事件

宗像市自由ヶ丘ミイラ化遺体発見の現場どこか特定!住民の兄弟が行方不明、遺体の身元は誰?裁判所の強制執行の理由は何?

9月8日(水)の午前、福岡県宗像市自由ケ丘にある民家から一部がミイラ化している遺体が発見されました。

民家に住む兄弟の行方が分からなくなっており、事件の可能性を示唆に死体遺棄容疑で捜査が開始されています。

現場では何がおきていたのか?

※9日朝、弟とみられる人物が宗像署に出頭

宗像市自由ヶ丘の民家から遺体が発見される

この事件は2021年9月8日(水)の午前10時45分ごろ、福岡県宗像市自由ケ丘8丁目にある住宅を訪問した裁判所職員による通報から発覚。

「強制執行で立ち入ったところ、2階の室内で袋に入った遺体を確認した」

通報により現場に駆け付けた警察間が室内から黒いポリ袋に入れられた男性の遺体を発見しました。

当時、裁判所の職員は差し押さえのために民家に訪れ、発見された遺体は身長約160cmの成人男性で、複数の黒いビニール袋を粘着テープでつないだ中に入れられてろい、死後数カ月が経過しているとみられています。

遺体は一部がミイラ化しており腐敗が進んでいる状態で、目立った外傷はなく死後数カ月が経過しているとされ、住宅は施錠されており外部からの侵入の痕跡はなかったとしています。

スポンサーリンク


発見の遺体の身元は誰?住宅に住む兄弟が行方不明

遺体が発見された住宅は競売に出されており、佐賀県内の不動産業者が2021年6月に落札していたことがあきらかになっています。

この家に住んでいた兄(59)と弟(58)と連絡が取れておらず、県警は兄弟の行方を捜すとともに、遺体が兄弟のどちらかとみて司法解剖して遺体の身元と死因の特定と、死体遺棄容疑で捜査を始めています。

 
なお、2021年9月3日(金)に裁判所職員らが弟と面会した際、押し入れに同様の袋があるのを見ており、兄は最近近所などで目撃されていないことから、遺体は兄の可能性が高いとされています。

※競売にかけられていた理由や、強制執行の理由については公開がされていません。

スポンサーリンク




宗像市、遺体発見の住宅はどこ?

遺体が発見された住宅は下記の場所にある一軒家であったようです。

福岡県宗像市自由ヶ丘8-8-18

スポンサーリンク




謎多い住宅の遺体遺棄事件にネットの反応は

競売で買った人、いきなりの事故物件になっちゃって…災難だな。

記事を見て、ストリートビューで現場を見てみたら、庭に男性が立ってたから、鳥肌立った。

すぐそばに住んでるけど両親は2〜3年前に亡くなってるし、住人の息子は先週近所のスーパーで見かけたぞ…まさか?

実家の近くだわ。。なにがあったか知らないけど、ほんとに家族をみつけだして、聴取して解決してほしい。うちの親が、びっくりしてる。。

必ずしも殺人または傷害致死と決まったわけではない.病死の可能性もある.また死体遺棄罪が成立するかどうかも分からない.

司法解剖で死因を特定するってことは逆に言えば目立った外傷,扼殺痕がないってことで,病死の可能性もある.あくまでも記事を読んだ限りだが,殺人などの凶悪事件とは思えない.

これは不確かだが,ビニール袋で遺体を包むというのは,ある種の埋葬行為であり,近親者の行為である可能性が高くなる(高いというだけで決まったわけではない).毛布等を掛ける行為も同じ.さらには包丁でめった刺しも愛情の裏返しの場合がある.

本件は、早急にご遺体の身元を特定することが必要であります。腐敗するまで放置されたご遺体のことを思うと心が痛みます。民家の押し入れ付近が死体遺棄現場でありますので、被害者は、家人かその関係者の可能性が高いと思われますが、早急に民家の検証許可状と鑑定処分許可状を請求して、ご遺体の指紋と屋内のテーブルや食器等から在宅指紋を採取して合わせます。また、屋内にある歯ブラシに付着した唾液とご遺体の唾液や血液でDNA鑑定をして身元を特定します。併行して、死体遺棄現場の状況やビニール袋の結び方、ビニールの性質・状態、袋内の遺体の状態などを検証します。後に容疑者の自白内容と詳細が合致するか写真撮影しながら検証するとともに、綿密に鑑識活動をします。そして、司法解剖して死因等を明らかにします。

~こちらも読まれています~
×