事件関連の情報

大竹晃史の顔画像判明!横浜市、9歳女児誘拐犯の素顔は?出会いはスマホのオンラインゲーム?

神奈川県横浜市で9月2日から小学4年生の女の子(9歳)が行方不明となっていた事件。

この事件の犯人として、9月5日未明に、女の子を連れ去るなどの誘拐行為を働いたとして、38歳の男が逮捕されました。

38歳といういい歳をした人物による短絡的な犯行、、その犯行理由はなんだったのか。

スポンサーリンク


横浜市で9歳女児が行方不明!誘拐犯の男を逮捕

この事件が起きていたのは、2020年9月2日(水)の午後4時頃のこととされています。

未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは、東京都葛飾区内に住む職業不詳の男、大竹晃史(おおたけあきひと)容疑者(38)

大竹容疑者は、横浜市青葉区内で女児を誘い出し、自分の車に乗せて自宅に連れ込むなどの誘拐行為を働いた疑いがもたれています。

誘拐された女児は、5日の午前3時25分ごろに大竹容疑者の自宅で発見され、警察に保護されました。
※女児にケガなどはなし。

誘拐の犯行動機は何?

今回の誘拐事件、犯行動機はなんだったのか?

逮捕された大竹容疑者は、女児との出会いを「オンラインゲームで知り合った」といった供述をしています。

ただ、女児は携帯(スマホ)などを持っておらず、父親のスマホでゲームをしており、その際に知り合ったとみられています。

スポンサーリンク

誘拐から逮捕までの経緯

今回の事件の経緯として、誘拐された女児は2日の午後3時前に「友達と遊びに行く」と母親に言って横浜市内の自宅から外出し、近くの公園で友達4人と遊んでいました。

午後3時半頃には友達と別れ、公園を離れましたが、そのまま同日夜になっても帰宅しなかったため、母親が県警に行方不明者届を提出。

公園近くの防犯カメラの映像に、大竹容疑者と女児の姿が映されていたことから、その映像をもとに捜査が行われていました。

 

カメラ映像を元に容疑者を追跡し、大竹容疑者の自宅を割り出して5日午前3時25分ごろ、自宅に止めてあった車に乗って出掛けようとした大竹容疑者に対して、捜査員が職務質問したところ、容疑を認めたため逮捕となりました。

都内近郊は防犯カメラなどが多いため、各種防犯カメラの映像を連携して、早期の解決にこぎつけたようです。

スポンサーリンク




誘拐犯、大竹晃史の自宅はどこ?

逮捕された大竹容疑者の自宅は、東京の葛飾区内にあり、誘拐した横浜市からは車で約1時間ほどの距離にあります。

〒125-0031 東京都葛飾区西水元3丁目

スポンサーリンク




大竹晃史 容疑者の顔画像や情報は?

下記は警察署に連行されている際の画像とされています。

名前:大竹 晃史(おおたけ あきひと)
年齢:38歳
職業:不詳
住所:東京都葛飾区西水元3丁目

▼罪状:未成年者誘拐
3月以上7年以下の懲役

スポンサーリンク




犯人の早期逮捕に安堵も再犯に注意喚起の声

こういった人間は外に出したらまた同じことをやる。なんとかしないと次に犠牲になるかも知れないのはあなたの娘です。

とても早い捜査。家まで特定できるとなると過去にもなにかあった犯人なのか。それにしても無事でよかった。

いまどき知らない人についていかないのは子供にとっても常識だから、どのように誘い出して、子供がつれていかれてしまったのか詳しい経緯がわかると、今後の抑止になると思う。

最近、防犯カメラの映像から事件解決ってのが多くなりましたね。
残念だけど警視庁が進めている防犯カメラシステムの運用を早く全国的に導入した方がいいと思う。あと子供にはGPS必須ですね。

警察の方々、防カメを設置しようと考えてくれた方々、設置してくれた方々、捜査に協力してくれた方々、本当にありがとうございます。
小4の子は、ついていっちゃったのか、引きずり込まれたのかわからないが、知らない人の車には近づいちゃダメなのよ。とにかく無事で良かった。

防犯カメラの監視網が役に立ちましたね。
あとは、元犯罪者(性犯罪者は特に)へのGPS等での位置情報での警戒と監視、アーカイブ化して情報の共有してけば初犯は減らせないかもしれないが再犯は激減する。
被害者予備軍が避けやすいのもあるが、反省と更生を願い信じてる方々が元犯罪者が衝動にかられないように注意出来るようになるって利点もある。

~こちらも読まれています~