事件

八ツ田和夫さん殺害犯人は顔見知り?意識あるも通報せず。現場マンションどこか判明で防犯カメラ映像は。大阪市中央区北久宝寺町

10月2日(土)の昼前、大阪市中央区にあるマンションで、男性の変わり果てた遺体が発見されました。

自宅の部屋で亡くなっていた男性の身元なども明らかとなり、その衝撃の死因や、犯人不明となっている事件に不安の声があがっています。

現場となったマンションの一室では何が起きていたのか?

※2021年10月16日情報追加あり

大阪市中央区北久宝寺町の集合住宅に血まみれの遺体

この事件が明らかになったのは、2021年10月2日(土)の午前10時半ごろのこととされており、事件の通報があったのは10時45分ごろのこと。

大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目にあるマンションの一室で、住人の高齢男性が死亡しているのを同僚の男性が発見しました。

「2日前から連絡が取れない会社の人間を心配して訪れたところ、ベッド上で亡くなっている」

この事件で警察などがかけつけ、現場は規制線が張られるなどの物々しい状況になっており、10月4日に司法解剖が行われたことで死因が判明し、殺人事件と断定しての捜査が開始されています。

スポンサーリンク


マンションで死亡は会社社長の男性、

集合住宅で死亡していた男性は、会社社長の八ツ田和夫さん(67)で、現場は会社事務所としても使われていたマンションの一室にあるワンルームの室内のベッド上であおむけに倒れていた八ツ田さんが発見されています。

八ツ田さんは、頭や全身に殴られたような傷が多数あり、死因は出血性ショックと判明しましたが、トイレのドアノブや洗面台、パソコンのモニターなどに血痕が付着し、血の付いた衣服なども落ちているといった状況、、

しかし、室内に物色された形跡はないようで、携帯電話や財布なども残っていたとされています。

 
八ツ田さんは9月27日(月)に発熱などを訴えて昼ごろに退社しており、今回遺体を発見した同僚が自宅まで送った後、29日と30日にも見舞っていたとされています。

そして、10月1日は連絡が取れなかったため、2日に心配して訪れたところで死亡している八ツ田さんを発見し今回の事件が発覚しています。

 

10月16日、新情報追加:犯人は第一発見者?

この事件に関して遺体の第1発見者である、住居不詳で韓国籍の金歡喜 容疑者(65)が傷害の疑いで逮捕されたことが明らかになりました。

逮捕容疑は2021年4月と5月に、八ツ田さんとみられる男性の顔を数回殴るなどの暴行を加え怪我をさせた疑いで、2人はおよそ40年前からの知り合いで、関係者の話から金容疑者が八ツ田さんとに対して日常的に暴力を振るっていたということが明らかになっています。

金容疑者は黙秘していますが、警察は八ツ田さん殺害にも関与していた可能性が高いと考えて捜査を続けています。

当時、八ツ田さんは暴行を受けた後もしばらく生きていて、自分で血を拭いたり着替えたりといった行動をしていたようで、通報もしなかったことから日ごろからの行為であったためにそのままの状況で我慢して、力尽きった可能性が考えられます。

スポンサーリンク


大阪市中央区北久宝寺町、殺人現場はどこ?

遺体が見つかった現場のマンションは、堺筋本町駅から徒歩数分の距離であり、隣の建物には保育園が入っているのが確認できます。

堺筋本町アーバンライフ
大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目

 

スポンサーリンク




殺害された八ツ田和夫さんの情報について

殺害された八ツ田さんは、コンピュータープログラミング関連会社を経営しており、死体で発見されたマンションの一室は事務所を兼ねた住宅であったとされています。

9月27日に熱があって同僚に自宅まで送ってもらったといった情報があることから、別の会社または関連して作業する場所があると思われます。

名前:八ツ田 和夫
年齢:67歳
性別:男性
職業:会社社長(自営業?)
会社:不明
住所:大阪市中央区北久宝寺町1丁目
死因:全身打撲からの出血による出血性ショック死

現時点では犯人について有力な情報はでていないものの、このマンションの入り口には防犯カメラが設置されており、警察が付近のカメラなども調査していることから、カメラに犯人が映っていると思われます。

金目の物が盗まれていない、必要以上な全身への暴行といった点から何かしらの怨恨の可能性が考えられます。

※追加情報
警察のその後の捜査で八ツ田さんは、暴行を受けてから約1時間は生存していた可能性があり、自ら血を拭いたり服を着替えたりするなどの行動を取っていたとみられています。

また、その一方で暴行を受けても警察へ通報した記録は無かったことなどから、顔見知りの犯行の可能性もあるとみて男性の交友関係などを調べるとしています。

スポンサーリンク




人も多い住宅街での殺人事件に不安の声

体調崩して家に居たところで、時間的にいつもは居ない時間にいた事で事件に巻き込まれたんだろうか。

最近、本当に訳の分からない殺人が多く、いつ自分が被害に遭うか分からない世の中になってきました。不景気だから事件が起きるのか?老人、女性と弱い人間が狙われてるのは非常に胸が痛いです。

見舞いにも行っていた同僚が実は、、とかいったような悲しい展開はやめて欲しい、、現状では30日~2日の間に殺害されたとみられるけど、防犯カメラもあるから全員に確認は入ると思うから、逮捕までは時間の問題かな。

現金が残っていると言う事は、物取りの犯行では無いようだ。明かに恨みを持った人間の犯行。それもかなりの恨みを持っていると思う。殺害方法が何かで殴打しているし、それも頭部を含め全身を殴打すると言う事はかなり憎しみを持っていたと思う。

殴り殺すという方法は突発的なものであれ、相当な殺意を感じられます。殺すつもりは無かった、なんて戯言は聞き飽きました。明確な殺意をもって行動に移した犯人を厳罰に処してください。

この状況からすると、強盗じゃないのは明らか。財布、携帯が残っているから、恨みを持った犯行だと思います。もしかすると仕事関係が怪しいと思うので、仕事で交流が有った人を調べて欲しい。案外、身近に犯人がいるかも。

最近こんな事件多いよね。物取りや怨恨じゃなくて介護疲れや病気や経済的理由での家族間での殺人事件は本当に気が滅入る……福祉の充実を望みたいがこのコロナ禍じゃ更に増えてしまうんだろうな。

~こちらも読まれています~
×