事件

幸田勇治の顔画像は?富山市飯野の現場どこか判明!包丁持ち暴れる男、発砲受け死亡。夜中の刃物騒動、警官出動で拳銃銃撃

速報です。

3月22日の深夜、富山市飯野の路上で、刃物を持った男が暴れており、警官が出動・警告の末、発砲で死亡したことが明らかになりました。

深夜に起きた騒動に周辺住民は、戦々恐々とした気持ちでした。。

スポンサーリンク

富山市飯野の路上で包丁持ち暴れる男、発砲で死亡

この事件がおきたのは、2021年3月22日(月)の日午前3時30分ごろのこと。

富山県富山市飯野の路上で、包丁を持った男が暴れているといった110番を受け、駆け付けた富山中央署員の男性警察官2人が男に職務質問しようとしたところ、男が「刺してやろうか」と言いながら包丁を突き出して向かってきました。

警察官2人が再度の警告したがさらに5mの距離にまで近づいてきたため、巡査部長が拳銃1発を発砲。

弾は胸部に命中し、暴れていた男は富山市民病院に運ばれたが、通報から約1時間後の同日4時25分に死亡が確認されています。

スポンサーリンク


死亡の男は誰?幸田勇治の犯行動機は何?

今回の事件で、刃物を持って暴れていた男は、現場近くに住む無職の男で、幸田勇治 容疑者(38)。

当時の通報は母親が付近住民を通じて110番通報をしたものですが、なぜそのような犯行に及んだのかは不明となっています。

 
富山中央署の奥村武志副署長は、今回の事件の発砲に次のように答えています。

「警察官の命を守るため、適正な職務執行だったと考えている」

※こうした発表は毎回行われるのは、毎回一部の問い合わせがくるためと思われる。

スポンサーリンク




富山市、刃物騒動で発砲の現場はどこ?

事件がおきた現場は、富山市飯野の富山県道65号が通る、富山大沢野線の道路から近くにある住宅街の一角

富山県富山市飯野

スポンサーリンク




幸田勇治 容疑者の顔画像や情報、前科は?

刃物を持って暴れた末、死亡した幸田勇治容疑者について、顔画像などはこれまでにまだ公開はされておらず、SNSなどでも特定はできていません。

名前:幸田 勇治
年齢:38歳
性別:男
職業:無職
住所:富山県富山市飯野
死因:弾が胸にあたったことによる失血死か?

▼罪状:殺人未遂・銃刀法違反?
容疑者死亡での送検となると思いますが、行動から「銃刀法違反」や「殺人未遂」などが出るのではないかと思われます。

死刑または無期もしくは5年以上の懲役
2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

スポンサーリンク




深夜の住宅街でおきた騒動にネットの反応は?

撃ったという心理的ショックが大きいんだから、警察官の正しい行動だったと認めていかないとだめだよ。

警官の迅速な対応で地域の安全が守られて何よりです。今現在聞く限りは適正な発砲だと思います。
色々ショックはあるかもしれませんが、安全を守って頂いてありがとうございますと伝えたいです。

死亡した男が、もし女性や子供に対峙していたら恐らく犠牲者が出ていただろう。
発砲した警察官は国民を守るため、正義を為すために引き金を引いたのだと誇りを持って欲しい。

「刺してやろうか」と言いながら、警察官に刃物を突き出した。って、普通の考えの人じゃないね。
警察官が駆けつけてなかったら、一般人を無差別に殺傷してたかも知れない!正当防衛だろう!

刃物持って襲ってきたし 警告もして発砲したんだから職務を全うしたから問題ないでしょう
日本は甘いんです。警察官は拳銃を所持できるなら危険の時は躊躇わず撃つ事が必要です。
それだけの犯罪をしているのだから 撃たれて死亡しようが、怪我をしようが犯罪を行った者が悪い。

この男は、朝方のだれもがみな寝ている時間帯に何者だったのだろうか。
酔っ払いなのかどうかは報じられていないが、警官はこの場面では撃つしかなかったのだろう。
わずかな時間差で自らの命も落としかねない様子です。しかし、怖いですね。

警察官が拳銃を使用する基準として、「犯人の逮捕もしくは逃走の防止」「自己もしくは他人に対する防護」
「公務執行に対する抵抗の抑止」のいずれかに該当していなければならず、さらに相手に向けてけん銃を撃てる基準として、
「正当防衛若しくは緊急避難に該当する場合」などが規定されていることから、凶悪犯罪者が
逃亡しようとしたからといって、すべて相手に向けてけん銃を撃つことができるわけでないのです。

さらに、相手に向けてけん銃を撃つ場合、自己の命や人質等の被害者の命が危ない場合のような
急迫した事態と判断した場合にかぎり、相手に向けけん銃が撃てると規定されています。
本件は刃物を持った男性が発砲により亡くなったことは大変残念でありますが、
刃物を持って向かってきた事実があり、もしこの場で制圧しなければ、警察官の命や付近住民の
危険にも及ぶ可能性もあることから、上記の規定から考慮するに正当な使用判断と考えられます。

※こちらの事件は、さらに詳しい情報などが入り次第、追加・更新していきます。

~こちらも読まれています~
×