事件

金井裕喜、金井あずさ顔画像・経歴は?事件現場特定!生後3カ月女児「喜空ちゃん」虐待放置殺害、、埼玉県美里町関

2020年9月に、埼玉県美里町の自宅アパートで、衰弱した生後3カ月の女児を放置し死亡させたとして、女児の父親(29)と母親(28)が逮捕されたことが明らかになりました。

死因は虐待による怪我からのものでした。。幼い命が失われる事態になぜなってしまったのか。

スポンサーリンク

埼玉県美里町関の自宅アパートで虐待放置死

この事件は2020年8月ごろからおきていたとされています。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、父親の金井裕喜 容疑者(29)、母親のあずさ 容疑者(28)の2人。

死亡したのは2人の四女である喜空(きあ)ちゃんで、死亡時は生後3ヶ月でした。

 
事件が発覚したのは、2020年9月11日(金)の午前1時10分ごろのことで、金井あずさ容疑者が「子どもの具合が悪い」と自宅から119番通報。

喜空ちゃんはその時点ですでに心肺停止状態で、深谷市内にある病院に救急搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。

その後、同日の午前3時40分ごろに病院から「不審な点あり」と県警に連絡したことで、事件が発覚し、裏付け調査などを行った結果、2021年1月20日に逮捕したことが明らかになりました。

スポンサーリンク


金井喜空ちゃん、殺害されるまでの事件経緯

裕喜容疑者はこれまでの県警の任意の調べに対し「外で抱きかかえているときに転んでぶつけたり、ミルクの飲みが悪く口に強く哺乳瓶を入れたりしたことがあった」などと説明し、「痛がる様子がなく、病院に連れて行かなかった」などと述べていたという。

殺害された喜空ちゃんは、2020年8月ごろに、あごの骨折や口内の傷などの怪我を負ったとされています。

しかし、容疑者2人は8月下旬ごろから、喜空ちゃんが怪我の影響で哺乳が難しくなったことにより、体重が増えず低栄養状態となってしまったにもかかわらず、適切な治療などを受けさせずにいました。

 
その後の調査で、死因は低栄養で免疫力が低下したことで生じた菌血症などに起因する「全身機能障害」とされています。

また、あごの骨や口内の怪我以外にも、肋骨が折れており、ひざや腹に複数の打撲の痕があったこと、その傷の治り具合が異なっていたことなどから、日常的に虐待行為がされていたと思われます。

スポンサーリンク




金井喜空ちゃん虐待放置死、動機は何?

父親である金井裕喜容疑者は「私がけがをさせたことに間違いありません。」と犯行については認めています。

放置死の動機としては、「虐待で捕まるのが嫌で病院に連れていかず、そのままの状態にした」と述べていますが、なぜ虐待を行っていたのか?については述べていないようです。

また、母親である金井あずさ容疑者は「病院に連れていかないといけないと思ったが夫に拒否され、従ってしまった」と供述しています。

 
事件発覚から4ヶ月が経過しての逮捕、容疑者らはこれまでの任意の調べに対して、以下のように述べて容疑を否認していたようです。

「外で抱きかかえているときに転んでぶつけたり、ミルクの飲みが悪く口に強く哺乳瓶を入れたりしたことがあった」
「痛がる様子がなく、病院に連れて行かなかった」

スポンサーリンク


金井裕喜、金井あずさ、事件現場の自宅アパートはどこ?

事件がおきていたとされる現場のアパートについて、下記の場所であるようです。

スポンサーリンク




金井裕喜、金井あずさ容疑者の顔画像や経歴は?

逮捕された、容疑者2人に関しては逮捕時の画像で顔が隠れているものしか公表がされておらず、SNSなどの情報は特定できていません。

名前:金井 裕喜(かない ゆうき)
年齢:29歳
性別:男
職業:無職
住所:埼玉県美里町関

▼罪状:保護責任者遺棄致死
3年以上20年以下の懲役

名前:金井あずさ(かない あずさ)
年齢:28歳
性別:女
職業:無職
住所:埼玉県美里町関

▼罪状:保護責任者遺棄致死
3年以上20年以下の懲役

また、喜空ちゃんは双子の女の子であったようで、事件当時は双子と両親、姉の5人暮らしだったとされていますが、別の子供達にも虐待がなかったが気がかりです。

スポンサーリンク




生後三ヶ月の子供虐待殺害にネットの声は、、

少子化はたしかに社会問題ですが、子供を育てる能力もない親による
子殺しという凶悪事件の増加も同様に、いや、それ以上の社会問題です。

顎や肋骨の骨折って、低栄養を放置レベルじゃなくて、暴行してたってことでしょ。
生後3ヶ月なんて、大人の力を借りなきゃ生きていけないし、なんの抵抗も出来ないのに…。

最後3ヶ月なんて、、ニコニコ笑い出したり、とっても可愛い時なのに。。
どうしたって、子どもより自分が大事な親が絶えない。。そりゃ子育ては
楽しいことばかりではないけれど、、なぜそういう人のもとへ子どもが産まれるのか。

かわいそう…3ヶ月だったらまだふにゃふにゃで、自分で動きまわるとかもありえないし、
骨がおれてるとか暴行、虐待してたんじゃないですか?今年もこういうニュースを耳にするなんて、
今もどこかで虐待されているお子さんがいると考えるとやるせないし悲しいですね…

多分生後3ヶ月だったら、首がすわる頃です。未だ泣く事しか出来ないのに、
育てる気が無いなら、何で産んだんだ。生まれて来た赤ちゃんはおもちゃじゃあ無いし、
親は育てる責任があり、生まれた出た瞬間から、一個人で人間ですよ。
自分も子を持つ親です。許せないです。この赤ちゃんが不憫と両親えの怒りで、涙が出ます。

生まれてくる子供も親を選べたらどんなに良いか、、。小さな子供を殺めたり、
虐待したり、そんな事件が余りにも多過ぎる。どうしてそんな残酷な事が出来るのか、
そんな人間は刑務所に入って食事をさせて、生かしておく価値もない。
子供の虐待とか、動物の虐待とかする人間は、最低の人間。絶対に許してはいけないと思う。
そんな人間がこの世の中に沢山いると思うと、悲しくなる。

~こちらも読まれています~
×