事件

有田一城の顔画像・経歴は。名古屋市西区でおきた連続強制わいせつ事件の犯人が釈放され野放しになっていた理由は?

名古屋市西区で強制わいせつ事件が起きており、逮捕された男が同様の事件で直近で2度も逮捕されていたものの、その後に釈放となっていたことが判明し、大きな波紋を呼んでいます。

連続わいせつ犯が釈放されていたのはなぜなのか?

スポンサーリンク

名古屋市西区「有田一城」連続強制わいせつ犯の逮捕

この事件がおきたのは、2021年1月28日(木)の夜のこと、名古屋市西区の路上を歩いていた女性が、襲われる事件が発生。

この事件で、強制わいせつの容疑で逮捕されたのは名古屋市西区に住むアルバイトの男、有田一城 容疑者(45)。

有田容疑者は、名古屋市西区の路上で、歩いていた女性(30)に抱きついて身体を触るなどした強制わいせつの疑いが持たれています。

わいせつ事件で逮捕された容疑者、、しかし調べてみると驚きの犯行が明らかになりました。

スポンサーリンク


有田一城、強制わいせつ犯で前科でさらに余罪も多数か。

今回、強制わいせつで逮捕された有田容疑者ですが、2020年11月と12月にも、西区内での強制わいせつ事件などで逮捕されていたものの、その後になぜか釈放されていたことが明らかになっています。

さらに、有田容疑者の釈放後に、西区などでは同様の手口によるわいせつ事件が数件起きており、警察がその関連を調べています。

現状では同一犯であるかは判明していないものの、その行動などからは反省の色は一切見られないばかりか、よりエスカレートした犯行を繰り返しているように考えられます。

そうした、悪質な犯行を繰り返している人物がなぜすぐに釈放となっていたのか?

犯罪者を野放し、すぐに釈放する理由は何?

こうした事例の犯罪(性犯罪)は、再犯率が非常に高いとされていることで有名です。

そのため、海外ではGPSを埋め込み、情報を公開してその人物がどこにいるのかなどがわかるようにしています。

しかし、日本の場合はそれらの対応は一切とられず、すぐ隣に凶悪な性犯罪者がいてもわからない仕組みにされています。

 
また、逮捕されてもすぐに釈放となったりゆうとしては、軽微犯罪としてまじめに捜査がされない場合があるといったこと。

さらに、裁判などでも執行猶予がつけられることから、すぐに再犯を起こせる状況に犯人を導いてる節さえあります。

こうした背景には、そうした処罰を決める人物らがそうした判断に対して、一切何も責任を負わないといったことから無責任な行動に走ることが一因で、加害者ファーストを目指しているためと思われます。

口や建前上の法律などで何をしていても、実際に起きていることが全てであるため、こうした対応に批判の声が上がっています。

スポンサーリンク




有田一城の顔画像や経歴は?

有田容疑者について、こうして連続でのわいせつ事件を起こしているにも関わらず、顔画像の公開など詳しい情報がでていません。

SNSでも特定はできておらず、こうした人間が野放し状態になっている状況は非常に危険で、さらには逮捕時に報道されているように「アルバイト」といった情報から、直近で逮捕され前科もあるようですが、「アルバイト」として普通に働けていたことがわかります。。

名前:有田 一城
年齢:45歳
性別:男
職業:アルバイト
職場:不明
住所:名古屋市西区

▼罪状:強制わいせつ
6ヶ月以上10年以下の懲役

強制わいせつは初犯の場合、執行猶予がつくケースが多いとされていますが、甘い判決をする人物が多いことが、こうした事件が減らない理由の一旦となっていることは間違いありません。

スポンサーリンク




繰り返される悪質な犯罪行為と処罰の甘さに怒りの声

癖は治らない。性犯罪は再犯率が高い。海外でも採用しているように、
GPSを身体に埋め込み、実名報道、所在を常に監視にしなくてはいけないと思う。

短い刑期ですぐ釈放されても被害者が増えるだけです。
被害者が増え、犯罪がエスカレートしてからでは遅い。どうにかできないものでしょうか。

この手の犯罪は治まらないよ。またまたまたまた起きるだろうね。
死ぬまでに何回やるだろうか。被害者のことを思うと野放し司法が恨めしく思う。

裁判官、検事、弁護士は、どう落とし前をつけるんだ?もう反省や更生は
有り得ないもんと見て終身刑にすべき。次シャバに出たら何をするか解らんぞ。

過去に2回逮捕されているのに、また同じことをやれるって事は刑が軽すぎるのでは?
要するに日本の法律をなめてるんでしょ!こんな輩には餌もやらずに終身刑でお願いしたい!
それが出来なければ、また出所後に同じことをやったら、処罰を決定した裁判官にもペナルティーが付くとか!

こうした犯罪の処罰に積極的でない理由は、
政府の高官などが同様の犯罪を行っているため、もし発覚した際に
軽い刑罰で済むように、厳しくしていないのではないか?
実際に、上級国民などが重大犯罪をおこしても、
不起訴で無罪放免とばかりの状況で、また再度事件をおこしている。

もういい加減性犯罪に対する対応をきちんとやってほしい。こうして繰り返す輩を、
わかっていて、また外の世界に普通に出し、また被害者が出て一生取り返しのつかない傷を残す。
加害者は反省も何もないから何度でもやる。こう言う人にGPSつけるとか、顔を晒すとか、
人権どうのこうのいってないで、即座に対応して欲しい。今は、女性だけでなく、
男性も被害に遭うのだから、他人事でなく、
性犯罪に対しては、治療も含め、ちゃんと周りが警戒できるようにしてほしい。

~こちらも読まれています~
×