MENU
事件

赤堀恵美子、母親洗脳以前に前の夫家族名義で借金し逃走!福岡児童相談所が碇容疑者の親族が子供引き取り要請も拒否し隠蔽?

2020年4月に福岡県篠栗町でおきた、5歳男児餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で、母親の碇利恵 容疑者(39)と知人の赤堀恵美子 容疑者(48)が逮捕されていますが、赤堀容疑者の悪質な犯行が、続々と明らかになっています。

スポンサーリンク

篠栗町の5歳児餓死事件、赤堀容疑者の悪質犯行明らかに

この事件は、2020年4月、母親の碇利恵容疑者(39)とママ友として知り合った赤堀恵美子(48)容疑者が、5歳だった碇容疑者の三男である「翔士郎ちゃん」を餓死させたとして逮捕されたもの。

当時、母親の碇容疑者は、赤堀容疑者の洗脳下にあったとされており、事件の裏側がじょじょに明らかになるにつれ、衝撃の事実が判明してきています。

子供を死亡させるまでに至った凶悪事件、行われていた悪質犯行とは。

スポンサーリンク


赤堀恵美子の悪質犯行の数々

赤堀容疑者が碇容疑者や、その子供たちに対して行っていたとされる行為、以下のものはそれでも一部であるとされています。

・旦那が不倫をしていると嘘の情報を刷り込む
・離婚させる
・架空のトラブルをでっち上げ現金をだまし取る
・ヤクザやボスなどの存在で脅す
・嘘の情報で碇容疑者の知人・友人・親族などから孤立させる
・消費者金融にお金を数百万円を借りさせる
・生活保護費などを搾取
・発覚を防ぐため幼稚園を退園させる
・食料を配給制にして管理
・監視カメラの存在などで不安に陥れる
・長時間立たせたり、眠らせないなどの行為

5歳の翔士郎ちゃんが餓死する中、こうした犯行で、まさに私腹をぶくぶくと肥やしていた悪辣非道な犯人、、赤堀恵美子に日本全国から怒りの声が出ています。

スポンサーリンク




赤堀容疑者が前夫家族にも詐欺事件を起こしていた?

5歳児を殺害した(実質的に)赤堀容疑者について、現在の夫とは別に十数年前に大分県内で結婚していましたが、1年もたたないうちに、当時の夫らに数百万円の負債を残して突然失踪していたことが明らかになっています。

赤堀容疑者は当時、元夫と義理の両親の4人で暮らしていたとされていますが、元夫の1カ月分の給料を数日で浪費するなど、その金遣いの荒さを義母から注意されていたようです。

そうした日々が続いたある日、赤堀容疑者は車で家を出る際に、親族が「何時に帰るのか」と聞いたところ、「分からない」と答え、そのまま行方ががわからなくなっていました。

 
しかし、その後、赤堀容疑者が元夫の名義で消費者金融から借金をしていたことや、使っていた義父名義の携帯電話の月間料金が約20万円を超えるなど、次々に高額な請求書がと届いたとされており、その総額は数百万に上るとされています。

元夫家族は、赤堀容疑者とは連絡が取れないまま数年後に、容疑者方の親族を通じ離婚手続きをしたとされています。

また、赤堀容疑者は福岡県篠栗町で再婚していましたが、知人らには「元夫からDV(ドメスティックバイオレンス)を受けたので、約10年前に篠栗町に逃げてきた」と話していたようですが、元夫の親族は「DVの事実はない」と反論しています。

こうした一連の事件を起こしている人物であるため、周りに話していたないようはほぼ全てが嘘であったと思われます。

スポンサーリンク




福岡児童相談所が事実隠蔽?

そうした中、この事件に対して対応をしていたとする「児童相談所」にも注目が集まっています。

事件が公になった後、福岡児童相談所は会見を開いて、当時の状況などを述べていたようですが、その行動に不審な点が出てきているようです。

福岡児童相談所は、20年3月の家庭訪問で翔士郎ちゃんの元気な様子が確認できたため「(当時は)差し迫った危険はないと判断した」と会見では述べていたようですが、翔士郎ちゃんの死亡時の体重は平均の半分の10kgほどしかない状態であり、家賃滞納による強制退去で3月下旬に転居をしている状況でした。

 
また、2020年3月12日、碇容疑者から「金を貸してほしい」と無心された親族が児童相談所を訪問した際に親族は、碇容疑者に「経済的に困っているのなら、子供たちを預かろうか」と提案したが受け入れられなかったとして児相に対応を求めていました。

その後も、何度も親族が打診をしており、碇容疑者が転居した後の4月8日には、転居先を教えてほしいと求めたが、児相は「個人情報で教えられない」と回答しており、翔士郎ちゃんはその10日後に死亡しています。

さらにそのような状況を把握していながら、3月上旬に訪問した以降は、翔士郎ちゃんの状態を確認していなかったことも明らかとなっていますが、児童相談所の対応として一切問題はなかったというような回答をしています。

 
子供を守るために児童相談所、しかし対応には権限がないため強行できない、といった声もあるようですが、一方では虐待と思い込んだ児童相談所が半ば誘拐と思える対応をしている事例もでており、その行動の差はなぜ起きているのか?

スポンサーリンク




福岡5歳児餓死事件の闇、、ネットの声は

助けようとしている親族がいたのに児相は何故、子供に合わせない母親と割って入ってくる
ババアの話に耳を傾けて子供達が生きているか大丈夫なのかと心配していた親族は遠ざけたの?

正直、この見た目と態度からして、関わらない方が良いと思うのが普通。だから、ママ友とか
無駄に知り合い作らない方が良いんだってば。挨拶程度にしておいたら、隙につけこまれない。

児相は「16回も訪問したんです。我々もやるべきことはやってるんです」って姿勢。
一般人は「16回も行って変化に気づけないのがおかしい。怠慢だ」って姿勢。
どちらが正しいのかね?言えるのは公務員の感覚とそれ以外の人たちの感覚はズレてることは明白だね。

翔士郎ちゃんが亡くなる数日前に、珍しくスーパーで『好きなもの買って良いよ』という機会があったのだとか。
餓死寸前の彼が選んだのは母親の好きなお菓子だったそうだ。それを訊いて私は涙が出た。
恐らくはその時、母親が愚行に気付き翔士郎ちゃんを救う事が出来た最後のチャンスだったのだろう。
そしてそのチャンスは生かされる事が無かった…。

児相は所詮お役所仕事と叩かれるのは避けられないけど、もしかしたら一人あたりの
抱える案件が多すぎたり、専門の知識を持った職員が少なかったりするのかもしれない。
叩くだけではなく、こうなってしまった背景に目を向けて早い改善を求む。
これまでも児相が介入していながら最悪の結果になってしまったことはあった。
何回同じ過ちを繰り返しているのか。

生活保護を受給している様な方が1000万も用立て出来る事がすごいな。
この母親なんか可哀想だよ。マインドコントロールされた事ないからわからないけど、
言いなりになってしまうんだろうな。だって自分の子供が可愛くないわけない。
おそらく周りは気付いてたんだろう。関わりたくないから見て見ぬふり。
まぁ、これも仕方ない。そういう風潮だから。社会の闇だよ。

赤堀恵美子と碇利恵の顔画像公開!翔士郎ちゃん(5)餓死方法がヤバイ、、子供のご飯奪い肥え太る。福岡県糟屋郡篠栗町の惨劇2020年4月に福岡県で起きた、幼児の餓死事件について、母親とその知人の女が関与していたとして、その動向に注目が集まっています。 ...
~こちらも読まれています~
×