事件関連の情報

吉本潤の顔画像は?【証拠偽造】北海道警察がスピード違反の取り締まりで、、全国でも余罪多数??

車のスピード違反の取り締まりの際に、証拠となる情報を偽造して、違法に交通違反切符を切ったとして、北海道警察の現役警察官が逮捕されたことが判明しました。

近年では警察官や公務員の不祥事が、表ざたとなり明るみになることが多くなってきましたが、こうした事態は氷山の一角なのか、、

スポンサーリンク

北海道警察で現役警察官による違法取り締まり発覚

この事件が起きていたのは、2019年8月~2020年5月にかけてのことだとされています。

証拠偽造や虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕されたのは、北海道警察本部で交通機動隊に所属している警部補の男、吉本潤 容疑者(58)。

吉本容疑者は、石狩や胆振地方で車の速度の取り締まり中に、パトカーに搭載された速度を計測するレーザーを不正に利用し、対象の車が速度違反をしたと、嘘の記録を作成し、少なくとも10人に対して違反切符を切った疑い。

 
現役の警察官による不祥事の発覚にネットを含めて多くの人が注目をしています。

吉本容疑者が証拠偽造に乗り出した動機とは何だったのか?

スポンサーリンク


現役警官による証拠偽造の方法と動機は何?

通常、速度違反の計測は停車したパトカーからレーザーを照射して行うとされています。

しかし、今回の件ではスピード違反と判定されなかった場合でも、パトカーを走行させながらレーザーを電柱などに照射して虚偽の速度データをねつ造し、それを利用して交通違反切符を切っていたということです。

逮捕容疑は、「証拠の偽造」によるものですが、これは無実の人を陥れる「虚偽告訴等罪」にも該当すると思われますが、現状ではそれについては公表されていません。
※罰則としてはほぼ同様(1年以上10年以下の懲役・3ヶ月以上10年以下の懲役)

 
ではどうしてこのような事件を起こしたのか?その動機についてはまだ明らかになっていません。

ただ、ネット上でも多くの情報をみかけますが、その中では警察による摘発ノルマがあるためではないか?とまことしやかに噂があります。

真偽のほどは表向きには明らかになっていませんが、その真実は、、

スポンサーリンク




逮捕の吉本容疑者は部下にも強制?

今回の逮捕で、吉本容疑者の行動について内部調査がされた結果、47件のデータのねつ造が確認されたとされています。(逮捕容疑では10人)

このことから、少なくとも47人は違法に証拠を捏造されての摘発がされており、道警は取り締まりを受けたドライバーに謝罪した上で違反点数を取り消し、違反金の返還を進めているとしています。

ただ、その被害は単純に罰金だけにとどまらず、保険料や、免許証の違反(免停など)、状況によっては社会的信用度など大きな問題が生じていると思われますが、そうした分野に関する保証などについては公開されていません。

 
吉本容疑者は容疑を認めているということですが、道警は取り締まりに同行していた部下3人からも話を聞くなどして詳しい状況を調べているとされています。
※通常パトロールなどは2人での行動をするため、同道していた人物も把握している可能性が高い。

この事件を受けて、道警本部の高田重栄監察官室長は以下のようにコメントしています。

「不正を正すべき警察官による言語道断の行為であり、関係者ならびに道民の皆様に深くおわびする。事実に基づき厳正に処分したい」

スポンサーリンク




吉本潤 容疑者の顔画像や情報は?

吉本容疑者に関して、現在までにその顔画像などがわかる情報は公開されていません。

これは警察による事件として、曖昧なものとして早期に埋もれさせる意図なのか、まだ取り調べ中のためなのかは不明です。

名前:吉本 潤(よしもと じゅん)
年齢:58歳
職業:警察官(警部補)
所属:北海道警察本部 交通機動隊
住所:不明

定年ももうすぐ見えている年齢で行った事件とは考えにくく、依然から同様の行為があったのでしょうか。

また、警部補で思い出されるのは先日の警部補のパワハラによる自殺、こうした事例は氷山の一角である可能性も考えられ、警察や公務員といった組織に対する考えが改められます。

▼罪状:証拠偽造・虚偽有印公文書作成
1年以上10年以下の懲役

※公務員が自らの権限で作成する公文書にうその内容を記載したり、書き換えたりすると虚偽有印公文書作成罪が成立する。 これに対し、公務員であっても作成権限がない公文書を作った場合は有印公文書偽造罪が適用される。 法定刑はいずれも1年以上10年以下の懲役。

虚偽告訴等罪について
他人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、3月以上10年以下の懲役。

スポンサーリンク




ネットでは警察に対する不信が爆発!

対外パトカーには警官二名が乗車しているので、隣の同僚が気付くと思うのですが?同僚もグルだったとか。何で発覚したのか知りたいです。

返して終わりではない。損害賠償や、自動車保険もゴールドで適用できた人もいるだろうし。返して、ごめんなら、警察いらね。

違反者を取り締まる、取り締まりではなく、取り締まり成績を上げる為の取り締まりをしていた事が露呈された。
TVの警察24時の取り締まりを見て、心強いと思う反面、警察身内にとても甘く、違反者に冷たい仕打ちをしているようにも見えるようになってきた。
身内から正しましょう!

早い話、現場に従事する警察官は、営業マンなのです。
本件の場合、取り締まりの赴いたが、大した実績もなく本署に戻れば、警察署長をはじめ、上司から責を受けるのは必至です。
警察などパワハラの代表です。上司は自分の出世がコレラの実績に連動するのです。

ノルマを設けたり、検挙数で成績が良いと給料や賞与が上がるシステムはもう辞めたほうがいいと思う。
切符をたくさん切るから成績が良いだと、それしか、しなくなる人もいるでしょう。
こうなるのなら、切符だけしか切らない人は評価しないという方法が必要になってくると思います。
そして、警察官などで不正を行った取締りの場合は、必ず1番重たい処分を受けるようにするとか、情けなどかける必要はない。
なぜなら、犯罪を起こさない、不正をしないのが当たり前の職業なのだから…。

全国どこでもやってる事、鼠取りもスピードの増減が警察の手元の機械で出来るようになってる。
特番で記者が突っ込んで質問したら念の為のシステムで使用する事はありませんと言っていたけど。
愛知か京都かで勝手に増で作動しててすごい数誤認逮捕してましたよね。
一昨年からドラレコ普及で軽か普通の切り替えもしてますし、点稼ぎで捕まえる気満々

警察官によるこうした犯罪は氷山の一角で、身内ないで交通違反の取り消しや、違法行為は多岐に渡ります。
一般として、認識できるものでも、無灯火での車の運転などはよく見かけますし、公道でのノロノロ運転(パトロールだと思い、低速を取り締まる法律はないため正確には違反ではないものの迷惑)、停車や駐車できない場所で車を停めるなど、それは多岐に渡ります。
個人によるネットが簡単になってそれらもいち早く情報が回るようになったため、隠し通すことが難しくなり、今までもみ消してきたものが明るみになっていたのではないかと思います。

~こちらも読まれています~
×