事件

吉井勇人の顔画像は?奈良公園、斧でシカ殺害!動機がヤバイ、、三重県松阪市久保町のとび職の猟奇的犯行防犯カメラに映像

2月7日、奈良公園で、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」を刃物で殺害したとして、三重県の男(23)が逮捕されました。

シカを殺害するに至った犯行動機とは?

スポンサーリンク

奈良公園「奈良のシカ」が斧で殺害される、、

この事件がおきていたのは、2021年2月7日(日)の午前2時過ぎのこととされています。

文化財保護法違反の疑いで逮捕されたのは、三重県松阪市久保町に住むとび職人の男、吉井勇人 容疑者(23)

吉井容疑者は、奈良市の奈良公園で、推定年齢11歳になる雌鹿1頭を、鋭利な刃物(斧)を叩きつけて死なせた疑いがもたれています。
※斧であるため切り付けるではないもよう。

深夜の公園で起きた、惨殺事件はなぜおきたのか?

スポンサーリンク


吉井勇人、鹿殺害の犯行動機と事件経緯は?

この事件は、2月7日の午前2時半ごろに通行人の男性から「負傷して動かない鹿がいる」といった110番があり、駆け付けた警察官が確認したところ、頭蓋骨が割れ脳まで達する傷を負った鹿が発見され、その後に防犯カメラの映像から、吉井容疑者が特定され逮捕された事件。

逮捕後に吉井容疑者は容疑を認めているようですが、その犯行動機がヤバイです。。

「シカと遊んでいたとき、突然車に体当たりしてきたため腹が立ち、殺してやると思って、おのでシカの頭を力いっぱい切り付けた」

深夜になぜ斧を持っていたのか?また、奈良公園から吉井容疑者の自宅とされる場所までは、車でも2時間はかかる距離であり、なぜそのような場所にわざわざ出向いたのか?といった大きな疑問が残り、このことからすると元々殺害するために訪れた可能性が考えられます。

スポンサーリンク




吉井容疑者による鹿殺害の事件現場はどこ?奈良公園

現場は奈良公園の園内であったようですが、詳しい場所については公開がされていません。

園内はかなり広い範囲ですが、深夜に通行人が発見したということのため、街中に近い場所であったと思われます。

スポンサーリンク




吉井勇人 容疑者の顔画像や経歴・前科は?

吉井容疑者について、顔画像などのが情報は公開されておらず、SNS上でも本人を特定できる情報は判明していません。
※引き続き調査中

名前:吉井 勇人(よしい はやと)
年齢:23歳
性別:男
職業:とび職
住所:三重県松阪市久保町

▼罪状:文化財保護法違反
5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

 
奈良のシカは古代から「神鹿」として保護の対象となっており、死なせると死罪になる時代もあったとされています。

また、2010年にはボーガンの矢で撃たれたシカが死ぬ事件があり、この事件で2人が逮捕・起訴され、奈良地裁により有罪判決を受けていた過去もあるようです。
 

スポンサーリンク




オノでシカ殺害の男にネットの反応は

動物の虐待して喜んだりストレス発散するような人間はいずれ、
もの足りなくなりエスカレートする。罪が軽すぎると思う。

動物であっても奈良のシカは文化財だから文化財保護法違反になるのね。。。
シカだったから捕まえることできたけど他の動物への虐待等の余罪もありそうな気がする。

腹が立って斧で殺すという図式が理解不可能。程度の差はあれ、自制が効かない人間は
何をしでかすかわからない。人間に刃が向くのも時間の問題だったかも。

人間慣れしてるとはいえ、野生に近い生活をしてる鹿が人間世界のルールや理を知るはずがない!
鹿からすれば、車に傷をつけることだって悪いことだなんて思ってもない。
殺意の感情で鹿の命を奪う行為は到底許されるものではありません。

刃物を持ち込んでいる時点で既に銃刀法違反で良い。護身とは言うけど
実際に所持している刃物で正当防衛となった例は聞いたこともない。
何も怖がらずに歩み寄ってくる鹿の姿を思うと不憫で仕方がない。

シカの殺害の他に猫の虐待や鳥がボウガンで撃たれたりするような事件の扱いが軽すぎると思う。
動物から人間にエスカレートしかねないしこのような危険思想の持ち主が
近所で住んでたら怖いしその為にも顔や名前を載せるべきだと思う。

~こちらも読まれています~
×