事件

木村紗良ちゃん、快人くん、仁菜ちゃんが犠牲に、田川市伊加利で無理心中の母親の名前と顔画像は?

3月14日の午後、福岡県田川市にある駐車場で、車の中から成人女性と子ども3人の遺体が発見されました。

無理心中を図ったとされているこの事件、、その背景にはどのような事態がおきていたのか?

スポンサーリンク

田川市伊加利の駐車場で母親が子供3人と無理心中

この事態が明らかになったのは、2021年3月14日(日)の午後4時5分ごろのこと。

福岡県田川市の駐車場に止まっていた乗用車内で、近くに住む無職の女(37)と、その子ども3人の遺体を親族が発見し、通行人が通報しました。

4人の死因はいずれも急性一酸化炭素中毒であり、発見当時に車は施錠されており、また車内からは七輪と使用済みの練炭が発見されました。

この事件を捜査をした福岡県警田川署は、車内から発見された遺書の内容から、母親が無理心中を図ったとみてより詳しい捜査をしています。

スポンサーリンク


田川市の無理心中、死亡したのは誰?父親や親族とは?

この事件が発覚する前日である3月13日(土)から母親は、子供3人を連れて外出していましたが、日付が変わっても帰宅していなかったことから、同居していた親族が探していました。

翌日の3月14日(日)になって、市内の駐車場で車を発見しましたが、すでに全員が死亡していました。

死亡していたのは、母親である37歳の女、3人の子供達は小学5年の長女である木村紗良ちゃん((11)、小学1年の長男の木村快人くん(7)、未就学の次女の木村仁菜ちゃん(2)で、車内には夫や親族に宛てた遺書が残されており、子育てや生活への不安が記されていたとされています。

※家族について
母親は数年前から夫とは別居をしており、長女の紗良ちゃんは、約1年前から仕事で東京にいる父親の元で生活していましたが、事件が起きる約2週間前から母親の家に遊びに来ていたとされています。

※同居していたとされる親族については関係性は不明ですが、母親の実家はないかとされています。

スポンサーリンク




田川市伊加利の無理心中の現場となった場所はどこ?

現場は、コインランドリーなどの店舗が立ち並ぶ一角の駐車場でした。

福岡県田川市伊加利

スポンサーリンク




無理心中の母親の名前や顔画像は?過去に子供へのDV?

子供を道連れに無理心中をした母親について、まだ名前や顔画像は判明していません。

名前:不明
年齢:37歳
性別:女
職業:無職
住所:福岡県田川市
死因:急性一酸化炭素中毒

 
数年前から夫とは別居していたようで、実家に身を寄せていたと思われますが、事件の1年前には長女が夫の元で過ごしていましたが、長男と次女は一緒に暮らしてたいたりと、複雑な背景があったと思われます。

また、母親について福岡県警田川署が、2020年11月にDV(家庭内暴力)の疑いがあるとして県田川児童相談所に通告していたことが明らかになっています。

2019年、田川児童相談所に「母親が長男に殴る蹴るなどの虐待をした」という情報が寄せられ、複数回指導を行っていたといった情報。

2020年11月には、母親から別居する父親に送られた「死ね」といったメールや電話が子供を精神的に苦しめているという相談も警察に寄せられ、警察が児相に通告しています。

警察は、母親を殺人の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針としています。

死亡した子供達について

今回の事件で、死亡していた子供達についての情報は下記の通り。

▼長女
名前:木村 紗良
年齢:11歳
性別:女の子
職業:小学生(5年生)
住所:東京都府中市(父親と一緒に住んでいた)
死因:急性一酸化炭素中毒

▼長男
名前:木村 快人
年齢:7歳
性別:男の子
職業:小学生(1年生)
住所:福岡県田川市
死因:急性一酸化炭素中毒

▼次女
名前:木村 仁菜
年齢:2歳
性別:女の子
職業:未就学
住所:福岡県田川市
死因:急性一酸化炭素中毒

スポンサーリンク




続く心中事件、、子供達の悲惨な最後に、ネットの反応は

悲しいな…何があったか分からないが、子どもまで巻き添えになるのは実に痛ましい。
コロナで悲観したのかもしれないが、子どもだけは絶対守らないと。死ぬ以外にも道はあったと思う。

ただただ痛ましい。我が国の為政者やその取り巻き連中は私利私欲の限りを尽くしているが、
この現実に何を思うのか。きっと都合の悪い現状には目を向けず都合の良い事ばかりに
目を遣る彼らの視界には入っていないのだろう。この国にもう希望はない。

本当に涙が出ます。何か救える方法が無かったのかと後悔の念が積もるばかりです。
自ら命を絶つのは良くないとは分かっていても逃げ道が無かったから、
そうするしか選択が無いくらい追い詰められていたのだと察します。合掌

詳しい事情は分からないが、母親は自分の自殺に子を巻き込むべきではない
何らかの理由で育てることが困難になり、一緒に暮らすことが出来ないなら、
子を施設に預けて生かす手立てを作ってから自分は自由にしたらいい。

今の環境下で子だくさんだと家計が厳しかったり将来に悲観したりしてしまうかもね。
しかもDVがあったとも聞くし育児ノイローゼかな・・・国はたくさん子供を産んで欲しいと言いながら、
支援がおざなりになってるかも知れない。金銭的な支援より、
子だくさんサポート的な支援を継続的にできたらいいのに。子供達が不憫でしょうがない。

子供3人の名前は出ていて、37歳の母親の名前だけ伏せられる・・・
こんなパターン、ほかに記憶が無いわ。
他の記事によると、この母親は、生前は子供へのDV、夫と長女と別居、
そして長女も揃ったタイミングで子供3人を道連れに自殺・・・
間違いなく精神病だったね。こういうパターンを思うと、
「医療保護入院」という存在を、もっと世間に周知させるべきだと思う。
「人権がー」のせいで、警察も児相も、手をこまねくしか出来ないもんな

~こちらも読まれています~
×