事件

森本恭平の顔画像と経歴判明。尼崎市の森本彩加さん殺害、元夫の犯行動機とは?事件前にマンションで流血トラブルの関連は


Warning: file_get_contents(https://next-infonews.com/jiken/29170/): failed to open stream: HTTP request failed! in /home/canal/next-infonews.com/public_html/wp-content/themes/jin/functions.php on line 572

2021年10月15日(金)午後8時半ごろ、兵庫県尼崎市にあるマンションの敷地内にある駐輪場で住民の女性、森本彩加さん(28)が背中から刃物で刺されて殺害された事件。

当初無差別と、怨恨と両方の線から犯人の行方が追われていましたが、この事件の容疑者として逮捕されたのは、元夫であることが判明。

事件発生から1日後に容疑者の逮捕となりましたが、待ち伏せをしてまで殺害を企むその動機とはなんだったのか?

尼崎市昭和通のマンションで森本彩加さん刺される

この事件は2021年10月15日(金)の午後8時半ごろ、兵庫県尼崎市昭和南通4丁目のマンションの駐輪場で発生。

被害にあったのは、同マンションに住んでいた医療系事務員の女性、森本彩加さん(28)が、刃物を持って付近に待ち伏せしていた男に襲われ、刃物で背中を複数さされました。

森本さんは意識不明・心肺停止の重体で病院に運ばれましたが、事件から約1時間後の午後9時半ごろに死亡が確認されています。

 
現場からバイクで逃走をしていた犯人の行方が追われていましたが、翌日の10月16日(土)の午後に兵庫県内でバイクが発見され、持ち主の情報から森本さんの関係者であることが判明し、その後に身柄が確保されました。

この事件の容疑者(重要参考人)として任意の事情聴取が行われており、後に殺人の疑いで逮捕されたのは森本彩加さんの元夫である西宮市に住む会社員の男、森本恭平 容疑者(33)でした。

スポンサーリンク


森本彩加さん殺害の元夫の犯行動機は何?

この事件の犯行動機についてはまだ明らかになっていませんが、事件の約2週間前にも同じマンション内で、警察官が大勢来るトラブルがあったばかりであったようで、それを目撃した人の証言が出ています。

「エレベーターの中や1階が血だらけになり、まだ血の痕は残っている。警察に何があったか聞いても教えてくれず、なんだか怖い」

これが同一人物による事件であったのかは不明ですが、短期間で同じ場所で別の事件が起きる可能性を考えると、今回の件で何かしらのトラブルにが起きていた可能性があり、またまだ同じ苗字であったことから考えると離婚などを巡って騒動があったと考えられます。

 

事件を受け、目撃者などが不安と恐怖の声

スポンサーリンク




殺人事件の現場となった尼崎市昭和通のマンション

事件がおきた現場は尼崎駅からも近く、繁華街エリアにあるマンションで、森本さんは住んでいるマンションに併設されている駐輪場で襲われました。

パークフラッツ尼崎
兵庫県尼崎市昭和南通4丁目

 

 

容疑者の顔画像、経歴や、森本彩加さんの情報

森本恭平 容疑者については逮捕時の映像などが出ていますが、顔がしっかりと把握できるものはまだ確認ができていません。

-容疑者-
名前:森本 恭平(もりもと きょうへい)
年齢:33歳
性別:男
職業:会社員
職場:不明
住所:西宮市(半年前ほどに引っ越してきたのが確認されています)
罪状:殺人(死刑又は無期若しくは5年以上20年以内の懲役)

※自宅から血のついた包丁、バイクなどが見つかっています。

 
-被害者-
名前:森本 彩加(もりもと さやか)
年齢:28歳
性別:女性
職業:医療系事務員
職場:不明
住所:兵庫県尼崎市昭和南通4丁目?
死因:不明(背中に複数の刺し傷からの失血死か)

スポンサーリンク




容疑者逮捕も失われた命戻らず、、悲しみと怒り

待ち伏せして刺したんだから、計画的な殺人。防カメ映る中逃げても無理だろうし、元旦那であれば尚更怪しまれる中、怨恨が極まったんだろうが。警察に相談していたと聞くと、この類の事件は何とかならなかったかといつも思う。

好きで結婚した相手を殺すほど憎む理由は何なのかな。離婚したのに付け狙うのは、離婚されてしまった側で未練があるからなのか。日本も物騒になってきているから女性の一人歩きは気をつけた方がいいですね。

迅速な逮捕、警察の捜査力はすごいですね。しかし、元夫とは‥‥殺人事件の大半は身内によるものですが、別れた後に殺されることになるとは、被害者は本当に無念ですね。

こうした事件の解決に警察の働きは感謝だけど、同じだけ汚職や怠慢もある警察の裏表が、、きちんと働いている人も多いけれどこうした事件での相談でもっと対応ができていればと思うこともある。実際に事件が起きなければ動かない、できないこともあるのだろうけど、何かしら対策やできることはあると思う。

最近変な執着心持つ人が多く感じるので子どもたちには無理に結婚しなくていいと昔は結婚して子ども産んでっていうのが幸せと言われてたけど、今は、結婚以前に、異性と付き合う時間使うなら自分の将来に投資した方がいいと話しています。思わせぶりな態度すら危険な時代。

甲府の放火殺人もそうだけどさ、このご時世、防犯カメラなんてそこらじゅうにある訳で、ドライブレコーダーも普及してる訳で、捕まらない訳ないよね。

https://next-infonews.com/jiken/29115/
https://next-infonews.com/jiken/29139/

~こちらも読まれています~
×