事件関連の情報

横守めぐみと吉田圭吾の顔画像は?高校生息子に熱湯虐待!18歳差の交際相手のいびつな関係がヤバイ

幼い子供への虐待行為の報道が増え問題視されている中、新たな虐待行為があったことが判明しましたが、その相手と凄惨な内容に衝撃と怒りの声が上がっています。

母親と18歳年下の交際相手が、当時15歳の高校生男児に対して、熱湯をかけたり暴行をするなどの虐待行為を続け、死に至らしめるほどの怪我を負わせていました。

殺人未遂ともいえるこの行為、今になって明らかになった理由と、犯行動機はなんだったのか?

今回は、この事件について調べてみます。

スポンサーリンク


母親が高校生の息子に交際相手と虐待から殺人未遂

この事件があったのは今から4年前、2016年5月中旬~同年7月24日ごろのこととされています。

傷害の容疑で逮捕されたのは、横守めぐみ 容疑者(45)と当時交際していた吉田圭吾 容疑者(27)の2名です。

逮捕容疑は、当時高校1年生(15)だった横守容疑者の息子の顔や頭を複数回殴ったり、熱湯を顔にかけるなどの暴行を加え、全身に火傷や骨折などの多発性外傷(全治2か月程度の重傷)を負わせた疑いが持たれています。

※多発性外傷とは一般には「生命を脅かす可能性のある大ケガが、体の2部位以上に存在するもの」

高校生の息子に命に係わるほどの大怪我を負わせたこの事件、当時何が起こっていたのか?

スポンサーリンク

息子を殺害しようとした母親の犯行動機は何?

母親とその若い交際相手が虐待を始めた動機などについてはいまだ語られていません。

ただ、その年齢差は18歳と大きく、若い男を見つけた母親が2人の関係を維持するために、邪魔となる息子を排除しようとしていた可能性が高いのではないかと思われます。

犯行が行われていた当時、3人はアパートに同居しており、事件が明るみとなった2016年7月24日に息子が津市内の病院に救急搬送された際に、息子の鼻の骨が折れていたほか、上半身の熱傷など全身に怪我が確認されたことで、虐待を疑った病院から児童相談所へ連絡があり、そこから警察への通報となっていました。

今になって逮捕となったのは、当時被害を受けていた息子の精神状態が芳しくなく、事件から3年経過した2019年ごろから虐待の内容を話し始めたことで、警察が母親らの容疑を固めていったとされています。

スポンサーリンク




家庭内虐待事件が起きていた場所はどこ?

事件が起きていたのは、自宅であったとされており、その場所は、津市の川方町にあるアパートであったようです。
※すでにそれぞれ居住住所は変わっている。

三重県津市川方町

スポンサーリンク




鬼母、横守めぐみ 容疑者の顔画像や情報は?

被害者の母親である横守容疑者の情報に関して、顔画像などの情報はまだ判明していません。

逮捕までに数年かかっており、その間の情報はまだ判明していませんが、虐待が疑われた当時から息子は離されて保護されたと思われます。

名前:横守 めぐみ
年齢:45歳
職業:派遣社員
住所:三重県鈴鹿市

▼罪状:傷害
15年以下の懲役または50万円以下の罰金

鬼畜、吉田圭吾 容疑者の顔画像や情報は?

被害者の母親である横森容疑者の情報に関して、顔画像などの情報はまだ判明しておらず、SNSなどでも特定できる情報はないため調査中です。

また、逮捕時の住所が横守容疑者と別となっていることから、すでに別れていたと思われます。

名前:吉田 圭吾
年齢:27歳
職業:自称配達員
住所:津市久居野村町

▼罪状:傷害
15年以下の懲役または50万円以下の罰金

2名の逮捕容疑は現在あくまで「傷害」レベルとして扱われていますが、その内容からは「殺人」に至るに十分である怪我をさせていたと思われ、「殺人未遂」として厳重な処罰が下されることが望まれます。

スポンサーリンク




色に狂った母親とヒモ男の狂気にネットは怒りの声

虐待を告白した勇気を称えたい。ただ心配なのは、母親の名前が公表された事で被害を受けた彼に、好奇の目や心無い言葉が向く事だ。彼が今後、平穏な生活を送れますように。

45歳の母と27歳の男。複雑ですね、精神状態の回復に4年の歳月がかかるって、息子さんのショックは計り知れません。

なぜそんな残酷なことできるのか、理解できない。これから、尊敬できる大人に出会えるよう、切に願います。いい人はいる!これから幸せに生きて下さい!

虐待は、長期間影響するし、人生単位では、とんでもない損失になる。
刑法的に重罰も望みたいが、この鬼親みたいな奴には、民事的にも損害を与えたい。一生、収入の半分をこどもにみたいな。日本は、虐待親に甘すぎる。

言葉を失う。こんな酷い環境にいる子あとどれくらいこの日本にいるの?どうやったら助けられるのが教えて欲しい。
命は助かったけれど、酷い傷と火傷の跡を抱えてこの子は生きていかなければいけないんだよね。どうしたらこういう事件を減らせますか?

3年間以上、ずっと誰にも言えずに壮絶な虐待に耐えてきたのかと思うと心が痛みます。
もうそのくらいの年頃になれば、反逆に出て加害者になってしまう最悪のパターンもあり得たかもしれない。
一刻も早く早く自立して奪われてしまった青春を経験できるようなサポートが受けられる事を切に願います。

~こちらも読まれています~