事件

ジョージア暴行選手の名前と顔画像判明!パラリンピック柔道男子代表、警備員突き飛ばしで逮捕!ズヴィアド・ゴゴチュリ

何かと話題の大きな東京オリンピック、パラリンピック。

東京パラリンピックに出場するため来日したジョージア柔道代表の男性選手が8月12日(木)に、東京都内のホテルで、男性警備員を突き飛ばし投げて重傷を負わせていたことが明らかになり、多くの人から注目を集めています。

犯人の男は誰なのか?また、なぜそのような犯行に及んだのか?

パラリンピックのジョージア代表選手が暴行事件

この事件がおきていたのは、2021年8月12日(木)の朝のことであったとされています。

東京都大田区の羽田空港近くにあるホテルで、パラリンピックに参加するために来日していたジョージアの柔道男子選手が、部屋がある階の廊下にいた男性警備員(60代)を突き飛ばし投げ飛ばして、肋骨骨折などの重傷を負わせる事件が発生。

被害を受けた警備員の男性は、警視庁に傷害容疑で被害届を出しており、この事件について警視庁が経緯を調べています。

パラリンピックで国の代表としてきた人物が起こした事件、何がおきていたのか?

スポンサーリンク


柔道男子代表選手の暴行事件、動機は何?

事件を起こしたジョージアの柔道代表選手について、入国時に選手団の1人にコロナ陽性者がいたことからジョージアの代表選手らは、濃厚接触者として経過観察のためにこのホテルで隔離されていたことが明らかになっています。

しかし、事件当時にジョージアの複数選手が廊下で大声を出すなど騒いでいたようで、被害を受けた男性警備員が選手らが滞在するフロアを警備していたところ、急に男子選手が走ってきて、投げ飛ばしたとされています。

「男性選手は部屋を出てきていきなり無言で自分に向かってきた」

 
また、犯人は当時酒を飲んでいたようで、新型コロナの農耕接触者として隔離中に酒を飲んで騒いで、さらには暴行を加えるといった事件をおこした人物の小互い、国の代表としては恥ずかしい犯罪者であったことが明らかになりました。

スポンサーリンク




逮捕のジョージア柔道男子代表選手の名前は「ゴゴチュリ」

事件をおこしたジョージアのパラリンピックの柔道男子代表選手の名前について、現時点では名前が出ておらず警察での調査中となっているようです。

さすがにもみ消しといったことはないと思われるものの、何かと不祥事が頻発しているオリンピック、パラリンピックであるために、不安の声も出ています。

※追加情報
ズヴィアド・ゴゴチュリ 容疑者(34)であることが判明しており、この人物はリオのパラリンピックの柔道男子90kg級の金メダリストであったことも明らかに。

名前:ズヴィアド・ゴゴチュリ
年齢:34歳
国籍:ジョージア
経歴:リオパラリンピック柔道男子90kg級金メダリスト
 

スポンサーリンク




ジョージアは柔道の銀メダリストが参加資格はく奪

また、ジョージアの代表選手については、東京オリンピックでの銀メダリスト2人を含む6人が東京タワーなどに無断で観光したとして、組織委員会が2人を含む6人に対して参加資格証をはく奪しています。

この人物は柔道ジョージアの柔道男子代表、66kg級銀メダリストのバザ・マルクベラシュビリ選手、73kg級銀メダリストのラシャ・シャフダトゥアシビリ選手ら6人で、7月に無断で選手村から外出して、東京タワーなどを観光していたことが発覚。

これを受けて大会組織委員会は選手らのコロナ感染防止を定めたプレーブックに反しているとして参加資格証を剥奪しており、武藤事務総長は「厳正に対処する」と述べていますが、2人の銀メダルの取り消しについては「ない見通し」としており、すでに2人は選手村から退去しています。

このことから、実際には何の影響も痛手も負っておらず、対応の甘さに批判の声が続々上がっています。

スポンサーリンク




ジョージアの悪質犯罪者に怒りの声多数

投げ技は結構危険で、コンクリートとか地面が固い場所で投げたら下手すれば死ぬこともある。武術の経験者が素人にそれを行使したら武器を使っての行動と同じだったはずだから、殺人未遂では?

この加害者には一生後悔するレベルの厳罰を。刑事、民事両面で徹底的に追い込めばいい。強制送還で逃がしてはダメだと思う。当然、パラリンピックに参加なんてさせるな。

こういう奴は選手としてパラリンピックに出場する資格はないね。オリンピックやパラリンピックが「平和の祭典」という括りなんだからね。暴行する人間が今後も含めて出場できるなんておかしいしね。

ジョージアは、大使代行の方も親日家で有名だし、日本行きたい人応援団に出る方々も日本を心から愛してるとわかるから好印象だっただけに、オリンピックでの問題行動に続き、この事件呆れて言葉がない。

陰性が確認されたら自国に帰国して欲しい。何処が不自由でパラに出場するのか知らないが人様をケガさせ、その方が万が一後遺症が残ったら…不自由な生活の大変さを一番知ってる癖に何て事をしてくれるんだよ。腹立たしい。

ペナルティーは選手個人だけでなく、国を代表しているのだから、国全体で罰を受けるべき。暴力事件となれば、ジョージアの選手達にはパラリンピックへの参加は辞退させるべき。

国の代表として他国に来て何してんだか。今回こういう記事をよく読むんだけどオリンピック代表って人間性は必要とされないのかな。それともコロナ禍だから?日本だから舐められてんの?

~こちらも読まれています~
×