事件

川口美嘉、介護士の顔画像!経歴やSNS情報、自宅どこ?札幌市西区、飲酒運転で2回事故おこしひき逃げ!?アル中犯行動機何?

6月28日(月)に千葉県八街市の路上で、飲酒運転によるトラックによって、小学生5人が死傷する悲惨な事故が発生しましたが、その後も毎日のように飲酒運転による事件や事故が起こっています。

6月30日(水)の夜、北海道札幌市西区で、酒を飲んで車を運転したとして、同区に住む女(36)が逮捕されましたが、この犯人は飲酒での運転のみならず、直前に2件の事故を起こし、さらにはひき逃げをした疑いがもたれています。

悪質犯行の女の正体は。。

札幌市西区で飲酒運転の女逮捕!正体は介護士?

この事件は、2021年6月30日(水)の午後8時すぎ、自宅前で酒気帯び運転をした疑いで、36歳の女が現行犯逮捕されたことから発覚。

酒気帯び運転をした疑いで現行犯逮捕されたのは、北海道札幌市西区宮の沢に住む介護士の女、川口美嘉 容疑者(36)で、自宅前で酒を飲んで車を運転した容疑で逮捕されていますた。

当時、呼気からは基準値の3倍以上になるアルコールが検出されたことが明らかとなっています。

警察は、川口容疑者がこの逮捕の直前に、車2台に衝突して逃走した可能性があるとみて、ひき逃げの疑いでも捜査が進んでいます。

スポンサーリンク


直前に2件の事故とひき逃げ?飲酒運転の常習か

川口容疑者は酒気帯び運転の容疑は認めています。

この直前、札幌市西区西野3条10丁目などで車が衝突する事故が多発しており、その現場から逃走した乗用車のナンバーが目撃されており、そこから車を特定して自宅で張り込みをしていたところに、川口容疑者が車に乗って帰宅したようです。

事件後を起こした後に何食わぬ顔で、自宅まで運転を続けて戻ってきていることから、常習犯であった可能性が高く、これまでに数々の余罪があったのではないかと考えられ、むしろ初犯であるならば、そうした行動を何の罪悪感もなくできる人物である、といった非常に恐ろしいことに。

スポンサーリンク




事故現場と、容疑者の自宅はどこ?

事故をおこした現場は2カ所あるようで、北海道札幌市西区西野3条10丁目の交差点付近で、そのうち追突された軽乗用車に乗っていた50代女性が軽傷を負っています。

 
また、自宅の場所は下記の場所あたりであるとされていますが、詳しい場所については判明していません。

札幌市西区宮の沢2条5丁目

スポンサーリンク




川口美嘉 容疑者の顔画像や経歴、情報は?

川口容疑者に関して、顔画像などの情報は公開されておらず、SNSなどでもその情報は特定できていません。

前科(飲酒などの)に関しても同様で、情報は確認できていません。

名前:川口 美嘉(かわぐち みか)
年齢:36歳
性別:女
職業:介護士
職場:不明
住所:北海道札幌市西区宮の沢2条5丁目

▼罪状:酒気帯び運転
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

逮捕容疑は酒気帯びとなっていますが、余罪などからより重い刑が追加されると思われます。

スポンサーリンク




飲酒による小学生5人死傷事故も減らぬ犯行に怒りの声

罰則が重くても飲酒運転する人はするでしょう。自分は事故しない、大丈夫だと変な自信がある。なので絶対無くならないと思う。

こうした犯人は反省することはないから、一生免許はく奪にまた賠償が終わるまで強制的に働かせるべきでは?被害者泣き寝入りの案件が多すぎる。

飲酒運転が減らないのは罰則が緩いからでしょ。飲酒運転は事故判断でやるものだし情状酌量する必要はない。一発で執行猶予無しの禁錮刑と多額の罰金、轢き逃げは殺人未遂にすればいい。

最近トラックで小学生亡くなる事故があったにも関わらず飲酒運転する神経が良くわからないです、飲酒運転なんてやらない人は絶対にやらないしする人間は重罪にしてほしいです。

飲酒運転がまだ減らないのはまだ罰則として緩いからだと思う。事故を起こしてなくても「免許没収&生涯に渡って再取得禁止」くらいすべきだと思う。一度飲酒運転をしたやつに車を運転する四角なんてない。その後無免許で運転したら物理的に運転出来なくなってもらうしかないけど。

痛ましい事故が起きたばかりなのに、平気で飲酒運転する気持ちがわからん。呼気チェックしないと、エンジンがかからないようなしくみを考えてほしい。もちろん、バーコードリーダーで免許証も通さないとエンジンかけれないとかもね。

車にアルコール検知装置を義務化。子供が3人亡くなった事故の後に一時話題になったがどこかの政治の圧力か何かで立ち消えになった感がある。どっちみち、罰を重くすれば現場から逃げる奴が増えるだけ。結果、救護措置も取らずに被害者が亡くなる可能性も高くなる。もともと罰が怖ければ最初から呑まないし、呑んで運転する人種は何があっても関係なしに酒飲んで運転するだろう。車が動かない「仕組み」を作らなければ根本的な解決にはならない。

~こちらも読まれています~
×