むと思っているのであれば、本当に世間をなめてるとしか思えないですね。刺したことは間違いないのであれば、状況から確実に殺人罪に問われます。実は日本には正式には「殺人未遂罪」という罪は無くて、あくまでも「殺人罪」であってそこに、「未遂のばあい減刑出来る」という但し条文があるだけ。という事で、殺人罪で起訴されて、未遂罪として減刑されても、流石に実刑は固いでしょう。

×