事件

豊橋署地域課わいせつ巡査部長の名前や顔画像は?停職6か月懲戒処分もまた依願退職。不祥事全力フォローその理由は?

またしても警察による不祥事が発覚しました。

愛知県警、豊橋署地域課で勤務する巡査部長の男が、10代女性にたいしてわいせつ行為をしたとして書類送検されました。

巡査部長の男には停職の懲戒処分が下されましたが、またしても依願退職を出しています。。その裏に隠された理由とは、

スポンサーリンク

豊橋署地域課、男性巡査部長が10代女性にわいせつ行為

この事件がおきていたのは、2020年9月29日(火)の午後3時頃のこと。

強制わいせつ容疑で名古屋地検に書類送検されたのは豊橋署地域課の46歳の巡査部長の男。

わいせつ巡査部長は、愛知県東部、三河地方にある路上に止めた軽乗用車の中で、当時19歳の女性に抱きつき胸を触るなどした強制わいせつの疑いが持たれています。

この日は巡査部長は非番で、路上で少女に声を掛け、車に誘い入れて犯行に及んだとされており、少女が帰宅後に家族を通じて110番したことで調べが進んでいました。

スポンサーリンク


悪質、わいせつ巡査部長の手口や犯行動機は?

今回の事件に対して以下のように述べているようです。

「わいせつ目的で今年春頃から数回、他の女性にも声を掛けた」

このことから一度のみではなく、何度も繰り返しており、常習的な犯行であったことがわかります。

今回の容疑では自身は46歳で、相手の女性は19歳であったことから、普通に声をかけて知らない男の車に乗ることはありません。

そうすると考えられるのは、自身が警察であるといったことを利用して強制的に車に乗せた可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク




処分は停職6か月の懲戒処分も、即日依願退職

公務員などが事件をおこした場合、基本的に身内に甘い組織であるため比較的軽い処分(口頭注意のみ)で終わることも多々あり、中には公表すらされていない事項も数多くあります。

今回の事件では、停職6か月の懲戒処分ということですが、実際にこの処分を受けたとしたら重めのものですが、即日に依願退職をしているため、実際に処罰としての意味はないもの。
※停職中は無給で、アルバイトなども基本的に禁止(行動はある程度自由)

その内容から実質的には退職を促す処分とされていますが、なぜ懲戒免職にしないのか?

これには、懲戒免職にした場合は履歴にも残り、退職金がもらえないといった理由が存在するようです。

依願退職といった形にすれば、自己都合の退職といった履歴のみで、また退職金ももらえるため、公務員の不祥事の場合は好んでこの手法が使われます。

スポンサーリンク




豊橋署地域課わいせつ巡査部長の実名は?

今回の事件でも容疑者の警察官であるためか伏せられています。

犯行が犯行だけに再犯の可能性も高いですが、そうした責任は一切取らずに放逐でなかったことにする対応には、疑問を覚える人も多いようです。

名前:不明
年齢:46歳
職業:警察官(巡査部長)
所属:豊橋署地域課
住所:不明

▼罪状:強制わいせつ
6ヶ月以上10年以下の懲役

※ちなみに書類送検だけではまだ実刑判決はでておらず、そのまま不起訴となる場合もあります。
 ただ、多くの犯罪を犯した人物が勘違いしていますが、不起訴 = 無罪ではなく、行った事実はなくなりません。

スポンサーリンク




公務員の身内びいき処分に怒りの声!

再発防止する気があるなら、犯罪したら退職金0にするべきだろ。懲戒免職でもないし、国民を舐めすぎ。

依願退職っておかしくないですか?犯罪ですよ、まして警官なら、一般人より刑を重くすべきだと思うのに、身内に甘い体質が嫌ですね。

指導される内容ではなく逮捕されるべき。名前が出ないのは身内だから?
警察官としてあるまじき事をしたのであれば一般人より処罰を重くしなくてはならないと思います。

ほかの容疑まであるのに、それに加えて「起訴を求める「厳重処分」の意見を付け」た挙句の処分が
「停職6か月の懲戒」で、さらには「依願退職」を認めるとは、身内に大甘ですね。不祥事が後を絶たないわけです。

まさか…退職して終わりではないですよね?電車で痴漢した男性とかと同じ罪は償うんでしょうね?
その上で退職金は0ですよ、国の税金を一般の民間企業のお金と同じ感覚でいられると憤りを感じます。

この街の公務員は何かと問題行動を起こしているのは何故?
たしか消防はたしかのぞきと逃走劇、こんどは警察か‥。市役所職員も暴力が最近あったな。
市長選は市役所が公共の土地をタダで企業にあげちゃったまるで横流し問題だったはず。
思いだせば民間でも、他人の農作物に勝手に除草剤とか、海外研修生を奴隷のようにこき使うとか。
コロナ対策も大雑把で、いい加減な感じ。雑とか適当とか自己中とか、もう地域性といわれても仕方ない状況だ!

~こちらも読まれています~
×