事件

女子高生痴漢の滋賀県職員課長の男は誰?名前や顔画像は?逮捕者への処分内容はどうなる。

滋賀県の職員で課長職にある男(53)が電車に乗った女子高生に対して痴漢行為をしたとして、県の迷惑行為等防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕されました。

公務員による不祥事が続く中、新たな犯罪発覚に怒りの声が出ています。

課長職にまでなりながら痴漢行為をしたのは、どのような人物であったのか?

スポンサーリンク

滋賀県の職員が女子高生に電車内で痴漢行為!

この事件があったのは、2020年12月3日(木)の午前7時50分ごろのこととされています。

県の迷惑行為等防止条例違反(痴漢)容疑で逮捕されたのは、滋賀県職員で課長職にある53歳の男。

容疑者は、午前7時50分頃から午前8時頃の間に、京阪大津京 ~ 三井寺駅間を走る電車内で、滋賀県内在住の女子高生(18)に対して、下半身を触るなどをした疑いがもたれています。

女子生徒と容疑者の男は、びわ湖浜大津駅で降車しましたが、女子生徒から地価の被害相談を受けた駅員が「痴漢に遭った生徒が容疑者と共にいる」と110番をしたことから逮捕につながったようです。
(一緒に降りたのが女子生徒が容疑者を捕まえてか、容疑者が女子生徒を狙ってついてきたのかは現在調査中)

スポンサーリンク


滋賀県知事が職員の逮捕にコメント

滋賀県の三日月知事は、県の職員の逮捕を受けて以下のようにコメントを出しています。

「県民の信頼を大きく損ねたことを深くお詫びもうし上げる。痴漢行為は許しがたい人権侵害であり、事実関係を把握し、厳正に対処する」

ただ、実際に公務員がこうした犯罪を犯して逮捕された場合の処罰は甘いものが多く、停職や一定期間の減給、注意などで終わる可能性が高いです。

また、その懲戒処分が行われた後に、自主退社といった形で退職金を得て去っていくのが概ねのパターンのため、今回の事件でも同様となる可能性は非常に高いです。

スポンサーリンク




滋賀県職員、課長の男は誰?名前や顔画像は?

現時点までに、逮捕された容疑者についての情報はあまり多くが出ていません。

一言に滋賀県の職員で課長職にあるといっても、当てはまる人物はかなりの人数がいると思われます。

これらのことから、「痴漢程度」とのことで大きな事件ではなく、公表をする必要がない。と考えていると思われます。

名前:不明
年齢:53歳
性別:男
職業:滋賀県職員(課長)
住所:滋賀県大津市

▼罪状:県迷惑行為等防止条例違反(痴漢)
30万円以下の罰金または拘留もしくは科料
※常習の場合、6月以下の懲役または30万円以下の罰金

 
※こちらの事件も引き続き調査中のため、新しい情報が入り次第更新していきます。

~こちらも読まれています~
×