MENU
事件

弥富市立十四山中学校殺人、伊藤柚輝さん死亡。逮捕男子生徒の名前誰?現場映像・画像。中学3年生、同級生包丁刺殺の動機は何?

衝撃的な事件がおきてしまいました。

11月24日(水)の午前8時過ぎ、愛知県弥富市にある公立中学校で、中学3年生の男子生徒(14)が同級生の男子生徒に包丁で刺されました。

刺された生徒は病院に搬送されるも、意識不明の重体でその後に死亡が確認されています。

中学校で何がおきていたのか?

弥富市の中学校で同級生を刺殺する事件が発生

この事件が明らかになったのは、2021年11月24日(水)午前8時10分頃のこと。

愛知県弥富市内にある公立中学校の学校関係者からの警察への110番通報からでした。

「生徒同士のトラブルでお腹を刃物で刺された」

通報を受けて警察と救急隊が駆けつけたところ、中学3年生の男性生徒(14)が腹部を刺されて校内で倒れており、意識不明・心肺停止の重体で病院に搬送されましたが、その後に死亡が確認されています。

衝撃的な事件に、当時学校にいた生徒を始め周辺の住人達にも大きなショックが広がっています。

スポンサーリンク


中学校でおきた殺人事件の経緯について

この事件が起きたのは、11月24日(水)の午前8時過ぎで事業が始まる前の時間帯だったようです。

中学校の廊下で3年生の男子生徒(14)が、別のクラスの同級生の男性生徒(14)が持っていた包丁で腹部を刺されました。

同級生を刺した生徒は、その後に教諭に止められたということで最初に刺された生徒以外に怪我人はないとされていますが、刺された生徒は市内の病院に運ばれましたが、その後に死亡しています。

通報を受けて駆け付けた警察が刺した男子生徒を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しています。

※刺された生徒は、現場の廊下から自分の教室に自力で戻っていたことが明らかに。

 

中学校でおきた殺人事件の動機やその後について

男子生徒を刺した生徒は、教師に包丁を下ろすように言われ、それに応じたとされており、逮捕後の取り調べに「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めており、取り乱したりすることなく応じているとされています。

動機に関してはまだ明かされていませんが、死亡した生徒の死因は出血性ショックで、刺し傷が肝臓を貫通していたことなどから、強い殺意を持って犯行に及んだとみています。

事件があった中学校の校長

「3年生の生徒を別の教室に移動させ、救急隊が来るまで、学校としてはできる限りの心臓マッサージを行ったり、意識の確認をしながら待った」

スポンサーリンク




弥富市、事件の公立中学校は市立十四山中学か

事件がおきた現場については、下記の中学校であるとされています。

弥富市立十四山中学校
愛知県弥富市鳥ケ地1丁目

 

死亡の男子中学生と、逮捕14歳少年の名前や身元は

今回の事件では、死亡した男性生徒と逮捕された男性生徒ともに14歳ということで、名前や顔画像など詳しい情報は出ていません。

-逮捕-
名前:不明
年齢:14歳
性別:男
職業:中学生(3年生)
学校:弥富市立十四山中学校
住所:不明
凶器:包丁(学校にあったものではないとされています)
罪状:殺人未遂(死刑または無期懲役、もしくは懲役5年以上)
※後に殺人へと切り替わると思われます。

-死亡-
名前:伊藤 柚輝
年齢:14歳
性別:男性
職業:中学生(3年生)
学校:弥富市立十四山中学校
住所:不明
死因:出血性ショック死(腹部の切り傷からの出血)

スポンサーリンク




中学校でおきた衝撃事件にネットの声は

中学生が同級生を刺すって、被害者の子に虐められてたとかその逆とかじゃないの?まだ詳細がわからないけど何にせよイジメが関わってくるような気がするけどなぁ。

自分が学生の時に聞くと衝撃的だった事件が、最近こういうの多いなと思うようになってきた。この感覚が一番怖い。生きてりゃ嫌な事なんてあるよ。それでも人様を傷つけたらあかん。

午前8時10分に中学校内でこのような事件が起きるとは信じられないことだ。時間帯からして、最初から犯行目的で加害者は登校したのかもしれない。現場に居合わせた生徒も多数いた可能性もある。そうなると他の生徒の影響も大きく、心のケアも必要だ。

自分が小学校の頃、サカキバラ事件があってちょっと情緒不安定な同級生がバタフライナイフを持っていた。先生に言えばいいのに小学生だったからそういう頭もなかった。先生がいない時にチラチラみせてきた。見せびらかすだけのつもりでも、持っているだけでもカッとなって使ってしまうかもしれない。あれはかなり危険なことだったなと大人になってからゾッとする。

イジメの被害者が、加害者を刺した、というコメントが多いですが実際はどうなのか続報を待たないと分かりません。ただ、それが真相なのであれば、ある意味、追い詰めた加害者にも責任はあります。最近のイジメは度を超えたものが多く、被害者は追い詰められて自ら命を絶つことがありますので、やられるかやるかの判断を迫られたのかもしれませんね。加害者ならば、という前提ですが、それならばどっちもどっち。

学校は、良く詳細をはっきりさせ二度と無いようにして頂きたい。私の中学でもあったがいじめっ子がいじめられっ子に刺され死亡した。刺された子は、心臓一突きで刺した子は、日頃のいじめから全身あざだらけだったらしい。他生徒も先生もその子のいじめは気が付いていたがなんの対処もしていなかったらしい。今回の事件は関係無いかもしれないが刺した子には、何らかの変動があったはず。

~こちらも読まれています~
×