事件関連の情報

東本哲次、特定!?「魁!!男塾」宮下あきらさんフェラーリ詐欺被害!も民明書房が話題。

会社役員の男性から高級外車「フェラーリ」を売却するように持ちかけだまし取ったとして、56歳の男が逮捕されましたが、その相手が有名な人物であったことで注目を集めています。

詐欺の被害にあったのは「魁!!男塾」の作者としても知られる、宮下あきらさん。

どのようにして詐欺が行われていたのか?今回はこの事件についてまとめてみました。

スポンサーリンク


魁!!男塾の作者がフェラーリ詐欺被害に

この事件が起きていたのは、2015年3月のこととされています。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、住所不定の自称会社員、東本哲次 容疑者(56)です。

東本容疑者は2015年3月ごろに横浜市都筑区で、都内に住む会社役員の60代男性(宮下あきら さん)が所有する時価3300万円相当の高級外車「フェラーリ」1台を売却(売却あっせん)するように持ちかけて、だまし取った疑いが持たれています。

 
東本容疑者は、だまし取ったフェラーリをすでに転売していたとみられますが、宮下さんには提示された価格の一部しか入金されなかったことなどから2015年11月、県警に刑事告訴していました。

宮下さんは東本容疑者が事件前に働いていた中古自動車販売店の客で知己があったとされています。

逮捕後の供述で東本容疑者は「だましたつもりはありません」となぜか容疑を否認しています。

スポンサーリンク




東本哲次 容疑者の顔画像や情報は?

名前:東本 哲次(ひがしもと てつじ)
年齢:56歳
職業:自称会社員
住所:住所不定

▼罪状:詐欺

スポンサーリンク




宮下あきらさんへの心配もネットではファンの感想多数

3300万円もするフェラーリを所有する金持ちなら、なぜちゃんとしたディーラーや中古車販売店にて売却しないのか不思議。

詳細は民明書房刊「詐欺の奥義」にて詳しく説明、という話は現在伝えられていない。

宮下あきらさんの大ファンです。詐欺にあってしまったのは、本当にお気の毒です。
けど、逆転の発想で今回の経緯を全て漫画にして「詐欺にあわないための啓発漫画」を描いたら面白いと思います。
それでフェラーリ分位売れてくれれば嬉しいです。

私立極道高校、極虎一家など、男臭い漫画でしたが、小さい頃よく読んでいました。
確か、かなり昔は真っ白なポルシェに乗っていて漫画にもご本人が登場されてましたけど、フェラーリにされていたとは。
ご高齢ながら変わらずスーパーカーがお好きで乗られていられたことに事件そのものより驚いてしまいました。

事についてのコメントを読んだが、詐欺に遭った被害者たる宮下あきら先生に同情したり、犯人に憤ったりという内容のものはほとんどないのね(笑)
むしろツッコミじみた言葉が溢れているのは、宮下先生が如何に愛されているかの明石……じゃなかった、証だと思う。
ともあれ、命や身体に関わるような深刻な被害時なかったのは不幸中の幸いか。お見舞い申し上げます。

騙し取られたってことは、フェラーリを売るっていって金を取ったのではなく元々持ってるフェラーリを取られたってことですよね。
どんな手口何だろう。先生もショックだろうがギャグ漫画家
(と自分は思っているが違う場合はファンの皆さんすいません)であればこれをネタにして作品に活かしてもらえると面白い^_^

スポンサーリンク




民明書房とは

民明書房とは、漫画「魁!!男塾」に登場する架空の出版社のこと。

作中に登場する様々な(荒唐無稽な)武術についての解説が「民明書房の本からの引用」というていで登場する。

※出典を「民明書房」としている記事は「大真面目に書かれたネタ記事」というのが暗黙の了解

なお、劇中に登場した民明書房(他架空出版社)の文献を集めた『民明書房大全』という本が実際に発刊されている。

~こちらも読まれています~