事件

吉備津神社に傷、犯人は誰?岡山城損壊で逮捕の愛知県40代の男か?各地で城など損壊の疑いも?傷に名字?その正体は。。

桃太郎にゆかりのある神社として、吉備津彦命が祀られている、岡山市北区の吉備津神社で、故意とみられる傷がつけられていたことが判明し、大きな注目を集めています。

重要文化財の破損、、どのような事態がおきていたのか。。。

スポンサーリンク

岡山市北区の吉備津神社、国宝拝殿などに傷

この事態が判明したのは、2021年1月22日(金)のこと。

岡山市北区の吉備津神境内にある木製のベンチに、傷が付けられているのが発見されてました。

さらに室町時代に建造された国宝である拝殿の柱や側面など、県指定の重要文化財である回廊の柱などで傷が見つかっています。

つけられた傷は、硬い物で削ったような傷が少なくとも計9カ所あることが明らかになっており、いったい誰がこのようなことを行ったのか。。

スポンサーリンク


愛知県40代無職の男、岡山城などを破損で逮捕

時を同じくして、岡山城(岡山市)で2021年1月18日(木)に、天守閣や国指定重要文化財「月見櫓」などに硬いものでひっかいたような傷が、少なくとも計30カ所見つかる事件がおきていました。

この事件に関して別件で逮捕されていた、愛知県に住む40代無職の男が、近く文化財保護法違反などの疑いで再逮捕することが判明しています。

この男は、岡山城の事件発覚から数日後の1月23日、岡山市内にある駐車場で硬貨で車に傷をつけているのを警戒中の警察官が発見しており、岡山県警が器物損壊の疑いで逮捕していました。

その後に防犯カメラの映像などから、傷が見つかった時期に岡山城を訪れている可能性が高いことが判明したため。

スポンサーリンク


余罪が複数?吉備津神社との関連は?

車の器物損壊での逮捕と、岡山城の文化財保護法違反で再逮捕となる男について、2020年末から2021年1月にかけて、松山城(愛媛県松山市)や高知城(高知県高知市)、福山城(広島県福山市)でも同様の被害が確認されていることが判明しています。

これらが同じ期間に、同様の犯行であることから、岡山県警が関連を調べており、1か所のみでも大問題であり許せない行為ですが、こうした犯行を転々と行っていたのであれば、非常に悪質です。

スポンサーリンク




重要文化財などを狙って破損、愛知県40代男の正体は?

今回、逮捕された男の正体について、愛知県在住の無職の男(40代)といった情報しか公開はされていません。

ただ、犯行の傷の中には男の名字もあったとされています。

名前:不明
年齢:40代
性別:男
職業:無職
住所:愛知県

▼罪状:器物損壊・文化財保護法違反
3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料
5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

スポンサーリンク




文化財狙った悪質な犯行にネットの声は?

このような国の重要文化財や世界遺産に対しての器物破損行為は
許されるものではありません。神社仏閣が燃やされたり、
破壊されたりする行為もおこっていましたが、防犯カメラの設置が求められます。

先月、岡山に出張して、泊まったホテルから歩いてすぐに岡山城がありました。
朝に散歩がてら見学に。黒いカッコいい城です。
こんな城を傷つけ、自分の名前まで彫るって、どんな人なんだ?

文化財等への故意犯は逮捕するだけでなくより罪を重く
さらに修復にかかる費用もどれだけ莫大な金額であろうと
一生かかってでも本人に払わせるようにして欲しい。

先人が大切に護ってきた物に傷をつけるのはやめてほしいな。
何が不満なのかは分からないが傷を付けても解消はされないですけど、
それが分からないからやるんですよね。まぁ捕まるまでやるんだろうな、、、

城郭や古墳、神社、寺院などは立派な日本の文化遺産であり、
こういった建築物に対して落書きや傷を付ける行為は全く理解出来ないです。
現時点ではテロなのか悪戯なのか過失なのかは分かりませんが、
故意にやったとするのなら非常に許せません。一日でも早く
犯人を逮捕出来るよう、岡山県警には全力で捜査に当たって欲しいと思います。

岡山出身者です。傷つけられた岡山城は子供の頃から、何十年も城下の後楽園と共に、
日常的に数え切れないくらい訪れ、たくさんの思い出を作ってきた、特別に大切な場所です。
お城周辺の店舗や、吉備津神社までも、同様に傷つけられ(犯人はお城と同一人物か、
まだ確定とは聞いていませんが)自分でも、予想以上に憤りを感じています。
容疑者は、いい大人だとか。情けない。記念に気軽に同様のことを
観光地等でする人がいますが、許すことではない。適切な処罰を切望します。

 
※こちらの事件は引き続き調査中のため、新たな情報は判明次第、情報の追加・反映をしていきます。

~こちらも読まれています~
×