事件

ラブリ強制わいせつ犯行がエグイと話題、被害のA子さん告発、旦那は誰?事件知りつつ結婚?既婚者子供あり、レズ疑惑も。その真偽は。

モデルの活動をしながら、選挙の投票の呼びかけや動物愛護活動についてSNSで発信するなど、「社会派インフルエンサー」として有名な芸能人、ラブリ(31)。

そんな彼女から性被害を受けたとされる女性が、1月28日号(1月21日発売)の週刊文春で告発した内容が掲載され、話題となっています。

結婚し子供もでき、活躍の場を広げていたラブリ、動機はなんだったのか?
米倉強太 

スポンサーリンク

社会派インフルエンサー「ラブリ」強制わいせつで書類送検

この事件が公の場で明らかになったのは、2021年1月20日のことで、週刊文春の2021年1月28日号(1月21日発売)に掲載された告発記事によるものでした。

これは、ラブリ(歌手名:白濱イズミ、本名:白濱愛)から、性的被害を受けたと刑事告訴している女性(A子さん)が、その内容を語っているもの。

 
この事件を受け、2019年8月に和歌山県警白浜警察署へ被害届と告訴状を提出し、ラブリは2020年3月に強制わいせつ被疑事件で書類送検されており、現在は和歌山地検が捜査中となっています。

スポンサーリンク


ラブリの強制わいせつ経緯とは?

被害にあったとされるA子さんは、2018年末にラブリさんに関係するプロジェクトの責任者となり、関係者など男女5人で2019年5月に和歌山県白浜町に旅行。

同性であったことからA子さんとラブリさんは同じ部屋で就寝することとなり、先にベッドで休んでいたA子さんに、ラブリが突然、性的な行為を行ったとされています。

A子さんは必死に抵抗したが、ラブリさんより20cmほど身長が低く、体重も軽いため力では敵わず、怒鳴られたことで委縮し、抵抗ができなかったと述べています。

スポンサーリンク




ラブリのエグイわいせつ行為の内容がTwitterでも話題に

スポンサーリンク




ラブリ、2019年11月結婚、2020年5月出産、事件真偽は?

ラブリと米倉強太さんの結婚は、2019年11月27日に発表されており、その後2020年5月30日に出産をしており、デキ婚が噂になっていました。

この事件について被害届が出されたのは、2019年8月とのことなので、当時結婚を決意していたと思われる米倉強太さんは、この件についても知っていたと思われます。

結婚をしようとしていた相手が犯罪行為を行っていれば、普通であれば取り消すと思われますが、それらを知っての結婚だったのか、もしくはなかったのか。

 
なお、Twitter上では下記のような情報が出ていますが、証拠(または一般公開できない内容であれば、その情報の警察などへの提出など)はなぜか一切明かされていません。

 
また、ラブリが2020年3月にインスタグラムに投稿した意味深な内容が話題となっています。

スポンサーリンク


ラブリ強制わいせつに対して、弁護士達の見解は?

※下記は週刊文春より参照。

同性間の性犯罪について、アトム法律事務所の川崎聡介弁護士が解説する。

「加害者が女性でも男性でも、暴行被害を受けた人が性的に不快を感じた時点で性的自由を侵したことになる。2017年改正の刑法では、『強姦罪』が『強制性交等罪』に変更され、男性から男性への強制性交等の被害が認められました。女性同士では性交にはならないので、強制わいせつ罪が適用される。」

事実関係についてラブリの所属事務所に確認を求めると、ラブリの担当弁護士が取材に応じた。事件の事実関係については「客観的事実はこちらの認識とは違います。記事掲載は(ラブリの)プライバシーを侵害するものです」とした上で、「犯罪行為はありませんでした」と強調した。

被害者、加害者側での言い分が違うことは多々ありますが、「犯罪行為は」とあるため、それらに類する行為自体はあったと認めているように感じます。

また、ラブリさん側の弁護士は、「慰謝料ではなく解決金として500万円を支払う」という内容の示談を被害女性に申し出たといった情報も出ているようで、犯罪行為の事実がないのであれば解決金などは必要ないと思われますが、解決金が本当であれば何のための解決金であったのかが疑問です。
※実際にその事実がなくても、問題としたくない場合に取られる方法ではある。

 

スポンサーリンク




ラブリ強制わいせつに対しネットの反応は?

いやこれはビックリ…同性で仕事絡みで宿泊なら普通はそんな警戒はしないですもんね。
訴えるにも勇気が要ったと思いますが、こういう犯罪は泣き寝入りで済まされてはいけない。

これが事実ならば、正直かなり引くわ…。朝までハシゴ酒でこの方を見て
ファンになりましたが、これが事実ならばドン引きです。

ラブリ側が出版差し止めや名誉毀損で訴えないなら記事に信憑性が増す。
書類送検されて地検が捜査中ならテレビで見かけなくなった理由が分かる。

いやあこの人が野獣のような両刀使いとは意外に思う。
人の尊厳を踏みにじったなら社会派インフルエンサーとしては
これもう終了だという気がする。何を言っても説得力が感じられないと思う。

これが本当ならしっかりと調査して罰を受けるべきだな。
A子さん側からしてみれば、相手は事務所の弁護士だの立場的には負ける要素が強い中、
勝ってもそこまでの慰謝料は取れんし、今回の案件は真実の可能性が高いね。

何がすごいって、訴訟のあと夫婦揃って「そこまで本気で嫌とは思わなかった」ってスタンスで
イマイチ罪悪感無さそうな上に、そのまま普通にラブリが赤ちゃん産んでた事だよ…。
酒のせきの戯れで訴訟ってマジ?としか思ってなさそう。
何のためにそんな事したんだかわからないけど、気持ち悪すぎる。
同性でも許されないゾーンはあるのに。ちょっと冗談で、にしてはえぐすぎ。

 
この事件の真偽・真相については、双方の情報がまだ出そろっていないようなので、新たな情報などが判明次第、追加・更新していきます。

~こちらも読まれています~
×