MENU
事件

戸田市笹目の刃物男、どこか現場判明で取り押さえの瞬間映像流出!4人重軽傷、サカキケンジ(リャンヒョンス)正体や犯行動機は

11月23日(火)の深夜、埼玉県戸田市の路上で、警察官に声をかけられた男が警察官4人を刃物で切りつける事件が発生。

現場は大混乱となり緊迫の状況、、犯人の男が取り押さえられる瞬間が映像に残されていました。

容疑者の男の犯行動機とはいったい。。

戸田市笹目、検問の職務質問中に突如刃物男が暴れる

この事件は、2021年11月23日(火)の午後11時40分頃に埼玉県戸田市笹目の路上で発生しました。

当時、警察官が検問などのため巡回中で、近くを通った男に職務質問をするために声をかけたところ、突如刃物を持って切りかかられました。

この事件を受けて、現場には複数の警察官がさらに応援に駆けつけましたが、男はそのうちさらに2人にも切り付け、そのうち警察官1人が後頭部や肩を刺されて重傷で、計4人が重軽傷をうけていますが、いずれも命に別条はないとされています。

容疑者の男は自称50代の男で、リャンヒョンス こと サカキケンジと名乗っており、殺人未遂と公務執行妨害の両容疑で現行犯逮捕されています。

スポンサーリンク


戸田市、警察官に切りかかった刃物男取り押さえの映像

下記は事件当時の映像が映されていたもの。

 
逮捕されたサカキ容疑者は取り押さえられる際に、自身の上半身を自ら刺しており、病院で手当てを受けていますが命に別状はないとされており、サカキ容疑者の回復を待って、動機など詳しく調べる方針としています。

 

戸田市で殺人未遂、現場はどこ?

事件は北大通の山宮橋を渡った場所であったようですが、取り押さえの現場は映像からこの場所からまた違う場所に移動していたと考えられます。

埼玉県戸田市笹目1丁目

 
犯行後、犯人が取り押さえられた映像の現場は下記の場所であるようです。

グランドールアリス戸田
埼玉県戸田市笹目1丁目

スポンサーリンク




サカキケンジ(リャンヒョンス)の顔画像、国籍は?

自称サカキ容疑者の名前が本当であるか、また容疑者の顔画像は事件当時の映像で少し確認ができますが、はっきりとわかるものは特定できていません。

また、犯行動機についても明らかになっておらず、逮捕時に自決しようとしていたことから、何かしらの犯罪に手を染めていた人物でいる可能性が高いです。

名前:自称、サカキケンジ(リャンヒョンス)
年齢:50代
性別:男
国籍:不明(韓国に多い名前のようです)
職業:不明
住所:不明
凶器:刃物

▼罪状:殺人未遂と公務執行妨害
死刑または無期懲役、もしくは懲役5年以上
3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金

 

深夜の刃物男による凶行事件にネットの声は

警察官の方は良く職務質問してくれた。スルーしてたら、一般人が犠牲になっていた可能性が高い。ケガをされたのは残念だが、早期回復して欲しいですね。

腰の拳銃をお飾りにしてはいけない。刃物を持って向かってきたなら、容赦なく発砲するのが警察官の権限だと思う。

もう警察官の方は職務質問の際は最低でも警棒を持つか、拳銃を持って挑まないと治安が守れなくなってきてる。この上に本国で職の無い移民など受け入れたら日本が日本で無くなってしまう。

正当な理由がない限り、刃物を持って街中を歩くなんて普通の人物とは思えないなぁ。そのうえ警官4人を切り付けるなんて、頭おかしすぎる。このような被疑者にはより強硬姿勢で臨まないとダメだよ。警官の持ってる拳銃は何のためのものなのか?。アメリカの警官だったら絶対発砲していますよ。

犯罪を犯した外国人の犯罪者は、刑を執行後に出所した際は国元へ送り返すのがよい。そして今後は一生入国不可。これをしないとどんどん犯罪者が入ってきてしまう。

そろそろ通名はやめるべきでは?日本人に紛れている外国人がこうして問題を起こす行為は認められない。通名を決めた利している人物はいくらもらっているのだろうか?不可解な法律や暗黙の了解の裏には多額の賄賂が動いている。

知り合いも警察官だが、家の中で刃物を持って暴れているという通報に、特殊グローブのような手袋だけで向かい、襲いかかってきた男の包丁の刃をグローブだけで掴んだそうだ。本当にこのグローブは、刃物に勝てるのか不安だったが、発砲する方がもっと怖いのだそうだ。(いろんな意味で)日本も、もっと規制を緩くしないと、警察官の命を守れないんじゃないか?

でも結局こいつは税金で刑務所の飯を食らい。出所後は生活保護でこれまた税金でのうのうと生活するに決まってる。先祖代々、年貢を納めて来た我々とせいぜい1,2代で日本に住み着いた外国人を何故同じ扱いなのだ。というか厄介な分、優遇されてるまである。本当にこの国は外国人の取扱いを180度間違えてる。

~こちらも読まれています~
×