事件

山本秀久の顔画像と現場はどこ?北九州市、飲酒し逆走の男の犯行がヤバイ、、

飲酒運転による事故や事件が後を絶ちません。

1月25日の深夜、北九州市で飲酒運手の上、逆走をしていた男が逮捕されました。

スポンサーリンク

北九州市の路上で深夜に飲酒逆走事件発生!

この事件がおきたのは、2021年1月25日(月)の午前1時すぎのこと。

酒気帯び運転の疑いなどで逮捕されたのは、山本秀久容疑者(75)

北九州市内をパトロール中の警察官が不審な車を見つけ、確認ために近づいたところ不審な車が急に動き出し、対向車線に入って逆走を開始。

この車は、低速で蛇行しながら逆走を続け、およそ1.2kmを走行して停止したため、運転手を確認したところ、基準値の3倍近いアルコールが検出されたため、警察は酒気帯び運転などの現行犯で逮捕しました。

スポンサーリンク


山本容疑者のヤバイ犯行動機とは?

逮捕された山本容疑者は、調べに対して「缶ビールを3本飲んだ」と容疑を認めているものの、逆走については「気づかなかった」といった供述をしており、かなり危険な状態で運転をしていたことが明らかになっており、事故が起きなかったのが奇跡といった状況でした。。

その状況から普段よりこうした犯行を繰り返していたと思われ、余罪などがあるとみられます。

飲酒による事故や事件が多発していても、飲酒運転などが減らないのはなぜか?

アルコールなどの酒類には、薬物などと同じく依存性があるため、そうした衝動を抑えられないのが原因であるとされており、こうした犯行が続けば、近くより強い規制などが取られる可能性が考えらえます。

スポンサーリンク




深夜の逆走事件が行われていた現場はどこ?

逆走が行われていたのは、湯川飛行場線、北九州カニ・カキロードと呼ばれる道路上での出来事だったようです。

 
▼飲酒運転の車

スポンサーリンク




山本秀久 容疑者の顔画像や経歴、情報は?

逮捕された山本容疑者について、顔画像などは公開されておらず年齢的にSNSも行っていないのか、情報は特定できていません。

飲酒運転の常習者と思われる人物の犯行、、容疑内容的にまたすぐに再犯を繰り返す可能性が高く、生涯渡っての免許・運転の停止が望まれます。

名前:山本 秀久(やまもと ひでひさ)
年齢:75歳
性別:男
職業:無職
住所:北九州市小倉南区湯川新町

▼罪状:酒気帯び運転
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

スポンサーリンク




深夜の飲酒逆走運転にネットの声は

缶ビールを何本飲もうが、飲んで運転したら犯罪です。本当に飲酒運転なくならないな。。。

75でアルファード乗れるなんて結構裕福なのに免許取り消し後また免許取るのだろうね。そしてまた飲酒運転絶対する。

この酒気帯び運転には納得出来ません!全て飲酒運転にすべきです!
誰かを撥ねたり、ぶつかったりしなくて良かったですが…余生短い貴方が
遺族に責任取れるのですか!?孫や子に賠償責任を押し付けるのですか!?

この爺が免許を取った時代は飲酒運転はごく当たり前だったが、
今は飲酒運転が駄目であることが理解できない出来ないのだろう。
いつも飲酒運転していても見つからなかったが逆走して見つかったのだろう。
この爺から免許を没収しても、無免許飲酒運転をするだろう。

こんな車で飲酒、逆走なんて本当に迷惑極まりないですね。
免許取り消しで次に再取得なんてさせないで欲しいし、
車も新しそうだから絶対に乗らないよう監視して欲しいですね。
こんな人だから免許無くても乗りそうですから。

刑務所に入ってもらうしかないですよね。シャバにいたら死ぬまで無免許やるのはほぼ確定ですから。
何を言っても無駄だと思いますよ、そのとき聞き入れるような素振りをしても、
何日かしてのど元過ぎたら忘れますからお爺ちゃん。収監費用や懲役中の日用品・食事代、
滞在費用、刑務官の人件費など、年金や不動産、その他の金融資産全て充当してもらい、
お亡くなり後は生命保険金や葬祭費なんかも、刑務所への収監費用や埋葬費用に充当してほしいですね
(そういうお金があればの話しですけどね)こんな人に税金や人手が割かれること自体が非常に不愉快です。

~こちらも読まれています~
×