事件関連の情報

本山真梨乃の顔画像と住所はどこ?遺体遺棄の赤ちゃんは不倫相手の子供??京都市右京区のマンションで行われた異常行為

京都市右京区にある自宅マンションの室内で、出産したばかりの赤ちゃんの遺体を、台所の流し台の中に隠し放置した疑いで、30歳の母親が逮捕される事件がありました。

自らの子供に対して、なぜそのような行動をとったのか?なぜ自宅での出産を試みたのか?

今回は、京都市で起きたこの事件について調べてみます。

スポンサーリンク


京都市右京区のマンションで赤ちゃんの遺体隠す

事件があったのは2020年9月15日(火)の午前6時ごろのこと。

この事件で逮捕されたのは、本山真梨乃 容疑者(30)。

本山容疑者は、生まれたばかりの男の赤ちゃんの遺体を、タオルとビニール袋にくるんで、自宅の台所の棚に放置したとして、赤ちゃんの母親に対して死体遺棄の疑いがもたれています。

スポンサーリンク

出産後赤ちゃんを放置で死亡?動機は何?

隠されていた赤ちゃんは、へその緒が付いたままの状態で、母親(本山容疑者)から相談された親族が一緒に病院に行き、事件が発覚したとされています。

本山容疑者は、赤ちゃんを隠したマンションには夫と子供の3人で暮らしており、警察の調べに対して以下のように述べています。

「夫に見つかりたくなかったので、台所の棚に入れた。パニックになってやったことで隠したわけではない」

また、「産んだときは息をしていなかった」と話していますが、司法解剖の結果では出産当時、赤ちゃんは生きていたということがわかっています。

スポンサーリンク




生まれた子供は不倫相手の子供?

事件後の行動など、判明している状況からは、なぜ自宅で出産をしたのか?もし急に生まれてしまったのであれば、救急車を呼べばよく隠す意図が不明です。

すでに子供がいる母親であれば、出産経験から生まれる予兆などがある程度わかり、陣痛が始まった際に病院へ行く余裕はあると思われます。

まだ、明らかになっていない情報があると思われますが、現状わかっている情報からの可能性としては、夫に見つかりたくなかったということから、夫との子供ではなかったという可能性も考えられます。

事件の真相は、、

スポンサーリンク




赤ちゃんの遺棄隠匿があった現場はどこ?

事件がおきた場所は、京都市右京区山ノ内北ノ口町にあるマンションの一室であるとされています。

スポンサーリンク




本山真梨乃 容疑者の顔画像や情報は?

本山容疑者の顔画像については、現在までにまだ公開はされていないようで、SNSでも同姓同名の人物は見つかるものの、本人と特定できるものは出ていません。

名前:本山真梨乃
年齢:30歳
職業:無職
住所:京都市右京区山ノ内北ノ口町のマンション
家族:子供1人と夫

▼罪状:死体遺棄

死体遺棄の罪状で逮捕されていますが、パニック状態であったということが本当であれば情状酌量などの可能性はありそうです。

ただ、前後の行動に不審な点があるため、子供が夫との子供であるのかなど、その点で本当にパニックであったのか、意図的に隠したのかといったことが明らかになると思われます。

まだ、前者であればよいのですが、、

母親の意味不明な行動にネットでも困惑の声

夫以外の人との子供ってこと?
出産まで妊娠を隠せていられたってのは、余程目立たないタイプだったか、元々すごく体格が良かったか。
というのも不思議だけれど、30にもなって結婚も子育てもしている人が、こんな結果になるまで他の処置ができなかったのかが不思議だわ。

たまにこういうニュース聞くけど、一人暮らしではなくて今回のように夫や子供と暮らしていたり、両親と暮らしていたりするケース結構あるよね。
家族に気づかれず出産まで至るってすごすぎるわ。

「出産した子を夫に見られたくなくて」→心理状況が全く分かりません。
知られたくない出産だったのでしょうか?でも一緒に暮らしていたら妻が妊娠したら気付くと思いますし。
この記事だけでは何も分かりませんが、折角生まれた命が消えてしまった事は悲しいです。

もし、不倫相手の子だったとしても人のすることではない。
いい歳した母親が身ごもった赤ちゃんだけど中絶する判断が出来なかったのか?
10ヶ月間お腹の中で頑張ってやっと産まれた赤ちゃんを思うと辛すぎるし怒りが治らない。

『夫に知られたくなかった』?え!どう言うこと?
夫以外に出来た子?夫は妊娠してたことに気づいてないの?この女性、でぶちゃんですか?

全く理解できない。わからないことだらけ。誰との子?
気付かれたくないのに何故出産したの?妊娠期間中バレることはなかったの?
とにかくせっかく産まれた赤ちゃんがかわいそうで…出産経験のある人が出来ることと思えない。
人の命を何と思っているのか。

~こちらも読まれています~
×