事件

秋田県央部、金属バット19歳少年の名前や顔画像誰?ヤバイ正体。小学生の頭を金属バットで殴り、階段から突き落とす殺人未遂

凶悪犯罪の低年齢化が問題視されてきていますが、秋田県で10月21日に19歳の少年が、自宅に小学生男児を連れ込んで金属バットで殴るなどの暴行を加える事件がおきていたことが判明しました。

殺人未遂ともいえる犯行の動機、逮捕された人物の正体は?

秋田県央部で小学生男児への殺人未遂事件

事件がおきていたのは、2021年10月21日(木)の午後3時半ごろのこととされています。

秋田県央部に住む少年(19)が、近くに住む小学生の男児を自宅に連れ込み、頭部を金属バットで複数回にわたってたたきつけ、階段から突き落とすなどの暴行を執拗に加え、男子児童に怪我をさせました。

男子児童は自力で家に戻った際に家族が怪我に気づいて110番通報をして事件が発覚、男の子は秋田市内の病院に搬送され手当を受けており、命に別条はなく怪我も深刻なものはないとされています。

この事件で少年(19)は、傷害の疑いで逮捕されています。

スポンサーリンク


金属バット少年の名前誰?犯行動機は何?

逮捕された少年(19)は、警察の調べに対して大筋で容疑を認めているとしていますが、詳しい犯行動機に関しては明かされていません。

また、小学生との関係についても未成年であるということを理由にして、なぜか公開がされていません。

同じく名前や詳しい住所などについても19歳ということで秘匿されており、凶悪犯罪であっても無条件に守るといったおかしな法律「少年法」に多くの人から怒りの声が噴出しています。

また、同様の事件として先日の山梨でおきた19歳少年による凶悪な放火殺人について、容疑者の名前と顔画像を「週刊新潮」が掲載しましたが、日本弁護士連合会が、このことについてクレームをつけており、「未成年はどのような凶悪犯罪を犯しても無条件に守られるべき」であるといったような見解を出しています。

名前:不明
年齢:19歳
性別:男
職業:不明
住所:秋田県央部
罪状:傷害(15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

スポンサーリンク




秋田、小学生男児殺人未遂事件の現場はどこ?

事件がおきた現場については秘匿されており、詳細は判明していませんが、秋田県央部は下記の地域が該当します。

大潟村、八郎潟町、井川町、男鹿市、潟上市、五城目町、秋田市、由利本荘市、にかほ市

 

悪質犯行に怒りの声、少年法に疑問

何これうちの子がされたらと思うと…もう立派な大人!守る理由は1つもない!実名報道に、適正な処罰を!!

頭おかしい奴は実名で報道すればいい。小学生の子、大丈夫かな、怖かったし痛いし、帰ってこれても良かったけど大丈夫かな。殺人未遂だよ。

最近の弁護士はお金をもらって不正を働くのが仕事のような人物が増えてきた。いちゃもんつけている暇があったらきちんとした仕事をしろと言いたい。警察も不正の温床だし不正だらけ。犯罪を取り締まる前に他人に厳しく自分に甘い体制を取り締まるべき。

金属バットで頭を殴る、ってホントかよ!って話。昔のヤンキーマンガくらいで実際にやる奴がいる、というのが信じられない。聞くだけで嫌な話。小学生に後遺症などが残らなければいいが・・・。

異常者。残虐すぎます。この被害を受けた子どもが身体だけでなく、心もダメージを受けたことは確実。今後のケアがとても大切です。しかし、この19歳の青年のこれまでの生育環境もとても気にはなります。

自宅で、近くに住む児童の頭部を金属バットで複数回たたいたり階段から突き落としたりして、頭などにけがを負わせた疑い。もう凶暴凶悪でしょう。ほんとに大人になったら恐ろしい。普段から家でもそうなんでしょう。突発的にではないはず。親も手を焼いてるはずよね。どうしたらこういう子になるのかしら。ほんと男の子が助かってよかったわよ。

~こちらも読まれています~
×