MENU
事件

靖国通り、迷惑自転車あおり男のモザイクなし画像は?酒瓶投げつけの現場特定!道路占拠の犯人は誰?【神保町】

12月19日、東京都を走る靖国通りの道路上でおきていた衝撃的な事件が注目を浴びています。

その瞬間は、路上を走る車のドライブレコーダーに記録されていた映像に捉えられていました。

スポンサーリンク

迷惑自転車が道路占領し酒瓶投げつけ逃走

この事件がおきていたのは、2020年12月19日(土)のこと。

東京都の靖国通りを走っていた乗用車が、交差点を通り過ぎた時異変を察知。

左端を走っていた自転車が片側3車線の道路を横切るように急接近してきました。

衝突を避けようと乗用車がスピードを落とすと、自転車の男は視線をこちらに向け、車の存在に気付いたにも関わらず、そのまま車の前を塞ぐように道路の真ん中を、危険運転での走行を開始。

その後、飽きたのか左側に戻るかと思いきや、車が抜く瞬間に酒瓶を投げつけてきました。

スポンサーリンク


犯人は現場から逃走!カメラに映る映像は?

現在、公開されている映像は人物にモザイクが入っていて、犯人の顔(正体)については不明となっています。

この被害を受けた男性はこの事件に下記のように述べています。

「ガラス瓶に入ったお酒を投げつけてきて、それが車に当たって、車がへこんでしまいまして。かなり怖かったですね」

 
男性は警察に被害届を出していますが、顔がはっきり映っていないうえ、車と違い、自転車から個人を特定するのは難しい言われたと肩を落としています。

しかし、こうした犯罪者が後に重大事件を起こす可能性は高く、軽微な犯罪の取り締まりが重大事件の減少をさせるとも言われているため、警察の不祥事だらけの昨今、真剣に取り組む必要があると思われます。

スポンサーリンク




迷惑自転車が出没した現場はどこ?

迷惑自転車が出没した場所は、「神保町」駅のちょうど真上に位置する道路(靖国通り)であったようです。

スポンサーリンク




警察のやる気なし対応に批判の声噴出

近くの防犯カメラ映像など、現場周辺は駅近くのためいくらでも捜査の方法はありますが、今回の件でやる気のない腰の重い警察の対応に、批判が殺到しています。

このような輩は必ず見つけ出し厳罰を!車を運転する人は他人事では有りません。明日は我が身です。

警察仕事しろよ。自転車での犯行なんだから現場付近の警らを増強するとか
付近の防犯カメラとか対応・対策はいくらでもできるだろう、簡単に特定が難しいでおわらすな。
ほっておくと上尾の事件みたいに度を越すぞ(いや十分か)。

警察、犯人探す気なしだね。
ハロウィンで渋谷で暴れた人間は防犯カメラであっという間に探して捕まえたけど、
警察にとってはこのぐらいでは動いてくれないのかな。

警察は事件が起きるまで動かないし、事件が起きても探すのが難しいと言って探そうとしてないと思います。
明らかに顔も見えているし、公開捜査をしたらすぐに見つかると思います。
交通事故でも公開捜査しているのだから、こんな事件も公開捜査して再発防止に努めるべきです。
それが市民のための警察だと思います。

物損では、警察がきちんと捜査するとは思えないので、
ネットにボカシ無しの動画をそのままアップしたほうが見つかるかもね。
傷害事件になれば、まともに捜査する可能性あるけど、
物損の場合自分で犯人を見つける以外捕まる可能性はないよ。
自分の経験では今まで、物損で警察が役に立ったこと無いし。

自分が警官ならば、むずかしいとは言わないだろう。
自転車に乗っているからには半径数キロ圏内居住の酔っ払いや浮浪者など、当たっていけばすぐ見つかるはず。
厳罰に処すべきなのに警察は何を躊躇しているのだ。顔も判別できないほど荒くはないだろう。自転車の特徴もよく見て取れる。
こいつのような、反社会的行為を平気で行う輩に短柱を食らわさないと模倣犯が多発するだろうことを警察は理解しろ。

~こちらも読まれています~
×