事件

横領のNHK元職員は誰で名前や顔画像は?報道局総務部、依願退職の男が懲戒免職に。犯行動機は?対応がヤバイ、、

NHKの元職員が、ノートパソコンなど約530万円分を、NHK名義で注文し不正に受け取ったまま退職をしていて問題。

この件で、NHK側は元職員に対して「懲戒免職相当」にする旨を発表し、注目を集めています。

大胆不敵な犯行、どのような人物であったのか?

スポンサーリンク

NHK元職員が横領で刑事告訴&懲戒免職相当に

この事件がおきていたのは、2020年9月~10月のこととされています。

問題となっている人物は、NHKの報道局総務部に所属していた男性元職員(30)

元職員は上司の事前承認なく、取引先3社にノートパソコンなど35点(計約530万円)を発注し、受け取った後の11月4日付で依願退職をしていましたが、11月下旬に不正が発覚していました。

取引先のうち1社から「納品したノートパソコンなどの代金が未払いになっている」との問い合わせがあってこの事件が発覚していました。

元職員は聞き取りなどに応じておらず、NHK側は刑事告訴する方針を打ち出しています。

スポンサーリンク




元NHKの職員の大胆犯行!犯行動機は何?

今回の犯行について、元職員は、聞き取り調査に応じず、弁済の意思も示していない状態のため、NHK側はすでに警視庁に相談しており、刑事告訴を検討しているとしています。

その犯行動機としては、注文したパソコンなどを転売してい金銭に変えることが目的であったとされています。

また、NHLが今回の件で「懲戒免職相当」とした対応をしていますが、これは2017年に、着服事案を受けて、在職中の不正が退職後に発覚した場合も、就業規則を改めて責任を問えることを規則に加えたもので、今回の件が初適用とされています。
※会社としての処分はできないものの、免職相当とし、退職金は支払わない。

なお、これらの物品はNHKは受け取っていないものの、注文をしていた取引先3社に対しては、NHKが代金の支払いを代わりに済ませており、今後元職員が支払わない場合は民事訴訟を検討するとしています。

横領の元NHK職員とは誰?名前や顔画像・経歴は?

元職員は、2011年にNHKに入局していた人物で、2018年から報道局総務部に在籍していたことが判明しています。

ただ、現状では名前や顔画像などといった情報は出ておらず、今後刑事事件化に伴ってそれらの情報が公開される可能性があります。

名前:不明
年齢:30歳
性別:男
職業:元NHK職員(現:無職?)
会社:元NHK(報道局総務部)
住所:不明

NHKといえば、高額な給与が有名であり、普通に働いていれば今回の横領分を稼ぐことは容易であったと思われますが、なぜ横領といった犯行に及んだのか?

現在それらの背景は不明なものの、その動機としては、何かしらのトラブルなどでまとまったお金が急に必要になった、といったことなどが考えられます。

NHKは、何かと注目が集まる組織であるため、今回の対応などにも大きな注目が集まっています。

スポンサーリンク




NHK元職員による横領事件にネットの反応は?

刑事告訴もあたりまえ。懲戒解雇もあたりまえ。退職金没収もあたりまえ。
国民から巻き上げてるんやで、ちゃんと監査はいれ。氷山の一角なんだろな。

現場の平職員?が発注って、調達購買部門責任者の承認がなければ外部発注なんて出来ないだろ。
内部統制なんて形骸化してんだろね、そっちの方が問題だと思うけど。

皆様の受信料で何してくれてんだ。NHKは、ちょくちょく犯罪者が出るよね。
金はジャブジャブ使っても良い体質がこのような事件の発生になってるんじゃないかな。
ノートPC500万円分とか普通発注しないし、したらすぐバレるレベル。NHKにはいつも驚かされるね

「調査に一切応じておらず、対応を警察に相談」とは、よく分からない。
まさか、電話で交渉したとかではないですよね?
民間ならば、退職金を保留にして呼び出して調査するし、
支給してないなら入社時の保証人に取りに行けるギリギリの金額です。

昨年の11月に職員が退職したのに、なぜ今頃開示するのでしょうか?
NHKは有識者会議での議論が終わるまで、意図的に国民への情報開示を遅らせていると悪意を感じます。
これがNHKが考える「国民に信頼される公共放送」なんでしょうか?NHKに対する不信感が益々募ります。

悪法に守られて汲めども尽きぬ泉のごとく、7000億円も国民から召し上げておいて発注起案から
請求書処理の過程で内部牽制が機能していないなんて、税金の無駄遣いをする連中にも言える事だが、
自分の働いた対価だから大事に使うという概念が全く無いんだね。
総務がこれだと番組制作現場なんかはもっと酷そう。
解体か民営化をしてお金を稼ぐ大変さを身に染みて感じて欲しいね。

~こちらも読まれています~
×