MENU
事件

高安秀次さん死亡、ひたちなか市の病院や事件現場はどこ?犯人は誰?知人女性の関係は。全身にあざ?殺人事件か。

2月24日(水)朝、茨城県ひたちなか市にある病院に運ばれ、その後に死亡した男性について、不審な死の原因と、その身元が明らかになりました。

男性はなぜ死亡したのか?

スポンサーリンク

ひたちなか市の病院に全身にあざのある男性が

この事件は、2021年2月24日(水)の8時54分ごろ、茨城県ひたちなか市にある病院に一人の男性が運び込まれたことから発覚します。

病院に運び込まれた男性は、千葉県香取市三島に住む職業不詳の男性、高安秀次さん(39)

知人の女性(30代)が運転する車で病院に運ばれてきましたが、すでに心肺停止の状態で、間もなく死亡が確認されもの。

この死因について司法解剖の結果、筋挫滅による外傷性ショックだったと発表され、高安さんが何らかの暴行を受けて死亡したとみて、警察が傷害致死事件として調べています。

高安さんには全身にあざがあったとされており、事件の可能性が高まります。

高安秀次さん全身のあざ原因は?殺人事件?

死亡した高安さんの全身には、あざがあったことから、暴行を受けた可能性があるとみられています。

死因は「筋挫滅」となっていますが、あまり聞きなれない言葉。

筋挫滅とは、クラッシュ症候群(挫滅症候群)とも呼ばれる症状のようですが、普段の生活であればなかなか発症しないようなものでした。

スポンサーリンク


高安秀次さん死因の筋挫滅とは?

挫滅症候群(ざめつしょうこうぐん)とは、長時間にわたり手足や臀部を圧迫され続け、その後解放されることで起こる病態で、圧迫された部位や時間などによっては、圧迫の解除後、急性腎不全やショックを起こし、死に至ることもあるとされています。

筋肉が豊富な足などの部位が、4~6時間にわたり圧迫され続けることで発症すると考えられており、地震や戦争など、特殊な状況下で発生することが多いといわれていますが、1時間ほどの短時間でも発症した事例も。

※簡単にまとめると、重いものなどで体を長時間圧迫された後、急に解放されると体内に溜まった毒物が一気に流れてそのショックで死亡するといったもの。

▼原因について

倒壊した家屋に挟まれるなど、何らかの重量物に圧迫され続けた傷病者が、救助後に挫滅症候群を発症し、急性腎不全やショックを起こすことがあり、この原因は、圧迫により血流が遮断され、筋肉の障害が起こった後、再び血液が全身を巡ることにある。

圧迫され続けている筋肉の細胞では、細胞膜が破壊され、内容物の流出が起こります。これを横紋筋融解(おうもんきんゆうかい)といい、具体的にはクレアチンキナーゼやミオグロビン、カリウムなどの物質が筋細胞の外へ流れ出し、圧迫された部位付近に滞留します。

その後、重量物が取り除かれて圧迫が解除されると、停滞していた物質は血流に乗って全身を巡るようになり、高カリウム血症などが起こります。血液中のカリウム濃度が高くなる高カリウム血症が進行すると、致死的な不整脈を起こしやすくなり、心停止に至ることがあります。

また、血液中に流出したミオグロビンが尿細管を塞いでしまい、急性腎不全をきたす原因となります。急性腎不全を発症することで、先述の高カリウム血症が助長されることもあります。圧迫により組織が障害され、血流の再開により血液中の水分が血管の外へと急速に漏れ出てしまい、血圧が低下してショックが起こることがあります。

スポンサーリンク




事件がおきた現場はどこ?ひたちなか市の病院とは?

死亡した、高安秀次さんが運び込まれたとされる病院は、ひたちなか市の病院とのことですが、詳しい場所は公開されていません。

また、高安さんの住まいは、「千葉県香取市三島」であるとされていますが、ひたちなか市までは車で1時間半はかかる距離であり、なぜ遠くの病院に運んだのか謎が残ります。

※三島地区全域は全て個人の敷地であるといった情報が届いていますが、真偽の有無は確認とれていません。

スポンサーリンク




高安秀次さんの情報と、知人女性の関係は?

死亡した高安さんについて判明しているのは下記の情報のみで、病院へ車で連れてきた知人女性との関係など、事件の詳細がまだ判明していません。

知人女性が、この事件について詳細を知っていると思われますが、トラブルからの殺人事件などの可能性が高そうです。。

名前:高安 秀次
年齢:39歳
性別:男性
職業:職業不詳
住所:千葉県香取市三島
死因:筋挫滅による外傷性ショック死

スポンサーリンク




謎が残る、死亡事件にネットの声は

どんなトラブルに巻き込まれたかわからないが、
死ぬほど全身を痛めつけられたのだろうか。恐ろしすぎる。

傷害致死って言うよりほぼ殺人ですよね?犯人逮捕されても、どうせまた
「殺すつもりはなかった」「死ぬとは思わなかった」とかふざけた供述でしょうし。。。

全身の筋肉が挫滅ってはじめて聞いた。文字通りボコボコに殴打されたということか。
怖いな。事件以外の何ものでもないわな。加害者が捕まりますように。

死に至るほどの暴行を受けたとすれば、かなりヤバいトラブルに
巻き込まれたのだろうか。早く加害者が捕まることを願う。

これほどの暴行を加えても殺意はなかったと認定されるのだろうか。
傷害致死は殺人と同じ刑事罰で良いと思う。被害者にしてみれば長い苦痛の末の死なのだから。

田舎の茨城ならありそうな事件だね。未だに昔の暴走族みたいな
だっさいバイクに乗ってるのもいるし、運転マナーもウィンカー出さないで
平気で曲がっていく奴いるし、何かと常識なく、低レベルな人間が多いしね。

~こちらも読まれています~
×