事件

泉佐野、1.5億円着服の職員名前や顔画像は?健康福祉部の非正規職員による横領方法とは。

泉佐野市の職員が、約1億5000万円にのぼるほどの、多額の金銭を着服していたことが判明し、懲戒免職処分となったことが公表され、大きな注目を集めています。

犯行は、10年以上つづけられていたとされており、なぜそのような多額の金額が横領されている事実に気付かなかったのか?

スポンサーリンク

泉佐野市の非正規職員による1.5億円の着服が発覚

大阪府泉佐野市の介護保険課に勤務していた女性職員(59)が、2021年2月分の介護給付サービス金を不正に支出して105万円あまりを着服していたことが発覚し、その後に詳しく調査を行ったところ、過去10年にもわたっての横領を続けており、総額は1億5000万円にものぼることが判明しました。

この職員については、2021年3月29日(月)付で懲戒免職となっています。

市の職員による膨大な金額の横領事件、なぜこのような事件がおきたのか?

スポンサーリンク


市の職員による横領事件、大体不敵な犯行方法は?

今回の横領事件を起こした元職員は、どのようにして多額の金銭を着服していたのか?

女性職員は、要介護認定者の住宅改修費や福祉用具購入費に対して、介護給付サービス費が支払われる制度を悪用し、既に死亡した人を装い、架空の申請を行っていたとされています。

この職員は、給付金に関する業務を担当していたことで、それらに対する知識が多くあったことから、この方法を思いつき横領していたと考えられます。

 
事件の発覚、2021年2月からこの給付を行う方法が変わり、口座振り込みの方法になったことで、別の職員が確認作業を行ったところ、女性職員とその家族に振り込まれたことがわかり、事件が発覚しています。

この給付は、2021年2月に支給決定されていたもので、死亡した認定者を対象に8件の架空のデータを捏造して支給決定通知書を作成し、約100万円を着服していました。

スポンサーリンク




10年以上着服行為を続ける、その動機は何?

市の聴取に対して、女性職員は「平成21年ごろから着服を続けていた」と容疑を認めているとされています。

さらに、市が過去のデータを確認したところ、平成21年度~令和2年度になるまでの間に少なくとも、1217件について同様の手口で金銭を横領しており、その被害額は約1億5千万円にのぼるとされています。

犯行動機に関して、女性職員は「生活費に困ってやった」と話しているといった情報が出ています。

ただ、別ン情報では、旅行や車の購入費にあてたと話しているとされており、お金に貧窮してといったものではなく、贅沢三昧をするための犯行であったようです。

この事件に関して、泉佐野市は女性職員を刑事告訴する方針を出しています。

スポンサーリンク




泉佐野市が1億5000万円の着服に気付かなかった理由は?

今回の事件、犯行に気付かなかった理由は、こうした横領事件が度々起きているのと同じで、それらの数字を管理する担当者が少数であったためであると思われます。

また、詳細情報はでていないものの、既出の情報からでは銀行振込など数字で相手への、紐づけがしっかりと確認できるものではない支払方法の抜け道を悪用した形での犯既であったようです。

また、泉佐野市といえば、「ふるさと納税」で有名となった市でもあり、かなり多くの資金が集まっていたようです。

そのため、金銭に関する管理も甘くなっていたのではないかと考えられます。

スポンサーリンク




1億5000万円を盗んだ女性職員の名前や顔画像は?

今回の事件をおこした女性職員について、なぜか名前や顔画像についての情報が公開されていません。

非正規とはいえ、市の職員であったためなのか理由は不明ですが、刑事告訴の段階に進めば、全ての情報が公開される可能性も考えられそうです。

名前:不明
年齢:59歳
性別:女
職業:泉佐野市の非正規職員(会計年度任用職員)
   ※介護給付サービス費を支払う業務担当
職場:泉佐野市健康福祉部
住所:不明(泉佐野市?)

▼罪状;業務上横領罪??
10年以下の懲役
※現在、逮捕などはされていないようですが、刑事告訴へと手続きが進めば上記の罪状になるのではないかと思われますが、お金が戻ってくるのかは不明。。

スポンサーリンク


大規模な横領事件にネットの声は

11年も気付かない管理体制が信じられない。この手の事件は何故か女性が多い。
会社の経理等お金を任せっぱなしの場合は、定期的に担当を入れ替えるなりしないと危険。

最も悪いのは不正な事務処理で公金をだまし取った女性だが、
これほどの金額になるまで全く気づかなかった泉佐野市にも責任の一端はあると思う。

振込んだ口座名義人の家屋や車売っても賠償できそうにない額だな。自己破産でも何でもさせてできるだけ回収。
で、横領での自己破産は生活保護は受けられない制度にするべきだな。

なにこの人たち? 誰に向かって謝ってるんだかね。平均すると毎月10件弱、一軒当たり100万円超だよ。
それを11年も気づかないって、どうして?このニュースが変なのは、何がきっかけで露見したか分からないことだよな。

直属の上司や組織のトップは責任取って肩代わりして返すか、退職金返上して給与からも返せよ。
おまえらが部下をまともに見なかったり、糞なシステムでやってるからこうなるんだろ。ちゃんとした責任取れよ

非正規職員なら正規職員の補助的な事務をしていると思う。金銭の扱いは重い責任が伴うから
通常は正規職員の担当だろう。なぜ非正規の職員が一人で1億5千万もの公金を
横領できたのか。はなはだ疑問だ。内外に共犯者がいたのではないか。

支出の際に収入役がチェックするだろう。フリーパスだったのか。上司はハンコを押すだけだったのか。
定期監査でなぜ不正が発見できなかったのか。市の管理体制に構造的な問題があるような気がする。
高い介護保険料を払っている市民はやりきれないだろう。

~こちらも読まれています~
×