MENU
事件

札幌市西区、中学生の息子に暴行の父親、名前や顔画像誰で現場どこ?虫嫌いの息子にトンボ放ち逃げられて激高。日常的に虐待か?

衝撃の事件が明らかになりました。

9月26日(日)の午前、北海道札幌市西区にある住宅で、中学生の息子の顔を殴り怪我をさせたとして60代の男が逮捕されましたが、その人物が父親であったことが判明。

近年、子供への虐待事件などが多々明らかになってきており問題視される中で起きた事件、逮捕された父親はどのような人物なのか?

札幌市西区で父親が息子に暴行加え逮捕

この事件は2021年9月26日(日)の午前10時~10時半の間におきていたとされています。

北海道札幌市西区の自宅で父親(69)が、同居する中学生の息子の顔を拳で殴って怪我を負わせる傷害事件が発生。

暴行を受けた中学生の息子は唇が切れる怪我を負っていますが、比較的軽傷とされています。

この事件の後、同日の正午前に被害を受けた息子が友人の父親と一緒に札幌西警察署へ行き、「父親に殴られた」と今回の暴行事件の被害を訴えたことで事件が発覚し、警察が男の犯行内容や、当時家にいた母親も含めて事情を聞きくなど捜査の結果、傷害の容疑が固まったことで同日の夜に逮捕となりました。

父親の逮捕という家庭内での暴力行為はなぜ行われたのか?

スポンサーリンク


中学生の息子に暴行で逮捕の父親。事件の経緯は?

この事件の経緯として、当時自宅で逮捕された父親が息子が虫嫌いなのを知った上で、部屋にトンボを放っていたことが分かっています。

しかし、息子が悲鳴を上げながらトイレに駆け込んで逃げたことに激高し、暴行したとしています。

 
逮捕された父親は次のように述べて一部容疑を否認しているとされています。

「やったことは認めますが、軽く手を出したところ息子のほうから当たってきた」

同様の供述は、暴行で逮捕される犯人の常套句とでもいうような内容ですが、逮捕にまで至ったということは明らかな故意による暴行が日ごろから行われていた可能性が高いと判断された可能性があります。

警察は男が暴力行為をくり返す虐待をしていた可能性もあるとみて、引き続き経緯などを詳しく調べるとしています。

スポンサーリンク




札幌市西区、息子に暴行の父親の自宅どこ?

今回の事件の現場となったのは、札幌市西区にある自宅での犯行であるようですが、息子や母親なども一緒に住んでいるためか詳しい現場についてはあかされていません。

 

中学生の息子に暴行の父親、名前や顔画像は?

今回の事件で逮捕された男については現時点では名前や顔画像などは公開されていません。

家族などが被害者の場合にこうした対応が取られることがありますが、そうした暴行行為を加える人物が知らない間に野放しにされている危険性もあり難しいところ。

名前:不明
年齢:69歳
性別:男
職業:アルバイト従業員
職場:不明
家族:息子と妻

▼罪状:傷害
1か月以上15年以下の懲役、又は1万円以上50万円以下の罰金

※今回の事件で「暴行」ではなくより罪が重い傷害罪が適用されています。

スポンサーリンク




家庭で起きた暴行事件で父親逮捕にネットの反応

勝手なイメージだけど、年齢がいってから生まれた子どもに関して親は溺愛するもんだと思ってた…違う人もいるんだ…

突っ込むところがあまりにも多すぎる・・とりあえず、こんな大人にはならないでおこうと肝に銘じました。

息子が友人の父親に相談した、というあたり、母親の姿が見えないあたり、この家族の根本的な歪みがありそうね。

今回は警察がきちんと働いているけど、怠慢警察24時は結構多いどころか悪質警察24時も大勢いる。まずは身内の犯罪行為から徹底的に浄化しないと。

“男は息子が虫嫌いなのを知った上で、部屋にトンボを放ちました。息子が悲鳴を上げながらトイレに駆け込むと、腹を立てて暴行していました。”男にとっては「たかが」虫。他人にとっては「(失神するほどの)恐怖の対象」虫に限らず…他人の恐怖の対象を真剣に捉えてない人マジ多いと思う。

嫌いや苦手と恐怖症は全く別物。それの存在を感じただけで動けなくなったりするんだよ。半端な訓練でなんとかできるもんじゃないし、それでからかったり虐めようなんて絶対ダメ。

69歳の父親と中学生の息子ということは数年経ったら力関係が間違いなく逆転するわけで、子供からの復讐という悲劇もありえる。少なくとも介護はしたくないよね、親孝行したくないと思わせる家庭に育つって不幸すぎる。

いいなぁ…今は逮捕してくれて…自分の父親も暴力が半場なく殴る、蹴る、引きずり回す、日常だったけど。警察に通報しても、玄関まで来て家庭内の事だからなにも出来ないと帰って行く。よい時代になった!どんどん通報して逮捕してもらえ!

~こちらも読まれています~
×