事件

がーどまん宅に花火100本、犯人特定される!TikTokに動画投稿、Twitter拡散で情報続々。悪質犯の罪状は?

YouTuberとしての活動をしているグループ「がーどまん」が、2021年5月13日に自宅に花火を投げ込まれるといった被害にあったことを明らかにしています。

自宅に花火を打ち込むといった行動は、放火に等しい行為であり、悪質な犯罪。

犯人の男が、自らの行動を動画投稿サイト「TikTok」に投稿をしており、大きな注目を集めています。

スポンサーリンク

YouTuberがーどまん宅に花火が撃ち込まれる

この事件が明らかになったのは、2021年5月13日(木)にYouTuberとしての活動をしているグループ「がーどまん」があげた動画によって。

この動画内で、自宅に花火を投げ込まれたことを明かし、犯人はTikTokユーザーによるものであるとして、その事件映像などが公開されています。

この動画内で、犯人の男の顔画像がちらちらと見えていますが、動画の状況から考えると最低でも2人はいた可能性が考えられます。

スポンサーリンク


がーどまんが犯人の情報を募集、犯人画像特定される

この事件で、「がーどまん」はTwitterにて犯人の顔写真、アカウント、ユーザー名、乗っていた車種、ナンバーなどを公開し、情報の提供を呼び掛けており、すでにほぼほぼ特定の段階にあるようです。

スポンサーリンク




悪質、住宅への花火打ち込み事件罪状は?

今回の事件、住宅への花火打ち込みはかなり悪質で、玄関の横にはガス管(プロパンガス)が通っていたようで、一歩間違えれば周辺の住宅街を巻き込む大爆発が起きていた可能性が考えられるとされています。

人が住む住宅への放火は「現住建造物等放火罪」として、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役とかなりの重罪。

警察や店舗などへ花火が撃ち込まれるといった事件は、度々起きているようですが、その際は「威力業務妨害罪」で3年以下の懲役または50万円以下の罰金として扱われているようです。

今回の場合は、かなり大きな炎が上がっているのがみられ、火事になってもおかしくないレベルのものであるため、前者の容疑となる可能性は十分に考えられると思われ、むしろそうでない場合は、悪質行為の助長となるため、厳罰が下されることが望まれます。

 
ちなみに、罪状として「ガス漏出等罪」というものがあり、ガス、電気又は蒸気を漏出させ、流出させ、又は遮断し、よって人の生命、身体又は財産に危険を生じさせる行為を処罰する(刑法第118条第1項)。法定刑は3年以下の懲役又は10万円以下の罰金とされています。

スポンサーリンク




tiktok利用した悪質事件にネットの声は

普通に事件物。YouTubeのダメなポイント。やって良いことと悪いことの区別が付かなくなる。

このあと裁判等で開示させるんだろうけど、個人情報保護を理由にあらゆる暴挙の証拠を秘匿してくれるならTikTokはあらゆる犯罪の隠れ蓑にできるな。運営会社ちゃんと考えてる?

TikTokって刑事事件になるような件でも開示出来ないんですか?あと、花火は束ねると火力が増して危険。それで運悪くガスボンベとガス管との間のホースなどに火が移ったら危険。

You Tubeのチャンネルは見たことないけど、きっと今回の行為を助長するような言動はあったのかなと思ってしまう。もちろん犯人のやったことは犯罪級だが、間接的な責任は自身にもあるはず。ユーチューバーだからって、なんでもやっていいわけじゃない。

これはやり過ぎだ。犯罪だよね。即逮捕して今後の歯止めをする必要がある。という事は大前提で、その境目を曖昧にしてるのは、いわゆる炎上系という人達でもある。あえて人を不愉快にするモデルをビジネスにする事は如何なものかと思う。

このガードマンとやらが誰かは知らないし普段のこの手の連中の行いのせいで自作自演の可能性も疑ってはしまうが…とりあえず令状ありでも個人情報保護とか言って情報を隠すのであればtiktokの日本国内での通信は禁止するべきだろ。

~こちらも読まれています~
×