事件関連の情報

岩本俊幸の顔画像は?安城市で路上交通トラブル!ハンマーで車のフロントガラスを叩き割る!?ヤバイ動機とは?

愛知県安城市の路上で、前を走っていた車のドアガラスやフロントガラスをハンマーで叩き割ったとして、63歳の男が逮捕される騒動がありました。

愛知県に出没した、「ガラス叩き割り男」はなぜそのような犯行に及んだのか?

スポンサーリンク

愛知県安城市で交通トラブルから事件へ

この事件がおきていたのは、2020年10月18日(日)の午後1時前ごろのこと。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、知立市八ツ田町に住む自称自営業の男、岩本俊幸 容疑者(63)

岩本容疑者は、安城市の路上で30歳の男性が運転する乗用車のフロントガラスなどをハンマーでたたき割った疑いが持たれています。

 
岩本容疑者は犯行後にその場から立ち去っていましたが、ドライブレコーダーの映像や聞き取りなどから容疑が固まり逮捕となりました。

また、被害にあった車は運転していた男性とは別の女性の所有物ですが、当時はその夫(30代)が運転していました。

後部座席には女性と2歳の子供も乗っていましたが、幸いいずれもケガはなかったようです。

スポンサーリンク


車のガラスを割った男の犯行動機とは?

今回の事件の動機について、岩本容疑者は「前を走っていた車が遅かった」と供述をしています。

事件当時、岩本容疑者は車を運転中、前の車の速度が遅いことにいら立ち、信号のある交差点で停止した際に、前を走っていた車に「遅い」などと口論になり、その態度に腹を立てて仕事用のハンマーで窓を叩き割ったとみられています。

ただ、この時実際に前の車が法定速度よりも遅かったのか?などについては情報が出ておらず判明していません。

しかし、仮に逆あおり運転状態であったとしても、直接的な犯行に及んでしまうのは犯罪です。

スポンサーリンク




事件があった場所はどこ?

今回の事件現場については、愛知県安城市の路上といった情報しかでておらず、詳しい場所については調査中です。

車の運転をするには、その場その場の状況により、適切な運転の仕方が求められますが、近年の「あおり運転」の増加や交通事故に発展してしまいかねない悪質な運転、交通マナーや、運転ミスの問題など、車に関する多くの問題が出ています。

自転車や歩行者側のマナーなども気を付ける点ですが、より大きな被害を出しやすい車側を運転している人物が、危険人物であるのは恐怖です。。

スポンサーリンク




岩本俊幸 容疑者の顔画像や会社などの情報は?

岩本容疑者について、調べてみましたが、顔画像については公開されておらず、SNSでは同姓同名の人物は多数いますが特定できていません。

竹を扱う名古屋の会社の代表の方が同姓同名ですが、岩本容疑者の家から会社まで車で1時間半ほどの距離のため別人だと思われます。

名前:岩本 俊幸(いわもと としゆき)
年齢:63歳
職業:自営業(自称)
   ※電気工事と判明
住所:愛知県知立市八ツ田町

▼罪状:器物破損
3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

※場合によっては脅迫などの罪も加算される可能性も。

スポンサーリンク




ガラス叩き割り男の出没にネットの反応は

ゆっくり走っていたというがゆっくりと感じる速度は人それぞれ。法定速度何キロの道を何キロで走っていたのか教えて欲しい。

あおり運転はダメという大前提のもと、一つ言えるが、周りをイラつかせる運転をしているドライバーは存在する。クルマの流れを狂わせるというか。

運転中にイラッとしたことがある人は少なく無いと思うが、その怒りに身を任せて行動してしまった人に、運転する資格は無いと思う。
次も怒りに任せて危険な行動を取ってしまうのだろう。

KY運転してる遅い車が横断歩道に歩行者がいて止まるのをみたことがないし、黄色になると加速して突破するのは良く見る。
あいつらは別に安全運転や制限速度を守っているわけではない。

最近運転するようになって気づいた事は、やたらと速度出す人と、法定速度を絶対に守る人がいるって事。
法定速度で走ってると速度出す人から煽られるっていう現実が有る。

制限時速40の道をずーっと20くらいで走る高齢女性がいた、邪魔で仕方なかったが狭い道で抜けもしないし今の時代クラクションも鳴らせない。
自宅の駐車スペースにバックで何度も切り替えしをしても中々入れない女性がいた良く見ると犬を抱いて運転している。
今の時代文句も言えず10台位渋滞した。文句言われる方も問題ある事がある。おかしな世の中だ!

~こちらも読まれています~
×