事件

北田和彦さん殺害の犯人は誰?現場どこか特定で映像・画像。取手市稲の墓地に我孫子の男性遺体。死因は首を絞殺(窒息死)

6月9日(水)の早朝、茨城県取手市にある共用墓地前の路上で布団にくるまって発見された遺体。

身元不明だった遺体が誰であったのかが判明し、驚きの事実が浮かび上がってきました。

茨城県取手市の共同墓地に性別不明の遺体遺棄

この事件が発覚したのは2021年6月9日(水)の午前5時半ごろのこと。

当時、茨城県取手市稲にある共同墓地西側の路上付近をジョギングのために通りかかった男性(66)が、布団にくるまれた物体を発見。

その後、5時42分ごろに110番通報し、現場に駆け付けた取手署の警官が確認し、その場で性別負傷の遺体であったことが判明(当時、遺体は腐敗などはしていなかったとされています)

この発見された遺体は、体が布団で包まれ、頭部にはタオルで巻かれ、ひもで縛った状態で路上に放置されていました。

茨城県警は遺体遺棄事件として捜査をしていましたが、その後にこの遺体の身元が千葉県我孫子市に住む職業不詳の男性、北田和彦さん(59)であることが判明しています。

スポンサーリンク


死因は窒息死、殺人事件と断定!108人態勢で捜査

発見された北田さんの遺体を警察が司法解剖した結果、首を絞めて窒息死させられた疑いが強まったため、絞殺による殺人事件と断定して捜査本部を設置し108人態勢で犯人の行方などの捜査が開始されています。

北田さんの遺体は下着姿で、顔はタオルケット、体は掛け布団でくるまれていて、白いビニールひもで縛られており、司法解剖した11日の時点で死後2~4日が経過しているとみられることから、殺害されのたは、6月7日~9日の間に殺害されて8日の昼から9日の早朝までの間に、現場となった墓地付近まで運ばれた可能性が高いとみられています。

また、遺体の運搬には車が使われた可能性もあるとみられています。

 

取手市稲、遺体発見の現場はどこ?

遺体が発見された現場は、薬師堂がある共同墓地付近の路上で、現場近くには、アジア取手カントリー倶楽部があります。

茨城県取手市稲

スポンサーリンク




北田和彦さんの情報や顔画像は

殺害された北田さんの身元は判明しましたが、顔画像など事件の進捗につながるような情報はまだ公開がされていません。

名前:北田 和彦
年齢:59歳
性別:男性
職業:不詳
住所:千葉県我孫子市天王台
死因:窒息死(首を絞められたことによる)

発見された現場は、県をまたいでいますが、車でなら15分もあれば十分に移動できる距離であったようです。

遺体遺棄事件にネットの声は

殺人も虐待も自殺も多い昨日も今日も載らない日がない位多いしかも残忍どうしたらこのような最期になるのだろう解せん!

ご丁寧にぐるぐる巻きにしても、すぐに見つかるような所に放置したらすぐに警察沙汰になる事くらい分りそうなものだが、詰めの甘い犯人だな。

街中歩いたり、電車に乗ってる当たり前の行動してる際、強盗や人殺しなどして出所した人とすれ違い何人してんだろうと思うとゾッとはする時ある。

取手近隣だけで、一年で3回も殺人事件が…ちょっと前も取手までは情報が来てたけど、取手近くの千葉で刃物を持った輩が。その前には竜ヶ崎市で、殺人が…そして、今回。

路上に遺体って南米とか麻薬組織が暗躍しているような地域でしかあまり聞かないような事件。。最近日本でもこういうよくわからない殺人事件が増えてますね。コロナのせいかわかりませんが殺伐としている気がします。

最近、茨城というか北関東でこの種の事件多いですね。コロナなどいろいろ今までと環境が変わっているのも原因かも知れないが、とにかく殺人多発は平和だった日本には大きな問題です。一つの事件としてばかりではなく、社会的な問題として対策を考えて欲しいです。

茨城県取手市稲で殺人?現場どこか特定!共同墓地に布団にくるまれ紐で縛られた遺体遺棄、、身元や死因は6月9日(水)の早朝、茨城県取手市の路上で、成人とみられる遺体が発見されました。 静かな街中で起きた事件に驚きと不安の声が上がって...
~こちらも読まれています~
×