事件

大井智裕の顔画像は?11歳少女をナイフで脅迫し性的暴行!大阪地方裁判所が懲役8年下すも、、事件概要は。

2019年7月、当時11歳だった少女に対してナイフを突きつけ、性的暴行をした男に判決が下されました。

非道な事件を起こした男に下された判決は、懲役8年でした。。

スポンサーリンク

大井智裕 被告、11歳少女への性的暴行の判決が出る

この審判は、2019年7月20日に起きたある事件のもの。

大阪地方裁判所によって懲役8年の判決が下されたのは、大井智裕 被告(43)

大井被告は、2019年7月20日(土)の午後9時ごろ、帰宅途中だった当時11歳の少女に果物ナイフを突きつけて脅し、マンションの階段の踊り場で性的暴行を加えたとされます。

幼い少女に対する悪質で非道な行為、何がそうさせたのか?

スポンサーリンク


増田啓祐裁判長、大井智裕被告の苦しい言い訳を切り捨て

今回の判決が出るまでの裁判で、大井被告は「動画と画像を意図的には保存していない」などと、起訴内容を一部否認していたようです。

しかし、12月16日の判決で、大阪地裁の増田啓祐裁判長は、起訴内容を全て認定した上で、今回の件を悪質と判断しての判決を下しています。

「少女の後をつけてエレベーターから降りた隙にナイフを突きつけた犯行は、危険性と悪質性が高く、一定の計画性もある」

大井被告には懲役8年とパソコンの没収が言い渡されました。

スポンサーリンク




大井智裕 の顔画像や情報は?

今回、懲役8年の判決が下った大井被告に関して調べてみましたが、本人とわかる情報は確認できませんでした。

このことから考えられるのは、逮捕されてから時間が経過しているため、多くの情報が消されたり破棄されている可能性があります。

こうした事件での再犯率は非常に高いため、8年後に刑務所から出てきた際には、名前や顔画像なども忘れられた状態はかなり危険と言えます。

性的犯罪者に対しては、犯人の名前、顔画像、居場所などがわかる情報を近くに住む住民には伝える、もしくはそうした人物だけが住んでいる場所に隔離させる必要があると思われますが、現状ではそうした取り組みは「人権問題」として弁護士や団体の影響がありされていません。

名前:大井 智裕
年齢:43歳
性別:男
職業:不明
住所:不明

▼判決:懲役8年

今回の判決が下されたたのは、地方裁判所であるため、担当する弁護士によって控訴する可能性もあります。

性的暴行を行って不起訴になるケースも最近起きており、軽くなることがないよう、むしろ重くなるような処罰が望まれるところです。

スポンサーリンク




幼い少女への凶行、大井智裕へネットは憤怒

一生出てこなくてもいい案件。こんなのは再犯率高いのにでたらすぐやるやん。ほんと法律甘すぎる。

僅か8年、そんなに甘いのか。そんなんじゃもし俺が親なら自分で捕まえて警察には引き渡せない。

最近、日本は治安悪くなって東南アジア並み。経済力も衰えて悲惨な状況だ。

てことは? 8年以上前に同様な犯罪を犯した奴はもうすでに一般社会にうようよ存在する訳でして。。。世の中って怖すぎる。。。

外傷や命に関わらなければ、罪が軽すぎる!心を傷付けられたら一生消せない。処罰は厳しくすべき!

11歳の少女の一生に関わる事件を起こしておきながら、8年といった刑期は短すぎる。
せめてそれなら再犯を犯さないように去勢を行うべき。理性のないものは人間ではなくただの害獣。

「意図的に撮影していない」って・・スマホが勝手に動画撮影したとでもいうつもりか?
コイツは一人の女性の人生を壊したと言っても過言ではない。
おそらく一生トラウマになるんじゃないか?それで懲役8年。軽すぎる。

~こちらも読まれています~
×