事件

中能登町武部の事件現場どこか判明!殺人?心中?前副町長の廣瀬康雄さんと母親の芳江さんが遺体発見で町長選の暗殺陰謀論も、、

2月15日(月)の午前0時過ぎ、石川県中能登町の住宅で男女2人の遺体が発見された事件で、2人の身元が明らかになりました。

死亡していたのは、中能登町の前副町長である、廣瀬康雄さん(65)と母親の芳江さん(90代)で、首から血を流して倒れているのが発見されました。

静かな町で起きた不可解な事件に、騒然としています。

※追加情報
現場の状況から廣瀬前副町長が、母親を殺害した後に自殺を図った無理心中の可能性が高いことが判明。
※事件前に「疲れた」と周囲に漏らしていたことから、介護や現状に嫌気がさしての行動の可能性。

スポンサーリンク

中能登町武部で殺人?無理心中?前副町長と母親が遺体で、、

この事件が発覚したのは、2021年2月15日(月)の午前0時15分ごろのこと。

石川県中能登町武部にある、前副町長の廣瀬康雄さん(65)宅で、廣瀬康雄さんと、その母親の芳江さん(90代)が首から血を流して倒れているのを、廣瀬さんの妻と娘(3女)が発見し、119番したことから。

2人はすぐに病院に搬送されたものの、間もなく死亡が確認されています。

警察(七尾署)の発表によると、当時2人は1階にある母親の居室で倒れていたとされており、外部から侵入したような形跡は見つかっておらず、室内が荒らされた跡もなかったとしています。

そのため、殺人事件と、無理心中の両面から捜査が行われています。

中能登町前副町長の不審死は殺人か?心中か?事件経緯。

事件があった夜(日付変わって2月14日)、廣瀬さん方には、近くに住む長女家族や三女が集まり、夕食を共にしていたとされています。
※廣瀬さん宅には妻と母親の三人暮らしとされていますが、一部違う情報も出ています。

家族7人で夕食をとった後、廣瀬さんの行方がわからなくなり、妻が捜していたところ、1階の母親の寝室で2人が倒れているのが発見されたことが事件の経緯。

警察では、現在、司法解剖を行って死因を調べるとしています。

スポンサーリンク


中能登町の町長選に向けた陰謀論がネットでささやかれる

死亡した廣瀬さんは来月、3月21日に投開票される中能登町の町長選に立候補する意向を表明し、1月に副町長を辞職していました。

この町長選挙をめぐっては、杉本栄蔵町長が次の選挙に出馬しない考えを示しており、町議の林真弥氏、副町長の廣瀬康雄氏、町議の尾田良一氏の3人が立候補を表明。

そのため、突然の不審死から選挙を巡ってのトラブルではないか?といった噂が出ているようですが、真偽のほどは定かではありません。

 
杉本栄蔵町長は廣瀬さんの事務所を訪れ、以下のように悲しみのコメントをしています。

「ぼうぜんとしている。昨日までは元気だったのに」

スポンサーリンク




中能登町武部、遺体発見の現場はどこ?

遺体が発見された場所は、中能登町武部にある廣瀬康雄さんの自宅であったようで、夫婦と母親の3人暮らしであったようです。

石川県鹿島郡中能登町武部ケ

スポンサーリンク




死亡が確認された廣瀬康雄さんの情報について

名前:廣瀬 康雄(ひろせ やすお)
年齢:65
性別:男性
職業:不明
住所:石川県鹿島郡中能登町武部
死因:首の切り傷からの失血死か

町長選では、現職の杉本栄蔵 町長(79)が引退する意向を表明し、廣瀬康雄 副町長(65)が後継者として出馬する考えを示していました。

廣瀬さんは七尾高校を卒業後、1976年に旧鹿島町の職員となり、総務課長などを歴任、2014年から中能登町で副町長を務めていました。

スポンサーリンク




静かな町で起きた事件にネットの声は

後継候補に指名された広瀬氏は町政「継続」を掲げ、林氏は「刷新」を訴える。
旧三町ごとの思惑がすれ違うなど、長年の議論を経て三月に決着した庁舎再編問題の遺恨も残り、
複雑な住民感情も選挙戦に影響しそうだ。遺恨の結果が物理攻撃なら怖い話だ。

先日、愛知県の豊田市で市長を殺害するっていう書き込みをした人が逮捕されたけど
犯人は、その前の年に市長選に立候補して大差で落選した人だったんだよね・・・
殺人も視野に入れてってことだけどSNSなどでそういう前触れとかあったかな怖い。

先ず反対派が疑われ取り調べ開始しているだろう。すぐ解明されるだろうに、
地方にはこんな手を使う軽奴使うのがいる。落ちたら落ちた何かと邪魔をする。
しかし90歳超えた母親までやるとは。この町の住民怖いよ。

いったい何が起こった?親子で町長選の事で揉めたのか?殺人事件に発展するとしたら、
何が動機?自殺? 親子喧嘩で殺し合うほどの年齢でも無さそうだが、他殺だとしたら、
そこまで恨まれる事をしていた人とも思えないが、いずれにしてもとんでも無いことになった。

まあ、来月町長になろうって人が自殺するわけがないし、
何らかの事件に巻き込まれたのは明らかですね。田舎の町ですから
利害関係者同士顔は分かるでしょうし、政治的な事件だと怖いですね。

これは普通のケースとは違う。町長選に出馬するためにわざわざ副町長を辞任した人が、
選挙の前に母親と無理心中では明らかにつじつまが合わない。ちゃんとした遺書は残っているのだろうか。
侵入の形跡は見られないと簡単に結論付けられてしまっているが、
もう一度科捜研を入れて徹底的に精査したほうが禍根を残さないのではないでしょうか。

~こちらも読まれています~
×