事件関連の情報

首里城炎上の原因判明?火災時の至近距離動画SNS拡散の謎と収蔵品の無事を追跡

2019年10月31日(木)に沖縄の那覇市にある首里城で起こった火災について、火災の原因究明や、その際に撮られたと思われる動画の謎、収蔵品の消失や無事の確認など、様々なことが調べられています。

火の消化が完了して2日が経過し、まだまだ分からないことも多いですが、その中でも少しずつ情報がまとまってきているようです。

今回は、首里城炎上にまつわる様々な疑問などを検証していきたいと思います。」

沖縄県の首里城で正殿と北殿が全焼。出火原因は?世界遺産の延焼に消火活動続く10月31日(木)午前2時40分ごろに沖縄県、那覇市にある世界文化遺産である「首里城」が炎上しているとの通報がありました。 朝6時...
【速報】沖縄県、首里城で火災!消火活動も世界遺産全焼!?火事の原因は?【中継動画】10月31日(木)午前2時50分ごろ、沖縄県、那覇市にある世界文化遺産の「首里城」で火事が起こっているといった情報がはいりました。 ...

スポンサーリンク


首里城火災の原因は?

那覇市の首里城で木造3階建ての正殿などが焼失した火災は、沖縄の方はもちろん、多くの方に大きな傷を残しました。

この火災が発生したと思われる時間帯、正殿1階で炎が噴き上がる映像が防犯カメラに記録されていたことが11月2日に分かったとの最新情報がはいりました。

 

また、沖縄県警は、警備員らの証言「正殿の裏手にある1階の北寄りの窓から煙が激しく出ているのを目撃した」といった証言なども踏まえ、正殿1階が火元とほぼ断定し、火元とされる正殿1階の北側の焼け跡から焦げた分電盤が見つかっていたことも判明しました。

現状では、この分電盤が火災の原因では?とされていますが、県警は火災との関連の有無を慎重に調べており、炎が上がっていた北側を中心に実況見分を進め、出火原因の特定を急いでいるとのことです。

また、捜査関係者によると、正殿内に外部から侵入した形跡はなく、県警は放火の可能性は低いとみているとのことです。

スポンサーリンク


火災時の至近距離動画はどこから?

首里城火災の様子がSNSなどを中心に、インターネット上で拡散されていますが、この火災映像で「至近距離から撮影した」とされる映像についてどうやって、だれが撮影したのか?といったことが謎とされています。

映像は消化作業をしている際中の正殿を捉えたものであるとされていますが、この撮影をしたのは消火活動中の消防士や警備員では?との声も出ましたが、消防士や警備員はそれを否定しているため、だれがどのようにして消火作業中の正殿を近距離から撮ったのかというのは謎となっています。

首里城が炎上している様子を間近で撮影したとみられる動画がツイッターで拡散されている。消火活動中に現場にいたのは、消防隊員や施設関係者などごく一部。消防や警備会社は「炎上する様子の動画は映していない」と否定しており、拡散された経緯は分かっていない。

城内の御庭(ウナー)内で撮影されたとみられる約15秒間の動画には、正殿や南殿、北殿が激しく燃えている様子が映り、拡声器のような物を片手にした人影もある。

※参考:沖縄タイムス

実際の映像

那覇市消防局のコメント

正殿の屋根が落ちていないので午前2時半~3時くらいだろう。(動画撮影については)とても動画や写真を撮影できる状況ではなかった。

警備会社のコメント

警備員は動画を撮っていない。そんな状況ではなかった。

スポンサーリンク


収蔵品はどれくらい無事なのか?

今回、炎上した首里城に収蔵されていた各種の品々について消失が確認されたのは約1500点という収蔵品や展示物のうち、琉球王国の資料などが約400点とされています。

この収蔵されていた400点については、絵画や漆器、書跡、染織などのうち、琉球王国を支配した尚家に伝わる資料とのことです。

残りの酒造品については耐火性のある二つの収蔵庫に保管されており、約1100点は焼失していなかったと発表がありました。

ただ、火災時の熱や消火活動で傷んでいる可能性はあるため、こちらは専門家を交えて状態確認を進めているとのことです。

スポンサーリンク


首里城焼失の歴史

首里城は、これまでに過去4回に渡って焼失がされており、今回で5回目となるとのことです。

1453年:志魯・布里の乱(しろ・ふりのらん)
琉球王国の第1尚氏王統5代、尚金福王の死後、王世子の志魯と王弟の布里が、王位を争った乱のことで、この争いで首里城が全焼。

1660年:火災によって消失(詳細不明)
1709年:火災によって消失(詳細不明)
1945年:第二次世界大戦
第二次世界大戦の際におきた沖縄戦でもアメリカ海軍の艦艇からの砲撃にて焼け落ち、琉球王国時代の文化財や資料が多く失われていました。

2019年:火災によって消失(原因究明中)

スポンサーリンク


ネットの反応

沖縄県の首里城で正殿と北殿が全焼。出火原因は?世界遺産の延焼に消火活動続く10月31日(木)午前2時40分ごろに沖縄県、那覇市にある世界文化遺産である「首里城」が炎上しているとの通報がありました。 朝6時...
【速報】沖縄県、首里城で火災!消火活動も世界遺産全焼!?火事の原因は?【中継動画】10月31日(木)午前2時50分ごろ、沖縄県、那覇市にある世界文化遺産の「首里城」で火事が起こっているといった情報がはいりました。 ...
~こちらも読まれています~